継続は力になる【波乗りから学ぶ人生論】

『継続は力なり』 こんな言葉があります。 サーフィンも同じで、『継続すること』が力になります。もちろん、サーフ […]

『継続は力なり』

こんな言葉があります。

サーフィンも同じで、『継続すること』が力になります。もちろん、サーフボードを持っているだけでは成長はありません。

どうしたら成長できるの?

大切なのは、『海に通うことを継続する』ことです。上達や変化を感じなくても、『海に通うことを継続する』のです。

そうすれば必ず、波に乗れるようになります。

もちろん、波に乗れるようになっても、それはまだ『始まり』に過ぎません。そこから波にのることを継続して初めて、それ自身が『大きな力』へと変わっていきます。

その力はサーフィンだけではなく、私生活にもいい影響を与えるようになるはずです。

波乗りを継続するとそれが力になる

波乗りから学んだ物事を継続するコツ

波乗りは、人生に役立つ知恵を与えてくれます。

『情熱を持続して、何かを継続していくこと』

初心者を卒業した全てのサーファーは、これを『実践』しています。そもそもそれができなければ、サーフィンを続けられないからです。

例えばどんなこと?

  • 冬の海に飛び込み波にのる
  • 朝の3時に起きて海に向かう
  • 四六時中サーフィンのことを考えている
  • 仕事の合間にサーフィンをする

『波乗りを知らない人』からしたらサーファーは、ものすごい努力をしているひとです。

どうしてサーファーにはそれができるの?

それができる理由は、『サーフィンに対して情熱があり、無我夢中だから』です。

サーフィンを続けられる人は無我夢中である

どうしたら物事を継続できるの?

物事を継続する1番のコツは、『無我夢中になれることを見つけること』です。

あるいは、今取り組んでいるつまらないことに対して、『無我夢中になること』もひとつです。

それが結果として継続につながり、『大きな力』に変わっていくのです。

人生でも『継続は力なり』

自分自身、大した人間ではなく、どちらかといえばなにをしても長続きしません。ただ、3つだけ『継続できていること』があります。それがこの3つになります。

  • サーフィン
  • ブログ
  • カメラ

どうしてブログやカメラを始めたの?

ブログとカメラを始めたきっかけは、『サーフィンに対する情熱』でした。サーフィンを継続していなければ、このブログだって存在していないし、カメラのシャッターを押すこともなかったはずです。

何がきっかけになったの?

全ての始まりは、『サーフィンを継続し続けたこと』でした。

一つのことを黙々と継続していけば、『そこから派生して新たな情熱が生まれてくること』を知ったのです。

他に例は?

多くのサーファーが、『海の近くに住みたい』と願います。その大部分の人が、実際にそれを実現します。

これこそ、『力』です。サーフィンを継続してきたことで生まれた、『新しい情熱と力』なのです。

継続の力とは夢を叶える行動力のことである

継続するための努力とは

オリンピックのアスリートはインタビューで、『私は努力してきたんで』とは言いません。本人もそう思っていないはずです。

でも彼らは、他の人から見たら『血が滲むような努力』をしていきた人たちです。

努力は単なる結果に過ぎない

プロサーファーも同じです。誰よりも海に入り、誰よりもサーフィンを愛して、誰よりも夢中になったから、『プロサーファー』という結果を得ることができたのです。

何が言いたいの?

『努力』は、ただの結果です。本人が無我夢中でやっていたら、それが他の人から見たら『努力』であっただけのことなのです。

まとめ

自分自身がそうなのですが、波乗りを通じて初めて、『継続が力になること』を知りました。その言葉の意味を、波乗りを通じて知ることができたのです。

このブログは、『自分のサーフィンの情熱をアウトプットする場所』です。プロでも無いのに技術的なことまで書くのは、自分自身が上手くなりたいと一番に願っているからです。

写真を撮り続けるのは、『美しい波と、それを彩るサーファーを捉えたいから』です。

毎日サーフィンのことを考えて、波乗り動画を見て、ブログを書いて波に乗って写真を撮っています。

下手くそなりに無我夢中でやってきたことで、『努力してきた』という結果が残りました。

『努力しなきゃいけないんだ』とは、考えていません。

ただ、『無意識』に向かっているのです。向かう先がどこかは、わかりません。

確かなのは今この瞬間も、波乗りに対して『無我夢中』であることだけです。

サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。