サーフボードの浮力ってなに?【サーフボードの正しい選び方】

『浮力』とは『うきあがる力』のことです。 『初めてのサーフボード』には、『長くて厚いサーフボード』をお勧めしま […]

最終更新日:2018年5月13日

『浮力』とは『うきあがる力』のことです。

『初めてのサーフボード』には、『長くて厚いサーフボード』をお勧めします。その理由は、『浮力があるから』です。

浮力があるサーフボードは、サーフィンを簡単にしてくれます。

ショートボードでサーフィンを始めたらダメなの?

もちろん、短いショートボードからサーフィンを始めるのもありです。その場合に重要なのは、『厚さ』があるショートボードを選ぶことだと思います。『厚みと幅』があれば、『浮力』があるので、上達の妨げにはなりません。

【関連記事】サーフボードの『幅』について【サーフボードシェイプの基礎知識】

サーフボードの『浮力』と『長さ』について

なぜ『浮力のあるサーフボード』を選んだ方がいいのか?

間違った浮力(サーフボード)を選んでしまうと、波に乗れる数が『激減』します。それは、『サーフィンの練習』ができないのと同じことです。浮力のないサーフボードを選んでしまうと、『テイクオフの練習』に多くの時間を費やすことになります。

波に乗れなければ上手くならない・・・

間違ったサーフボードを選ぶと、サーフィンの上達が遅くなってしまうのです。

一般的に言われる『サーフィン上達の順序』は以下のようになります。

  1. 浮力のあるサーフボードを選ぶ
  2. 波に乗れる回数が増える(テイクオフが簡単だから)
  3. レールを使ったサーフィンを学べる
  4. 正しい重心移動を学べる
  5. 純粋にサーフィンを楽しめる

【関連記事】ロングボードを自在に操るスタイリッシュなサーファー8選【動画特集】

『浮力のあるサーフボード』を選ぶ方法

『長さ』と『厚さ』、そして『』がサーフボードの浮力を決めます。サイズが大きくなればなるほど、浮力が大きくなります。

サーフボードには、適正体重値が存在します。ショートボードの場合は特に、1インチの差が大きなパフォーマンスの違いを生み出します。

浮力があるサーフボードはどうなの?

ロングボードやミッドレングスの場合は、『適正体重値』はほぼありません。

初心者の頃は、『浮力』が余計にあることは利点になります。正しい体重移動をしたターンをしなければ、思ったようにターンができないはずです。

小手先でサーフボードが動かなくなるのは、サーフィンの上達を助けてくれます。

正しいターンができるようになったときに、浮力が適正のサーフボードを選ぶようにしましょう。

【関連記事】違いはなに?サーフボードの厚みで変わること【サーフボード選び方ガイド】

まとめ

重要なのは、サーフボードに『浮力』があることです。

浮力が多すぎても、サーフィンは楽しいです。反対に、浮力がないサーフボードに乗ると『サーフィン』ができません。始めたばかりの頃は、『浮力のあるサーフボード』で波に乗ることが一番大事だと思います。

波に乗る楽しさを知ったら、もうサーフィンをやめられなくなるはずです。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。