細い幅のサーフボードは何が違う?【利点と特徴】

サーフボードが細いと得られる利点は、レールの切り返しが早くなることです。幅が細いことで機敏性が上がり、ボードが […]

最終更新日:2018年5月13日

サーフボードが細いと得られる利点は、レールの切り返しが早くなることです。幅が細いことで機敏性が上がり、ボードがしなります。

 

今回の記事は、サーフボードが細いと得られる利点と欠点についてです。

【関連記事】サーフボードの正しい選び方【サーフィンの基本】

細いサーフボードの特徴

サーフボードを構成する基本要素とは

サーフボードは、様々な要素で構成されています。

一枚のサーフボードを構成する基本要素は以下のようになります。各詳細は過去記事にまとめているので、参考にしてください。

サーフボードが細いと得られる利点とは

サーフボードが細いと得られる利点まとめると、以下のようになります。細いということは、サーフボードに長さがあるということでもあります。

レールの切り返しが早くなる

細いサーフボードの反応は早いです。足のつま先、かかとからレールまでの距離が短くなるため、素早くレールを水中に入れることができます。

細いサーフボードの最大の利点

機敏性が上がる

細いサーフボードは高い機敏性を持ちます。レールからレールの切り替えを素早く行うことができます。

ターン時のサーフボードのしなりが大きくなる

サーフボードが細いと、若干ですがしなりやすくなるため『ターン後の伸び』が大きくなります。

弓のようにしなったサーフボードが、元の形状に戻ろうとする力がターン後の加速感を生み出します。

細いサーフボードの特性を生かしたサーフィンとは

細いサーフボードの欠点

不安定になる

細いということは、ぐらつきやすいということです。

スピードをつけることが難しい小波でのサーフィンでは、『細いサーフボード』の扱いが難しくなります。

スピードがあれば、細いサーフボードでも安定感のあるサーフィンができます。

ガンボードと呼ばれる細く長いサーフボードは、巨大な波でのサーフィンに使用されます。波のサイズが上がると、スピードを得ることが容易になるからです。

ターンの最少半径が大きくなる

サーフボードの細さは、レール形状に直接関係があります。

サーフボードが細いということは、直線に近いレール形状を持つということです。直線に近いレール形状を保ったサーフボードは、半径の大きなターンが可能になります。

【関連記事】レール形状の違いがサーフィンを変える【サーフボードシェイプの基礎知識】

サーフボードの幅について理解すればサーフィンは上達する

まとめ

サーフボードには、たくさんの種類があります。分厚いサーフボードから、極端に薄いもの、幅が広いもの、狭いものなど形状のパターンは無限大です。

重要なのは『サーフボードの特徴』を理解し、その日の波に適したサーフボードを選ぶことです。

各形状が与える性質について理解を深めれば、自分の理想のサーフボードと出会う近道になること間違いなしです。

【関連記事】波がない!そんな時に実践したい小波サーフィンとお勧めのサーフボード




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。