ロングボードを自在に操るスタイリッシュなサーファー8選【動画特集】

最近、ロングボードの動画をよく見ます。 大きなサーフボードを自在に操る姿は、『格好いい』の一言に尽きます。 ロ […]

最終更新日:2018年9月11日

最近、ロングボードの動画をよく見ます。

大きなサーフボードを自在に操る姿は、『格好いい』の一言に尽きます。

ロングボードを乗りこなしているサーファー達は、自由に自分らしさを表現しているように見えます。ダンスをするかのようにステップするサーファー達のシルエットは、まさに芸術です。

【関連記事】マジックボードを見つける方法【究極のサーフボードを手にするために必要なこと】

ロングボードやミドルレングスでサーフィンのスタイルを見出すと、ショートボードにも生かすことができます。

ロングボーダーが短いサーフボードを操る姿は、パフォーマンス型サーフィンにはない『美しさ』があります。その美しさは、見ている人の目線を釘付けにします。

今回の記事では、特に個性あふれるロングボードのサーファーを特集しました。

Yuta Sezutsu

瀬筒雄太さんは、日本を代表するロングボーダーです。『Deus 9ft Single Fin』にも出場しています。リラックスしたスタイルは、ため息が出るほど美しいです。

いつの日か実物のライディングを見て見たいサーファーの一人です。

Thomas Doc Bexon

Thomas Bexonは、サーフボードシェイパーとしても活躍しています。

大柄な体型からは想像できない、スタイリッシュなサーフィンを見せてくれます。ワイルドという言葉がぴったりのサーファーです。

Dane Peterson

滑らかなフットステップで、大きなサーフボードを操るのはDane Peterson。ノーズライディングでサーフボードの上を歩く姿は、『美しいダンス』そのものです。

Harrison Roach

Harrison Roachのスタイリッシュなサーフィンは、見ているだけで満足してしまうほど美しいです。

ロングボードやミッドレングスのサーフボードを華麗に乗りこなす姿は、まさに芸術です。彼のサーフィンを見ていると、ロングボードに対する尊敬と感動が溢れてきます。

Alex Knost

アレックスノストは、僕の憧れのサーファーの一人です。

短めのサーフボードに乗っている時も、独特のリズムでサーフィンをします。ロングボードのスタイルをそのままに、ショートボードでも格好いいターンを見せてくれます。

【関連記事】サーフィンのスタイルはひとつじゃない / アレックスノストの動画まとめ 

Zye Norris

Zye Norrisのサーフィンは、見ている人を楽しい気持ちにしてくれます。

純粋にサーフィンを楽しんでいる姿には、『Fun Surf』の本質があります。

眉間にしわを寄せながら波に乗るのではなく、『笑顔でサーフィン』をしたほうが楽しいに決まっています。

Joel Tudor

Joel Tudorのサーフィンは、動きが止まっているように見えます。

『静』と『動』の境目がはっきりしていて、見ている人を釘付けにします。サーフボードの上で『静止』することは、見た目以上に難しいことです。

Joel Tudorのサーフィンは、サーフボードと一体化しているかのようです。

Jared Mell

Jared Mellのサーフィンは、正に『自由』です。

波という音楽に合わせて、独特のダンスを見せてくれます。サーフィンをしながら、『自由』を表現できるのは素晴らしいことだと思います。

採点を気にしないサーフィンにこそ、『本当の美しさ』があることを気がつかせてくれます。

【関連記事】ジャレド・メル(Jared Mell)のサーフィンが格段に格好いい理由

まとめ

僕は、ロングボードの格好よさに魅了されています。その格好よさを、自分のサーフィンに吸収できるように日々研究しています。

ギクシャクしたロボットのような、ショートボードサーファーを見たことがありませんか?

ガニ股で、いつも前足をふんふんしているようなサーファーです。波の力がないのに薄いショートボードに乗ると、どうしても『美しいサーフィン』とはかけ離れてしまいます。

ダンスというのには程遠いその動きは、本人が思ってる以上に格好悪いものです。スピードがないのに無理やりリップに当てにいくと、どうしてもギクシャクした動きになってしまいがちです。

波のサイズがないときは大きめのサーフボードを選び、『レールを使ったターン』を学んでいくことが『格好いいサーフィン』を会得する秘訣だと思います。

もちろん、サーフィンは『見た目の格好よさ』が全てではありません。

でもどうせなら、『自分らしい格好いいサーフィンのスタイル』を見つけたくありませんか?

【関連記事】代表的なサーファー6人から学ぶ【格好いいサーフィンのスタイルを身につける秘訣】




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。