オススメの海外サーフトリップ先45選【一生に一度は行きたいサーフィンができる旅先】

世界から選りすぐりの『海外にある45の有名サーフィンスポット』をピックアップしました。 世界各地からサーフスポ […]

最終更新日:2018年8月19日

世界から選りすぐりの『海外にある45の有名サーフィンスポット』をピックアップしました。

世界各地からサーフスポットを集めたので、あなたの好みの波が必ず見つかるはずです。

長いロングライドが体験できる場所からバレル三昧できるサーフスポットまで、世界にはたくさんのサーフスポットがあります。

今回の記事が、皆さんの『サーフトリップ』の参考になれば幸いです。

目次

アルガンベイ/スリランカ

ベストな時期

4月から10月まで

詳細

スリランカ東海岸に位置するサーフポイントです。

長いライトハンドのブレイクです。ビーチを歩いて、パドルアウトをショートカットできます。初心者や中級者にも、オススメなサーフポイントです。

他にもサーフスポットはある?

西海岸にあるヒッカドゥアとの違いは、国際空港からの距離です。アルガンベイまでは、国際空港からバスで8時間ほどかかります。

僕が前回スリランカに行ったのは1月だったため、ヒッカドゥアに滞在しました。

【関連記事】【サーフトリップの魅力5選】僕達がサーフィンのために旅をする理由

ヒッカドゥア/スリランカ

ベストな時期

11月から3月まで

詳細

スリランカ西海岸に位置するサーフスポットです。

国際空港から車で3時間半と、アクセスがしやすいヒッカドゥア。日本の真冬がヒッカドゥアのベストシーズンということもあり、日本人のサーファーも多く見かけます。

初心者サーファーにもお勧めできるサーフィンスポットが点在しています。

物価は思ったほど、安くありませんでした。

アングレット/フランス

ベストな時期

年中

詳細

フランスの有名サーフスポットです。サイズが大きくなると、バレルも出現します。

西からのスウェルが入った時が、ベストコンディションです。

ウェーブプール/アラブ首長国連邦

ベストな時期

いつでも

詳細

アラブ首長国連邦にあるウェーブプールです。海にあるサーフスポットではありません。個人的にいつか行ってみたいウェーブプールです。

【関連記事】【サーフィン】東京オリンピックに必要?海外のウェーブプール事情

ウルワツ/バリ/インドネシア

ベストな時期

いつでも

詳細

年中、コンスタントにいい波が入るウルワツ。正真正銘のサーフィンの楽園です。バリは、一度しか行ったことがありませんが、できることなら住みたいと思うステキな国です。

海南島/中国

ベストな時期

11月から2月

詳細

中国にあるパラダイス、海南島にあるサーフィンスポットです。海南島といえばビールが有名ですが、サーフィンもできます。

初心者に適したポイントもあります。日本から近いのも魅力の一つです。

キラーポイント/ターハゾウテ/モロッコ

ベストな時期 

11月から2月

詳細

1960年代にヒッピーサーファー達によって開拓された、モロッコにあるサーフスポット。シャチ(Killer whale)がたくさんいたことから、『キラーポイント』と名付けられました。

クラウドナイン/シアルガオ島/フィリピン

ベストな時期 

11月から4月

詳細

力のあるリーフブレイクです。

上級者のみがサーフィン可能なサーフポイントです。ライトにもレフトにも行けますが、リーフがとても鋭いので気をつける必要があります。

クラウドブレイク/タバルア島/フィジー

ベストな時期

いつでも

詳細

エキスパートのみがサーフィン可能な『クラウドブレイク』。フィジーにあるサーフポイントです。

1500mほど沖合にあり、ボートでのアクセスが必要です。

個人的には、見学だけを希望したいサーフスポットの一つです。

ココナッツ/サモア

ベストな時期

いつでも

詳細

サモアにある、リーフの上でブレイクするサーフポイントです。水深がないリーフブレイクが多いため、上級者以上にお勧めです。

ザ・バブル/フエルテベントゥラ島/カナリア諸島

ベストな時期

いつでも

詳細

カナリア諸島にあるサーフポイントです。ライトハンドブレイクで、サイズが上がるとチューブになります。

ザ・ボックス/マーガレットリバー/オーストラリア

ベストな時期

いつでも

詳細

マーガレットリバーにあるサーフポイントの中で、危険度が高いサーフポイントです。水深が非常に浅く、ハイタイド時のみサーフィンが可能です。

サーファーズポイント/バルバドス

ベストな時期

11月から2月

詳細

カリブ海に浮かぶ島『バルバドス』。

初心者から中級者も楽しめるサーフポイントです。ロングボーダーにもお勧めです。穏やかな空気が溢れる『サーフィンの楽園』です。

サーフライダービーチ/マリブ/カリフォルニア

ベストな時期

12月から5月

詳細

世界初のワールドサーフリザーブとして、認定されたサーフポイントです。カリフォルニアと言えば、サーフィンカルチャーの発祥地。

一度は訪れてみたい場所の一つです。

【関連記事】ロングボードを自在に操るスタイリッシュなサーファー8選【動画特集】

サーファーなら一度は訪れたいカリフォルニア。

サルタンズ/マレ島/モルディブ

ベストな時期

5月から10月

詳細

上級者専用の、ライトハンドリーフブレイクです。

モルディブの美しい海でサーフィンをしたら、一生の思い出になることでしょう。大怪我はしないように気をつけたいところです。

サン・フランシスコ・ドスール/ブラジル

ベストな時期

いつでも

詳細

サーフィンの大会も頻繁に開催される、サン・フランシスコ・ドスール。

サンパウロから、車で南に7時間の場所に位置しています。

ジョーズ/マウイ/ハワイ

ベストな時期

11月から3月

詳細

名前からも想像が容易ですが、半端なサーフポイントではありません。

波のサイズも規格外です。命知らずのサーファーたちが、超ド級の波に挑戦し続けています。

僕は一生入ることがないと断言できます。

スーパーチューブス/ジェフリーズベイ/南アフリカ

ベストな時期

いつでも

詳細

世界的に有名なライトハンドブレイクです。

Jベイは、大会が頻繁に開催されるので、ご存知の方も多いと思います。

スーパーバンク/ゴールドコースト/オーストラリア

ベストな時期

いつでも

詳細

サーファーズパラダイス、ゴールドコーストにあるサーフィンスポットです。

『スナッパーロックス』『グリーンマウント』『リトルマーレー』『キラポイント』と、夢のようなラインナップを持つスーパーバンク。

全てのサーフポイントが繋がった時、夢のようなロングライドも可能です。

混雑が必須のサーフィンスポットです。

スリンビーチ/プーケット/タイ

ベストな時期

6月から9月

詳細

タイ・プーケットにあるスリンビーチです。

初心者や中級者も、安心して楽しむことができます。

バリのようなスウェルは期待できませんが、プーケットには波以外の魅力もたくさんあります。

タイのサーフトリップは、波以外も楽しむことができます

タウポ/タヒチ/フランス領ポリネシア

ベストな時期

いつでも

詳細

超上級者で命知らずでなければ、タウポでのサーフィンは難しいと思います。波の分厚さが規格外です。

これほどの分厚いチューブを抜ける感覚は、どういう感じなのでしょうか。

【関連記事】サーフトリップに行きたくなる!おすすめのサーフィン映画3選【洋画編】

タマリンドビーチ/タマリンド/コスタリカ

ベストな時期

4月から9月

詳細

コスタリカにあるサーフィンスポットです。

ビーチブレイクで、初心者にもお勧めできるサーフポイントです。コスタリカで2017年に、サーファーがワニに襲われる事故がありました。河口付近では特に気をつけたいところです。

【参考元URL(英語サイト)】http://stabmag.com/news/graphic-footage-costa-rica-crocodile-attack-victim-tears-jaws-from-face/

トフィーノ/バンクーバー島/カナダ

ベストな時期

9月から4月

詳細

カナダにあるサーフィンスポットです。

海水温が低いため、ウェットスーツは必須です。海外サーフトリップ先といえば、暖かい国をイメージしてしまいます。混雑を避けるための一番の方法は、寒いサーフトリップ先を選ぶことかもしれません。

次のサーフトリップ先に、カナダはいかがでしょうか。

【関連記事】【水温と時期別】サーフィン用ウェットスーツの選び方

トレストルズ/カリフォルニア/アメリカ

ベストな時期

1月から5月

詳細

南西方向からスウェルが入ったときが、ベストコンディションです。

パドルアウトは容易ですが、非常に混雑しているサーフポイントです。

トレストルズの波のスピードは、様々な技をくる出すのに適していて、『パフォーマンスサーフィン』に向いていると言われています。

レフトハンドもライトハンドもある、Aフレームの波です。

ニヒワツ/スンバ/インドネシア

ベストな時期

いつでも

詳細

ニヒワツは、世界的に珍しいサーフスポットです。

その理由は、サーフィンをするのにお金を支払う必要があるからです。

高級リゾートホテル前のサーフポイントで、サーフィンができるのは宿泊客のみです。それに加えて、追加料金を支払う必要があるのです。

最大で10人まで、ニヒワツのサーフポイントに入ることができます。

サーフポイントの独占には疑問がありますが、混雑のない『サーフィンの楽園』であることは間違いないです。

パイプライン/オアフ/ハワイ

ベストな時期

10月から3月

詳細

パイプラインと聞けば、誰もがサーフィンを思い浮かべてしまうほどの、超有名サーフィンスポットです。

オハフ島の北、ノースショアに位置しています。シーズンである10月から3月に、世界中からサーファーが押し寄せてきます。

ノースショアは、ホノルルとは違う雰囲気があります。ゆっくりとした穏やかな空気を、肌で感じることができるはずです。

サーフィンをしない方にも、ぜひ訪れて欲しいサーフスポットです。

バイロンベイ/ニューサウスウェールズ州/オーストラリア

ベストな時期

いつでも

詳細

普段のバイロンベイの波質は、ロングボードやオルタナ系サーフボード向きです。

サーフィンスポットだけではなく、街としての魅力も高いのがバイロンベイ。音楽や、バー、カフェ、ヒッピーカルチャーも人々を魅了しています。

世界的なアーティストが集まるブルースフェスティバルも、毎年開催されています。

オーストラリアでは、シャークアタックが頻繁に起こります。過度の心配は不要ですが、単独でのサーフィンを避けるなど最低限の対策は必要です。

【関連記事】【サーフィン用】サメに襲われる確率は?サーフトリップ先別の情報と対策

バイロンベイは音楽も楽しめるオススメのサーフィンスポットです

パスタポイント/モルディブ

ベストな時期

5月から10月

詳細

モルディブの有名サーフィンスポットの一つです。レフトハンドブレイクで、長い距離のチューブライドが可能です。

Dhonveli Beach Resort & Spa』の宿泊客のみが、サーフィンをすることができます。

世界でも珍しい人数制限があるモルディブのサーフィンスポット

バックドア/オアフ/ハワイ

ベストな時期

10月から4月

詳細

パイプラインと同様に、オアフ島のノースショアに位置しています。

リーフブレイクで水深も浅く、上級者のみがサーフィン可能なサーフポイントです。サイズが大きくなると危険度も高まります。2017年には、デーン・レイノルズが椎骨折しています。

見学に専念するだけでも、十分楽しめるはずです。

ハナレイベイ/カウアイ島/ハワイ

ベストな時期

10月から4月

詳細

カウアイ島にあるサーフィンスポット『ハナレイベイ』。コンスタントにいい波が入りますが、混雑は必須です。

カウアイ島には、ロングボードやパドルボードを楽しむことができるサーフポイントが点在しています。

カウアイ島でのサーフィンはいかがですか

バハ・マリブ/バハ・ノルテ/メキシコ

ベストな時期

いつでも

詳細

ライトもレフトもある、北メキシコのサーフィンスポットです。都心部に近く、水質汚染が心配されていますが、一度は訪れてみたいです。

ビアリッツ/フランス

ベストな時期

10月から4月

詳細

フランスの有名サーフィンスポットの一つです。『アングレット』と比較すると頻度は落ちますが、北西からスウェルが入った時、いい波が立ちます。

滞在費が安くないため、それなりの予算が必要になるヨーロッパサーフトリップ。

いつか実現したいです。

フーロンビーチ/台湾

ベストな時期

10月から5月

詳細

台湾北部のサーフィンスポットです。都心部に近いため、混雑しています。

台湾北部のサーフィンスポットの中では、分厚くサイズもあります。中級者以上にオススメのサーフポイントです。

ブラックスビーチ/サンディエゴ/カリフォルニア

ベストな時期

12月から5月

詳細

力のある波が割れる、カリフォルニアにあるサーフィンスポットです。

中級者以上のサーファーがサンディエゴから集まってくるため、週末は混雑します。

ブンダランビーチ/カウンティドネガル/アイルランド

ベストな時期

9月から3月

詳細

アイルランドにある、ウェットスーツが必須なサーフィンスポットです。寒ささえ我慢できれば、質のいい波を楽しむことができます。

【関連記事】世界で一番長い波はどこにある?【ロングライド・サーフトリップ】

ペドラ・ブランカ・エリセイラ/ポルトガル

ベストな時期

9月から5月

詳細

全長6kmにも及ぶ長いビーチにはリーフブレイクもあり、ヨーロッパで有名なサーフィンスポットが点在しています。

エリセイラは、ポルトガルを訪れた際に必ずチェックしたいサーフポイントの一つです。

ホセゴー/フランス

ベストな時期

10月から4月

詳細

ホセゴーには、良質なサンドバンクが形成されており、チューブも出現します。フランスのみならず、ヨーロッパ全体で見ても知名度のあるサーフィンスポットです。

ビーチには豪華な別荘が立ち並んでいます。ハワイのサーフ系ミュージシャン、ジャックジョンソンの別荘もあるそうです。

ホノルアベイ/マウイ/ハワイ

ベストな時期

10月から4月

詳細

マウイ島にあるサーフィンスポットです。

混雑することで有名ですが、間違いなくワールドクラスの波です。個人的には、ハワイにはロングボードを持ってサーフトリップに行きたいです。

ポンタプレタ/マイオ/ケープベルデ

ベストな時期

年中

詳細

ケープベルデにあるリーフブレイクで、上級者専用のサーフィンスポットです。

マーベリックス/カリフォルニア/アメリカ

ベストな時期

スウェルがきたとき

詳細

通常のサーファーであれば、見学だけで満足できるサーフィンポイントです。

サーフポイントにアクセスするためには、ボートかジェットスキーが必要になります。1994年には、ビッグウェーブサーファーのマーク・フーが命を落としています。

ワイプアウトしたら、五分以上上がってこれないサーフィンをしたい方には、ぜひお勧めしたいサーフポイントです。

マヌベイ/ラグラン/ニュージーランド

ベストな時期

いつでも

詳細

『エンドレスサマー』でも紹介された、ニュージーランドのサーフィンスポットです。

長いレフトハンドブレイクが有名です。岩場のポイントブレイクで、中級者以上にオススメのポイントになります。サーフボードが傷つかないように気をつけましょう。

【関連記事】ニュージーランドでサーフィン・ラグランでバレルをゲットしよう

モンタニタビーチ/モンタニタ/エクアドル

ベストな時期

いつでも

詳細

エクアドルの西海岸に位置するサーフィンスポットです。エクアドルといえばガラパゴス諸島が有名ですが、新たなサーフトリップ先としても注目を集めています。

物価も安く、長期滞在にも適しています。

リンコン/カリフォルニア/アメリカ

ベストな時期

いつでも

詳細

ライトハンドのポイントブレイクであるリンコン。

ロングライドが可能で、プロサーファーも数多く輩出(はいしゅつ)しています。

『Queen Of The Coast(海岸の女王)』とも呼ばれる、有名なサーフィンスポットです。

ワイヌイ/ギズボーン/ニュージーランド

ベストな時期

3月から9月(ほぼ年中)

詳細

ニュージーランドの東海岸に位置するサーフィンスポットです。

良質なビーチブレイクです。

全くと言っていいほど混雑していないので、思う存分サーフィンを満喫できるはずです。

【関連記事】初めての海外サーフトリップはニュージーランドがオススメ

HT(ランスズライト)/メンタワイ・スマトラ/インドネシア

ベストな時期

5月から10月

詳細

インドネシアにあるチューブで有名なサーフィンスポットです。

日本ではHTと呼ばれていますが、海外では『 Lance’ s Right(ランスズ・ライト)』という名称が一般的です。

『ランスズレフト』もあります。

メンタワイの波は、『完璧』と言われています。一生に一度は訪れるべき、サーフィンスポットです。

Pパス/ポンペイ/マイクロネシア

ベストな時期

いつでも

詳細

チューブライド可能なライトハンドブレイクです。

マイクロネシアは、アクセスが難しいため混雑が少ないのが魅力です。

上級者以上にオススメなサーフィンスポットです。

マウントマウンガヌイ/ニュージーランド

ベストな時期

12月から4月

詳細

ニュージーランドの東海岸に位置する、サーフィンスポットです。

スウェルはなかなか入ってきませんが、街としての雰囲気が個人的に好きでお気に入りです。

初心者や中級者も楽しめるポイントがあります。

【関連記事】マウントマウンガヌイでサーフィン【ニュージーランド波情報】

ニュージーランドのカリフォルニア『マウントマウンガヌイ』




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。