グライド感のあるサーフボードに乗ればサーフィンは必ず楽しくなる【正しいサーフボードの選び方】

『サーフィンが楽しくない』と感じている人は、『波に乗る感覚』を味わったことがない可能性が高いです。『波に乗る感 […]

最終更新日:2018年5月16日

『サーフィンが楽しくない』と感じている人は、『波に乗る感覚』を味わったことがない可能性が高いです。『波に乗る感覚』がわかれば、サーフィンは必ず楽しくなります。

どうしたら波に乗る感覚を味わえる?

波に乗る感覚を味わいたいのであれば、『グライド感があるサーフボード』に乗る必要があります。そうすれば『波に乗る感覚』がわかり、サーフィンがどんどん楽しくなります。

『波に乗ることの楽しさ』を知るために、『グライド感のあるサーフボード』を選んでみてください。

一度でも波に乗る事ができれば、サーファーたちが雨の日も風の日も海に通う理由が必ずわかるようになります。

サーフィンを楽しくする『グライド感』とは

『グライド感』とは、サーフボードの性質を表現するときに使われる用語の1つです。

特に、ロングボードやファンボードの性質を表現するときに使います。グライド(Glide)の意味を英語の辞書で調べると以下のように出てきます。

すべるように動く、滑走する、すべる、音もなく歩く、すうっと動く、いつのまにか過ぎ去る、滑空する、グライダーで飛ぶ

 

サーファーが利用する『グライド感』の意味に最も近いのは、『すうっと動く』と『音もなく歩く』です。

サーフィンが楽しくない人は、この感覚を知る必要があります。

簡単に説明すると?

飛行機のグライダーを思い浮かべると、わかりやすいと思います。

空を滑空するグライダーは、とてもスムーズで無駄な抵抗がありません。まるで鳥のように飛び、静かに空を滑走します。

その感覚こそが、『波に乗る』ということなのです。

サーフボードが鳥のように滑走する

グライド感がわかればサーフィンが楽しくなる

まるで鳥のように波を滑走できるのが、『グライド感のあるサーフボード』です。

この『グライド感』こそが、サーフィンの本質です。

グライド感はサーフィンに大事なことなの?

サーフィンに夢中になる人は、初めて波に乗れた時の『滑走する感覚』を一生忘れません。その感覚こそが『グライド感』なのです。

グライド感のあるサーフボードに乗れば、波と調和するかのようにすうっと動き出します。その感覚を知ったら、サーフィンが必ず楽しくなります。

グライド感のあるサーフィンを楽しもう

グライド感のあるサーフボードの条件とは

グライド感のあるサーフボードの条件は、以下のようになります。

  • 浮力がある
  • フラットなロッカー形状(サーフボードの反りが少ない)
  • 長さがある
  • テールが広め(揚力に変わる)

短いとダメなの?

もちろん短いサーフボードでも、グライド感は得ることができます。グライド感がある短いサーフボードは、浮力がありテールの幅が広いものが多くなります。

その理由は、テールの幅が広いことで容易に揚力を得ることができるからです。

どんな種類のサーフボードがおすすめ?

『グライド感』はロングボードやファンボード、ソフトトップのサーフボードで特に得る事ができます。初心者の方は、『グライド感の得られるサーフボード』を選ぶようにしましょう。

まとめ

まるで滑るように進んでいくサーフボードを持っていると、波乗りせずにはいられなくなります。

波に乗るたびに、サーフィンが楽しくて仕方がなくなります。

小さな波でも、ロングボードやミッドレングスなら『グライド感』を得ることができます。力のない波でも、サーフボードが波乗りを楽しくしてくれるのです。

道具の選び方1つで、サーフィンは楽しくもつまらなくもなります。

もしも、サーフボードの選び方に悩んでいるのなら、『グライド感のあるサーフボード』を選んでみてください。

そうすれば波に乗ることの楽しさがわかり、誰よりも充実したサーフィンライフを送れるはずです。

CHRISTENSON クリステンソン サーフボード CALIFORNIA PIN 9’6” ロングボード (9.6)

サーフィンを楽しむためにグライド館のあるサーフボードを選ぼう




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。