サーフィンを始める前に知っておきたい!美しく格好いいサーフィンのスタイルを持つ女子サーファー5選

今回は、女性サーファー特集です。 コンテストでの活躍を問わず、美しいサーフィンのスタイルを持つ、女性サーファー […]

最終更新日:2018年2月9日

今回は、女性サーファー特集です。

コンテストでの活躍を問わず、美しいサーフィンのスタイルを持つ、女性サーファー達を集めました。

優雅に波の上を歩く女性サーファーのシルエットは、『美しい』という言葉がぴったりです。彼女たちのサーフィンには、美しいディテールが詰まっています。それは、サーフボード上での小さなステップも同様です。

彼女たちは、波を力でねじ伏せようとしていません。

女性サーファーの多くは、無駄な力が入っていないスタイリッシュなサーフィンを見せてくれます。

【関連記事】リラックスすればうまくなる。サーフィン上達の大敵は『りきむ』こと

Kassia Meador

Kassia Meadorが自然体でサーフィンをしている姿は、見ていて惚れ惚れします。

Kassia Meadorのサーフィンは、まるで合気道のようです。彼女のサーフィンを見ていると、波の力を『いなす』ことを学ぶことができます。

ガニ股にならずに綺麗なスタンスで波の上を歩く姿は、最高に格好いいです。

【関連記事】ロングボードを自在に操るスタイリッシュなサーファー8選【動画特集】

Kelia Moniz

格好がいいサーフィンとは、いったいどんなものでしょうか。

Kelia Monizが優雅に波の上を歩く姿は、ただただ魅力を放っています。動作の一つ一つが美しいです。

ここまで魅力があるサーフィンができるのは、女性サーファーの特権かもしれません。

そのサーフィンをする姿は、間違いなく『格好いい』です。

【女性サーファーに参考になる記事はこちら】【女性向けサーフィン雑誌】サーファーガールにおすすめトップ5

Nathan Oldfield

Nathan Oldfieldのサーフィンは、『自由』という言葉がぴったりです。簡単にノーズライドをしていますが、実際に行うのは見た目以上に難しいものです。

彼女のサーフィンを見ていると、ノーズライドが簡単にできるかのように思えてきてしまいます。

【関連記事】代表的なサーファー6人から学ぶ【格好いいサーフィンのスタイルを身につける秘訣】

Tyler Wright

Tyler Wrightのサーフィンは力強く、無駄な力みがありません。波のサイズが上がっても、サーフボードを自在に操っています。

Josie Prendergast

Josie Prendergastのサーフィンは、『ぶれ』が全くありません。完全にリラックスしている状態で、サーフィンをしているのがわかります。力まずにサーフボードをコントロールしている姿は、見ていて惚れ惚れします。

彼女が笑顔で波乗りをしている姿に、サーフィンの本質があるのではないでしょうか。

【関連記事】ロングボードでサーフィンを始める利点【初心者のためのサーフボード選びガイド】

まとめ

ロングボードを巧みに操る姿は、美しきダンサーそのものです。男女を問わず、波の上を歩く姿の美しさは人々を魅了し続けます。

最近サーフィンを始めたばかりの、チェコ人の女の子の友人がいます。その子が最初に選んだのは、パフォーマンスショートボードでした。

一年間サーフィンを続けているのですが、伸び悩んでいます

その原因は、『間違ったサーフボードを選んでしまった』からです。

もしも最初にロングボードや、ミッドレングスという選択肢があることを知っていたら、違う結果があったかもしれません。

一緒にサーフィンをした時に、ミッドレングスのボードを貸したらいつも以上に楽しんでいました。ホワイトウォッシュにも捕まらず、セクションを抜けていくことができます。余裕を持ってテイクオフできるので、自然と笑顔になって行きました。

その笑顔こそが、サーフィンのあるべき姿なのではないでしょうか。スプレーをあげなくても、波のトップでアクションをしなくてもサーフィンは楽しいはずです。プロを目指している一部のサーファー以外は、サーフィンは楽しむことが第一にあるべきです。

ついつい真剣になりすぎてしまうと、眉間にシワがよってしまうことがあります。そんなときは、肩の力を抜いて笑顔になりたいものです。

真剣にサーフィンを楽しむことができれば、自然と上達して行くはずです。

同じレベルのサーファーでも、正しいサーフボード選びがサーフィンを変えます。

サーフィンを思いっきり楽しむためのサーフボード、持っていますか?

【関連記事】マジックボードを見つける方法【究極のサーフボードを手にするために必要なこと】




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。