【コツと秘訣】ノーズライドを成功させるためのロングボード・クロスステップの徹底研究

今回の記事では、ロングボードにおけるクロスステップを徹底研究します。 『クロスステップ』が、ハングテンやハング […]

今回の記事では、ロングボードにおけるクロスステップを徹底研究します。

『クロスステップ』が、ハングテンやハングファイブを成功させるための、『基礎技術』であることは間違いありません。

ノーズライド成功に役立つ?

的確なクロスステップができるようになれば、ノーズまで行ける確率が確実にあがるはずです。

【クロスステップに関して参考になった記事】ステップフォワード&ステップバックティップス

ノーズライドを成功させるためのクロスステップとは

そもそもクロスステップってなに?

クロスステップとは、ロングボード上で足を交差させて歩く技術のことです。

すり足でロングボード上を移動することも可能ですが、見た目が圧倒的に美しいのが『クロスステップ』なのです。

また、クロスステップを的確に行えるようにやれば、サーフボードにかける荷重をコントロールできるようになります。

見た目も美しいクロスステップ

クロスステップを成功させるための2つの重要なコツ

まずはこちらの動画をご覧ください。

こちらの動画内で一番最初に重要だと述べられているのは、こちらの2つです。

  • 体の重心は中心にする
  • ゆっくりと広く均一なステップをサーフボードの中心で行う

体の重心は中心にする

クロスステップをしている際は、体の重心が中心にある必要があります。

どうして重心が中心だといいの?

重心が中心にあれば、前後左右へのバランスを取りやすい状態を保つことができるのです。

重心は中心でノーズへ向かう

例えばお辞儀をしたような姿勢で前側にステップすると、極端な荷重が前足にかかってしまいます。そうするとバランスを取るのが難しくなり、結果的に転んでしまうのです。

そのままノーズに行けないの?

運良くバランスを取り戻したとしても、ノーズまでいくことができずに後ろへステップバックする必要が出てきてしまうことでしょう。

これは自分がよくなる症状の1つです。ノーズに急ぐあまりに、極端な荷重が前足にかかってしまい、あと一歩が踏み出せないでいるのです。

ゆっくりと、均一なステップを心がける

動画内で述べられている2つ目のコツは、『ゆっくりと広く均一なステップをサーフボードの中心で行う』というものです。

こちらの動画は、ノーズライディングを上空から撮影したものです。

こちらの動画を見ていると全てのサーファーのクロスステップが、『ストリンガーの上』で行われているのがわかります。

クロスステップのコツ

簡単に説明すると?

サーフボードの中心線を歩くことを意識することが、『ノーズライドのためのクロスステップ』において大事です。バランスを取りやすい場所に足を置くことで、片側に極端に荷重がかかるのを防ぐことができるからです。

クロスステップを行う時の波の状態について【ノーズに行くタイミング】

次は先ほど紹介した動画内のサーファーが、『クロスステップを行うタイミング』について注目してみます。

ノーズに向かう時に特に重要なのは、サーフボードがしっかりと波に押さえつけられているかどうかです。

いつでもいいんじゃないの?

横に走りすぎた状態で先端に行こうとしても、サーフボードのノーズがすぐに沈んでしまいます。

波によってロングボードが押さえつけられている

じゃあどのタイミングでノーズに行けばいいの?

こちらの写真のように、波がロングボード後ろ側のレールに巻き込み、しっかりと押さえつけられた状態であれば、前に歩くことができます。

この時点で、サーフボードの半分以上に『波が巻き込んでいる』のがわかります。

波がサーフボードを巻き込んでいれば、クロスステップでノーズに向かうチャンスなのです。

クロスステップのコツ

サーフボードが走りすぎてしまい波のパワースポットから離れた場合、カットバックで戻っています。あるいは重心を後ろにして、サーフボードを減速させる必要があります。

クロスステップの手順

肩を開き、胸を進行方向側へ向ける

肩を開かない状態でクロスステップをしようとすると、バランスを崩してしまいます。

動画からもわかるように、すべてのサーファーが進行方向に体を開いているのがわかるはずです。

そうすることでクロスステップが容易になり、バランスが取りやすくなります。

ノーズライド手順1

後ろ足を大きな一歩で交差させる

波に対して横に走り、レールが入った状態でクロスステップを行います。

どのタイミングで重心が変わるの?

最初の一歩を踏み出したあと、後ろ足になった方の『かかと』が浮いているのが動画からもわかります。この時点で体重がかかっているのは、前足側です。

この段階で荷重が移動しているのがわかりますが、体がまっすぐになっているので、極端に重心が前にいってしまうこともありません。

ノーズライド手順3

バランスを取り状態を保つ

足が交差したら、最初はその状態をキープする練習をします。最初のうちはおかしな感覚ですが、慣れるまで繰り返しましょう。

状況に応じてもう一歩踏み出す

先述したように、『クロスステップでノーズに行けるタイミング』であることを判断したら、さらに一歩踏み出します。

状況に応じて止まったり、体重をかける配分を変える必要があります。ストリンガーを踏む意識で、一歩ずつ確実に歩いていきましょう。

ノーズライドの完成

片方の足先がノーズにかかったら、『ハングファイブ』の完成です。

両方の足がノーズに行けば、『ハングテン』です。ノーズが沈み始めたら、ステップバックを行うようにしましょう。

ノーズライド完成

 

まとめ

今回の記事は、自分自身の技術向上のために、一流のロングボーダーのクロスステップを分析しました。勉強している過程をシェアすることで、誰かの役に立てたらなによりです。

自分はまだまだ成功率が低いですが、これからも練習を重ねていきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。