サーフィン初心者に前足荷重が必要な理由【ターンを成功させるための第一歩】

サーフィンの初心者は、前足荷重を最初に学ぶ必要があります。 その理由は、前足に荷重がかかっていないとスピードが […]

サーフィンの初心者は、前足荷重を最初に学ぶ必要があります。

その理由は、前足に荷重がかかっていないとスピードが出ないからです。

スピードが遅いと、サーフィンは絶対に上手くなりません。遠心力を得るための十分なスピードが出ていないと、ターンをしようとしても転んでしまうからです。

どんなに後ろ足に体重をかけても、スピードが足りなければターンは失敗します。

上級者は後ろ足に荷重がある状態でも、必要な時に素早く前足荷重に移れるため失速しません。

初心者がやるとどうなるの?

その真似を初心者の段階でやろうとすると、必ず失敗します。初心者にまず必要なのは、前足荷重でスピードを出すことです。

前足荷重をマスターすれば、スタイリッシュなサーフィンができるようになります。

今回の記事は、『初心者に前足荷重が必要な理由』についてです。

サーフィンにおける前足荷重の重要性がわかる写真

前足荷重だとスピードがつきやすい

初心者の段階で一番重要なのは、前足荷重で『スピード』を出せるようになることです。横に走れるようになったら、次のステップは『ターン』になります。

そのターンをマスターするのに、絶対に必要なのが『スピードをつけること』なのです。スピードが出ていない状態でサーフボードを動かしても、それはターンになりません。

なんとなくサーフボードが動いているだけで、それではピポットターンの域を超えられないのです。

大きなカットバックを成功させたければ、『スピードを出すこと』に集中して見ましょう。

スピードの出ていない後ろ足荷重は見た目が格好悪い

後ろ足荷重でターンに挑戦している初心者は、見た目も格好悪くなります。

後ろ足を意識するあまり、スタンスがどんどん広くなりガニ股気味になってしまうのです。後ろ足の膝を前方向に向けて、たたむ意識を持って見ましょう。それだけで、自然と前足に荷重が移っていきます。

後ろ足の膝をたためば前足荷重に自然となる

ターンに必要な遠心力が得られる

サーフィンのターンには、『遠心力』が絶対に必要です。

多くのスプレーを飛ばしたり、大きなターンを描いているサーファーには、『大きな遠心力』がかかっています。

どうすれば遠心力がかかるの?

遠心力を生み出すのに必要なのは、『スピードがついていること』です。

初心者が後ろ足荷重でスピードのない状態でターンをしようとしても、必ず失敗します。スピードが出ていなければ、遠心力が発生せずすぐに転んでしまうからです。

前足荷重でスピードを得られると、ターンをしている際に遠心力が発生し、体を傾けても状態を保持してくれます。スピードを出せるようになるだけで、『ターンの成功率』
が上がるのです。
スピードをつけることで遠心力がかかりターンが成功する

ホワイトウォーターを抜けられる

初心者の多くは、たるいセクションやホワイトウォーターを抜けることができません。その理由は、無意識のうちに後ろ足荷重になっているからです。

どうして後ろ足荷重になってしまうの?

後ろ足荷重になる一番の理由は、『恐怖心』です。横ノリのスポーツの経験が無い方は特に、恐怖心で腰が引けてしまい、後ろ足荷重になる傾向があります。

前足荷重を癖付けておけば、たるい波やホワイトウォーターのセクションを抜けていくことができます。怖がらず、サーフボードの前側に体重をかけて見ましょう。

前足荷重でスピードがつけばトロイ波も抜けていける

まとめ 

中級者以上になれば、必要に応じてスピードを出すことができるようになります。初心者のうちは、とにかくスピードを出すことを意識してみましょう。

波に対して反発するサーフボードを、前足で踏みつけるイメージです。この時に、ガニ股にならないように気をつけてください。横に速く走れるようになれば、次のステップに移行する余裕ができます。

  1. 横に早く走る
  2. 大きなカットバックでパワーゾーンに戻る

最初のうちはこの2つを繰り返すイメージで、練習して見てください。

焦って縦の動きを学ぼうとすると、格好悪いスタイルが身についてしまう可能性があります。スタイリッシュなサーフィンに大事なのは、後ろ足荷重ではなく前足荷重です。

『スピードをつけて大きなカットバックでパワーゾーンに戻ってくるサーフィン』を目指して行きましょう。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。