サーフィンが面倒くさいと感じた人に試してほしい3つのこと【サーファーになる瞬間の話】

サーフィンが面倒くさい そう思ったことがあるサーファーは、限りなくゼロだと断言できます。 逆説的に考えれば、面 […]
  • サーフィンが面倒くさい

そう思ったことがあるサーファーは、限りなくゼロだと断言できます。

逆説的に考えれば、面倒くさいと言ってるうちはまだ『サーファー』では無いのです。

どういうこと?

本物のサーファーになったら、波乗りが面倒くさいと感じることはまずあり得ません。

サーファーは波のためなら、何時間もドライブできます。波の変化を辛抱強く待ち、未来の波に心を躍らせているのです。

そんなサーファーたちが、波乗りを面倒くさいということなどあり得ないのです。

ひとりぐらいはいるんじゃないの?

自分の知っているサーフィン仲間で、波乗りが面倒だという人はただ1人としていません。

全員が波に恋い焦がれ、美しい波にまた出会える日を待ち続けているのです。

面倒に感じるのはあなたがまだサーファーではない証拠

面倒な気持ちが消えるまで海に通い続けてみよう

面倒くさいと感じている間は、あなたはまだサーファーではありません。

簡単に言えば、その気持ちを消すためには海に通い続けるしかないのです。

具体的にどうやって?

辛抱強く海に通い続けるだけです。サーファーになれるまでがむしゃらにやるしかないのです。

どんな人でも、やがて波に乗れるようになります。そのころには、『サーフィンが面倒だ』という気持ちは完全に消えていることでしょう。

そうすると苦もなく、凍てつく海に飛び込むようになります。サーフィンには、それだけの魅力があるのです。

海に通い続ければ面倒な気持ちは吹き飛ぶ

違う種類のサーフボードを試してみよう

面倒臭いと感じるということは、サーフィンを100パーセント楽しめていないということです。

サーフィンは、サーフボードの種類が変わると全く別のものになり得ます。

簡単に説明すると?

もしも短いサーフボードを楽しめないでいるのなら、長い板に取り替えてみるのも1つの方法なのです。

もちろん、その逆も同じです。

それで何が変わるの?

そうすると視点が変わり、周りにいるサーフィン仲間にも変化がでてきます。

サーフィンの世界には、トライブ(部族)のようなものが存在します。

それぞれの部族によって、波乗りに求めるものや目標としていることに違いがあるものなのです。

もしかしたらあなたが今挑戦しようとしているサーフィンは、あなたがしたい波乗りではないのかもしれません。

何が言いたいの?

サーフィンの世界でもう一度、視野を広げてみてください。

あなたが求めているサーフィンは、違う環境にあるのかもしれないのです。

違う種類の板や環境でサーフィンを楽しめるようになれば、面倒臭い気持ちは吹き飛んでいくはずです。

サーフボードを変えることで面倒な気持ちが消える

サーフスポットを変えてみる

先述したように、サーフィンの世界には部族のようなものがあります。

もしかしたらあなたが普段通っているサーフスポットは、軍隊のような規律を求めるサーフトライブが、管理している場所かもしれません。

そんなに違いがあるものなの?

環境が変われば、サーフスポットの雰囲気はガラリと変わります。

喋る事も出来ないような規律があるサーフスポットもあれば、和気あいあいと楽しめる場所もあるということです。

怖いところはちょっと・・・

どちらが好きかはっきりしているのであれば、今通っている場所の雰囲気を思い浮かべてみましょう。

あなたがサーフィンを面倒だと思う理由が、サーフスポットにありませんか?

あなたが理想とするサーフスポットが見つかれば、面倒くさい気持ちは必ず吹き飛んでいきます。

サーフィンが面倒くさい理由と対処法

まとめ

『面倒だ』という気持ちは、サーフィンにハマればハマるほどなくなっていきます。

そのためにはまず、いろいろなことを試して視点を変えてみることが大事なのです。

仕事や夢も、同じことが言えるのかもしれません。

今追いかけていることや取り組んでいることに、心から夢中になっていますか?

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。