圧倒的な脱力感を持ちながらスタイリッシュ。オスカー・ラングバーンのサーフィン特集

若い世代のサーファー達が新しいサーフィンを、未来の波乗りのスタイルを作り上げていきます。 その中で個人的に、も […]

若い世代のサーファー達が新しいサーフィンを、未来の波乗りのスタイルを作り上げていきます。

その中で個人的に、もっとも注目しているのがオスカー・ラングバーン。

スタイリッシュなのは、サーフィンだけではありません。彼の発する言葉には、『サーフィンの真髄や原点』が見え隠れしているように思えるのです。

【参考になる外部記事】Oscar Langburnne stars in “dancing barefoot”

【Dancing Barefoot】オスカー・ラングバーンの最新クリップに注目

動画の見所は?

今回、RVCAからアップされたこちらの動画内で、オスカーがこう語っています。

『海の中でただ攻撃的になるひとたちは、自分には格好悪く思える(意訳)』

原文:it’s not cool to me just aggressive guys in the surf(4:09)

『海の中で理由もなく怒るなら、もしもサーフィン楽しめないんだったら、フットボールやボクシング、アグレッシブななにかをしたらいい(意訳)』

原文:being angry for no reason, if you are not having fun, go play footy or boxing or stuffing aggressive(4:45)

このように語るオスカーの目は真剣で、サーフィンに対する確かな意見を持っているのが分かります。

まだまだ彼は若いから・・・

もちろん、年齢を重ねて変化する部分もあるかもしれません。

それでも、オスカーの考えや感性が、さらに新しい世代へと受け継がれていくのです。

その流れにこそ、『サーフィンの進化』が見え隠れしているのではないでしょうか?

若い世代が新しいサーフィンの常識を作っていく

オスカーは、いま何才?

オスカー・ラングバーンは現在16才(2019年時点)。

彼の語る言葉には、『波乗りの原点』を考えさせられる何かがあります。

オスカー・ラングバーンのスタイリッシュなサーフィンは、確実に次の世代のスタイルを生み出していくことでしょう。

無駄に力まず、自分のスタイルを理解しているからこそ、オスカー・ラングバーンらしいライン取りになる。

これこそが、次の世代のサーフィンなのではないでしょうか。

脱力

という言葉は、オスカー・ラングバーンのサーフィンにぴったりです。

ロブマチャドがフリーサーフィンで見せる、圧倒的な脱力感を持ちながら存在感のあるサーフィン

それに通じるものを、現在16才のオスカーが既に持っているのです。

そもそもが、二人は比較するべき対象ではないのかもしれません。

どうして比べたらいけないの?

オスカーのサーフィンは完全にオリジナルであり、彼自身が生み出したものだからです。

オスカーのサーフィンは、『オスカーラングバーン』の波乗りです。

さらにオスカーを模倣した新しい世代が、『新しいサーフィンの形』を定義していくことでしょう。

それを考えたら、わくわくせずにはいられないのです。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。