ロングボードでサーフィンを始める利点【初心者のためのサーフボード選びガイド】

サーフィンを始めるのに、『初心者に指定されたサーフボード』は存在しません。 ロングボードは、『小さい波でサーフ […]

最終更新日:2018年5月13日

サーフィンを始めるのに、『初心者に指定されたサーフボード』は存在しません。

ロングボードは、『小さい波でサーフィンを楽しみたい人』に、特にオススメのサーフボードになります。

ロングボードがオススメの人は以下のようになります。

  • 小さい波を中心にしてサーフィンを始めたい
  • 小さい波でサーフィンを楽しみたい
  • サーフボードの上で歩きたい
  • 波の上をのんびりクルーズしたい
  • サーフィンの本質を味わいたい

ロングボードは大きくて重いし、安全面も心配・・・

最初にソフトトップのロングボードで、サーフィンを始めるのもオススメです。ソフトトップとは、スポンジ製のサーフボードのことです。

ロングボードは大きく重いため、ワイプアウトしてぶつかった時の衝撃は非常に大きいです。コントロールしきれずに、ほかのサーファーにぶつかる危険もあります。

混んでいるポイントがホームになりそうであれば、最初にソフトトップのロングボードを試してみるのが正解です。

本当に自分に合ってるか心配だな・・

まずはレンタルのソフトトップを使用するのも、1つの方法です。

ソフトトップのロングボードであれば、怪我の心配も少なくなります。価格も安く済むので、お財布にも優しいです。

ソフトトップのロングボードって初心者用じゃないの?

ソフトトップと聞くと初心者の響きかもしれませんが、実はすごいサーフボードなんです。詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

ロングボードはサーフィンの初心者に最適

ロングボードの利点

小さい波でもサーフィンができる

ロングボードにはたくさん浮力があります。ショートボードでは、テイクオフすらできない波でも、存分にサーフィンを楽しむことができます。

サーフボードの『浮力オーバー』は悪いことではありません。『浮力オーバー』がサーフィンに悪影響を及ぼすのは、『コンペティションサーファーのサーフィン』を目標にしている人だけです。

できるだけ楽に波に乗りたいんだけど・・・

通常のサーフィンを楽しむのであれば、『浮力オーバー』のサーフボードは素晴らしい遊び道具です。

うねりから波に乗れるので、サーフィンの楽しさを知るのも早くなります。

もちろん、ロングボードは小波以外でも乗ることができます。

ロングボードを操る人の技術があれば、波のサイズが大きくなっても見事に乗りこなすことが可能です。

たくさん波に乗れる

浮力があり、パドリングが非常に速いロングボードは、必然的に波に乗れる回数が増えます。

ショートボーダーがテイクオフに四苦八苦している間にも、たくさんの波に乗ることができます。

そうすると何がいいの?

たくさん波に乗れると、サーフィンの上達も早くなります。

もちろん、波を譲る気持ちを忘れてはいけません。がっつきすぎると、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

大事なのは、『謙虚な気持ち』を持ってサーフィンを楽しむことです。

【関連記事】ファンボードの楽しさを徹底考察【初心者のためのサーフボード選び方ガイド】

リラックスできる

ロングボードは、ショートボードよりもリラックスできます。棒立ちで乗っても、しゃがんだままでも、ロングボードなら『サーフィンを純粋に楽しむ』ことができます。

ショートだとサーフィンは楽しめないの?

ショートボードでサーフィンが楽しめるようになるには、長い時間が必要になります。波に乗れるようになるまでの道のりが長く、大変な努力がいるのです。

ロングボードであれば、『波に乗る』ことができます。

サーフボードの上でリラックスする姿はスタイリッシュで、優雅にロングボードを操る姿は美しく格好いいです。

注意)自分のロングボードが、他のサーファーを傷つける凶器にもなることを絶対に忘れないでください。サーフボードをコントロールできるようになるまでは、必ず空いている場所で練習しましょう。

【関連記事】ロングボードを自在に操るスタイリッシュなサーファー8選【動画特集】

初心者が楽しめるサーフボードは『ロングボード』

まとめ

大きなサーフボードを自在に操り、見事なステップワークで波の上を歩くロングボーダーたち。

ロングボードは非常に奥が深く、極めるためには長い歳月がかかります。その美しいシルエットは、息を飲むほど美しいです。

この世界には、様々な種類のサーフボードが存在します。可能性を制限せずに、いろいろなサーフボードに挑戦していきましょう。

乗ったことがないサーフボードに乗るたびに、いろいろな発見ができるはずです。

 

NALU(ナルー) 2017年4月号 No.104[雑誌]

  • エイ出版社
  • Kindle版
  • Edition no. 0 (03/10/2017)
  • 日本語




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。