初心者サーファーは適正浮力度外視でサーフボードを選んだほうがいい理由

初心者のうちは、『適正浮力』を考えないでください。 あなたが最初に必要なサーフボードは、『適正浮力を無視した大 […]

初心者のうちは、『適正浮力』を考えないでください。

あなたが最初に必要なサーフボードは、『適正浮力を無視した大きな板』です。

間違っても、ウェブサイトやカタログ値にあるサーフボードの適正浮力で、最初の板を選ぶべきではありません。

カタログの適正浮力は初心者のレベルには無関係

そもそもカタログに書いてあるような適正浮力は、『いい波であるという大前提』があります。

初心者が、それを知らないで適正浮力でサーフボードを選んでしまうと、どうなるでしょうか?

小さな力のない波では、テイクオフすらできるようになりません。

サーフィンに行っても全然波に乗れない・・・

そうすると何年経過しても、サーフィンが上手くならないという、悲しい結果になってしまいます。

何よりもあなた自身が、高い技術を持っていなければ、小さい板には乗ることすらできないのです。

だからこそ初心者サーファーは浮力を考えず、大きなサーフボードを選ぶ必要があるのです。

【参考になる外部記事】中級者のボードの浮力

初心者は適正浮力を無視しよう

本当の意味での『適正浮力』とは

もう一度、『浮力』について説明します。

浮力とは、『サーファーの体重に適したサーフボードの浮く力』のことです。

どういうこと?

簡単に考えてみましょう。

体重100キロを越す初心者サーファーに、適したサーフボードはどんなものでしょうか?

ビート板のようなサーフボードで、初心者サーファーがサーフィンできるでしょうか?

どんなに運動能力が高くても、間違いなく波に乗ることができません。その初心者サーファーに必要なのは、十分な浮力がある、大きな板なのです。

浮力のあるサーフボードなら初心者でもサーフィンを楽しめる

サーフィンを思いっきり楽しめるサーフボードを選ぼう

前項で説明したように、十分な浮力がなければ初心者は波に乗ることができません。

簡単に説明すると?

初心者サーファーに、ふたつのサーフボードの選択肢が与えられたとしましょう。

ひとつめは、

大きなサーフボードです。

その板では、小さな波でも楽しむことができて、『サーフィンの楽しさを教えてくれる魔法』がかけられています。

適正浮力のサーフボードは?

2枚目の板は、その初心者サーファーの適正体重で選ばれたサーフボードです。

そのサーフボードは、あなたに技術があることが大前提で、『たるいセクションでも抜けることができ波のパワースポットでナイフのようなターンが可能になるサーフボード』です。

その板は、小さな波でのコントロールが非常に難しく、『サーフィンの難しさと厳しさを味わうこと』ができます。

あなたは、どちらを選びたいですか?

まとめ

もしもあなたが、『石の上にも三年座り続けられる人』なら、サーフィンの厳しさだけを学べる小さなサーフボードを選んでもいいのかもしれません。

ただ、もしも僕自身が初心者に戻って、はじめてのサーフボードを選べるとしたら、『適正浮力度外視の大きなサーフボード』を手にします。

自分にとってのサーフィンは、『楽しい』のが大前提です。それが実現できないサーフボードは、初心者の時点では不必要だとも思うのです。


記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。