【ロング、ミッドレングスの立ち位置について】長めのサーフボードではどこに立てばいい?

ミッドレングス(ファンボード)やロングボードに、『明確な立つ場所』は存在しません。 状況に応じて『立つ場所』を […]

ミッドレングス(ファンボード)やロングボードに、『明確な立つ場所』は存在しません。

状況に応じて『立つ場所』を変えるのが、ミッドレングス(ファンボード)やロングボードを乗りこなす上で、必要不可欠になります。

一番気をつけるべきなのは、『立つ場所』や『スタンス』に対して神経質になりすぎないことです。

立つ位置に神経質になりすぎると上達を妨げてしまうj

立つ位置は状況に応じて変化する

立つ位置やスタンスは波のサイズによって違ってきます。

それに加えて、サーフボードの長さや種類にも左右されるのです。

わかりやすく説明すると?

簡単な例を挙げます。

ロングボードにデッキパッドをつけている場合を、想像してみてください。

後ろ足を常にデッキパッドに乗せようとしてしまうと、下のイラストのような状態になります。

長いサーフボードの立つ位置(一例)

このような状態で波に乗れても、すぐに失速してしまいます。

波に力がありサイズがあれば、単純に言えば長いサーフボードのテール側に立っていても問題はありません。

どうして?

その理由は簡単で、前側に荷重をかけなくても十分なスピードを得ることができるからです。

具体的にどんなタイプの波?

こちらの動画のような波が、前足に荷重をかける必要がないものです。波自体に力があり、後ろ足荷重を中心とした波乗りが可能なのがわかります。

荷重のかかり具合を立ち位置でコントロールする

ただし波に力がなければ、ファンボードやロングの後ろ側に立った状態でサーフィンをすると、100パーセント失速してしまいます。

どうして失速してしまうの?

スピードが出ないと、テール側に十分な揚力が発生しません。

そうすると、単純にテールが沈んでしまうのです(下のイラスト参照)。

スピードがないのに後ろ側に立つと、失速してしまう

どうしたら解決できる?

そのような状況の場合、『立ち位置を変えることで荷重のかかり方を調整』する必要があるのです。


こちらの動画は同じサーファー(ハリソンローチ)が、違うタイプの波とサーフボードで、サーフィンしているものです。

同じサーファーなのに、波に対するアプローチが違う?

スタンスも違いますし、立つ位置も違うのがわかるはずです。サーフィンの形も違います。

ロングやファンボードでは特に、サーファーは柔軟な発想でサーフボードに対して立つ位置を変更する必要があります。

それに加えて、違う形で波に対してアプローチを行う必要があるのです。

状況に応じて、スタンスや立つ位置を変えるのが正しいアプローチ

柔軟な発想でスタンスや立ち位置を変化させる

サーファーが『決まった場所に立たないと波に乗れない』と凝り固まった考えを持つと、『波乗りの柔軟性』がなくなってしまいます。

例えばどういう風に?

例を挙げるなら、『デッキパッド』がわかりやすいです。人によっては、常に後ろ足をデッキパッドに置くことを目標にする人がいます。

もちろん、ターンをするときは後ろ足がデッキパッドにあったほうがレールを入れやすくなります。

ただ、極論を言ってしまえば、後ろ足がデッキパッドの位置になくてもターンは可能なのです。

後ろ足がフィンの上になくてもターンは絶対に可能

後ろ足は必ずフィンの上になくてもいいの?

もしも『後ろ足をデッキパッドの位置に必ず置かなければ波に乗れない』という先入観があるのだとしたら、今すぐに捨ててください。

『立つ位置が決まっているという先入観』は、サーフィンの上達を妨げてしまう大きな要因になります。

ショートボードの場合はスタンス幅を変えることで、後ろ足の位置の微調整が可能です。

ロングボードやファンボード(ミッドレングス)の場合、スタンスを変えただけではサーフボードはビクとも動きません。

スタンスを広く取ればいいのでは?

人によってはミッドレングスやロングボードで、異常なほどに広いスタンスを取る人もいます。

そうすることでターンは可能になるのですが、なんとも格好悪いスタイルのサーフィンになってしまうことがあります。

ガニ股の大きなスタンスでサーフィンをしてしまうと、ターンはできたとしても、優雅という言葉の対極に向かってしまうのです。

ファンボード(ミッドレングス)やロングボードの場合は、スタンスが狭い方がスタイリッシュです。

じゃあどうしたらいいの?

一番理想的なのは、波に乗りながら『立つ位置を微調整する小さなステップ』を行い、重心の移動を行うことです。

こちらの動画を見たら、ニュートラルな状態で横に走っているときは、『スタンスを大きく取らずにリラックスして立っている』のがわかるはずです。

このように、『スタンスと立ち位置に対して柔軟な発想を持つこと』こそが、ロングボードやファンボードに絶対に必要なことなのです。

まとめ

今回の記事で紹介した3つの動画は、すべて同じサーファーが波に乗っています。

乗っているサーフボードや波の種類によって、柔軟にサーフィンの形が変化しているのがわかったはずです。

スタンスも『立つ場所』も、常に流動的に変化しているのです。凝り固まった考えや概念は、捨ててしまいましょう。

そうすることで必ず、波乗りの世界は大きく広がっていきます。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。個人の写真はインスタグラムにて掲載しております。

 

  • サーファーゼンインチキュウノビジターTシャツ ローカリズムTシャツ ¥3,600

    『ローカリズム』に疑問を投げかける、オリジナルTシャツです。

    サイズ詳細

  • グリーンルーム ¥3,600

    フロント側全面に、空中から撮影されたバレルライド中のサーファーの写真を転写しています。

    100%コットンで、着心地が良く耐久性にも優れています。

    サイズ詳細

  • ロゴTシャツ・ブラック ¥3,600

    着心地がいい上質な生地を使用したオリジナルロゴTシャツです。

    このロゴには、『輸入されたものであるサーフィン』と『日本の文化』が、いい形で融合していくよう、願いが込められています。

    サイズ詳細

【スポンサードサイト】