リーフブレイクや岩場でサーフィンをする際に気をつけたいこと

先日、岩場でサーフィンをしてきました。初めてのサーフスポットで右も左もわからず、ローカルの人から注意点を聞いた […]

最終更新日:2018年5月13日

先日、岩場でサーフィンをしてきました。初めてのサーフスポットで右も左もわからず、ローカルの人から注意点を聞いた後に入水しました。

波が割れるすぐ先に岩場があったので、恐怖を感じながらのサーフィンでした。

リーフブレイクでのサーフィンには危険が伴う

岩場やリーフでサーフィンする場合、ビーチブレイクのサーフスポット以上に気をつける必要があります。

正しいワイプアウトやプルアウトのやり方を知らないと、時として大きな怪我につながってしまいます。

今回の記事は、『岩場やリーフブレイクでサーフィンをする際に気をつけたいこと』をまとめました。

危険度が高いサーフィンの場合、自分の実力を過信しないことが大事

無理をしない

まず一番大事なことは、『岩場やリーフブレイクでのサーフィンの心構え』を持つことです。

波のサイズが大きすぎる時は・・・

自分の実力以上の波が割れている場合は、サーフィンをするのを諦める勇気も必要です。

サーフィンに、無理は禁物です。特に岩場やリーフブレイクのサーフスポットでは、自分の実力を過信しないようにしましょう。

危険を感じたらサーフィンを諦める

ワイプアウトをできるだけ避ける

岩場やリーフでサーフィンをする場合、ワイプアウトはできるだけ避けるようにしましょう。どうしようもない状況以外では、できる限り波からプルアウトするべきです。

危険な状況に陥りそうであれば、ライディングを最後まで完結させず、波の裏側へ逃げましょう。

ワイプアウトしそうになったら必ず頭を保護すること

頭からワイプアウトすることは、怪我に繋がることがあります(アイランドプルアウトは別です)。

どうやってワイプアウトすればいいの?

手や足を伸ばすのではなく、体全体を丸めて頭を保護することが重要です。この場合、手や足の傷を防ぐことはできませんが、体の重要なパーツを保護することができます。

また体をしっかりと丸めることで、脊髄にかかる衝撃を少なくすることができます。

※アイランドプルアウトとは

ノーズや頭から波のフェイスに突っ込み、波の裏側に出るプルアウト方法です。チューブやバレル、ダンパーになった波の中で、岸側に抜けられない際に行います。

ワイプアウトした後の行動に注意

ワイプアウト後に水面に上がる際に、バタ足をする癖があるとリーフブレイクや岩場で足を切ってしまいます。その際は、手を使って水面に上がるようにすると足を切らずに済みます。

インサイドに入りすぎないようにする

リーフや岩場でサーフィンをする場合、インサイドに入りすぎないようにすることも重要です。

どうしてインサイドが危険なの?

ホワイトウォッシュに乗って岸側まで近づきすぎてしまうと、危険な場所に取り残されてしまう可能性があります。

リーフに囲まれて、浅瀬でパドルもできない状況に陥ってしまうと大変危険です。リーフや岩場では、状況に応じてライディングを終えることがとても大事です。

波の前側(岸側)でライディングを完結させずに、『波の裏側』まで行くようにしましょう

浅瀬にいる場合はダックダイブをしない

浅瀬で深く潜るダックダイブをすると、サーフボードがリーフや岩場に当たってしまうことがあります。

じゃあどうすればいいの?

どうしてもダックダイブが必要な場合は、レールを掴まずにデッキ部分に手を置きましょう。リーフブレイクの浅瀬でレールを掴んでダックダイブを行うと、手を切ってしまうことがあるからです。

サンゴ礁(リーフブレイク)でのサーフィンを楽しむために必要なこと

タイド(潮の満ち引き)に気をつける

リーフや岩場でサーフィンをする際に気をつけたいのが、『タイド(潮の満ち引き)』です。

その理由は、海底までの深さが変わるからです。深さが浅くなると、海底に叩きつけられる可能性が上がります。

サーフスポットの下調べが大事・・

鋭いリーフや岩場でサーフィンをする際には、タイドの時間を必ずチェックするようにしましょう。

サーフスポットによってはロータイド(干潮)がベストコンディションの場合があります。リーフや岩場で干潮時にサーフィンをする際は、ローカルの人に注意点を確認するのが懸命です。

安全第一でサーフィンしよう

入水前に波の割れ方を注意深く観察する

サーフスポットに到着したら慌てて入水せずに、しばらく注意深く観察しましょう。

他のサーファーが選ぶ波を観察し、危険のない波を知る必要があります。安全を確認し、いざという時にどうするかをイメージしてから入るのが大切です。

他のサーファーをよく観察して、安全な波の選び方を理解しよう

リーフブーツを着用する

リーフや岩場でサーフィンをするときに、重宝するのがリーフブーツです。

足を保護してくれるので、入水の際に足の裏を切ることがなくなります。

裸足でサーフィン派の人も多いとは思いますが、はじめてのサーフスポットの場合はリーフブーツ着用をお勧めします。

まとめ

危険なサーフスポットであったとしても、目の前にいい波があれば入水したくなるのがサーファーの心情です。

波のサイズが小さかったとしても、用心するのに越したことはありません。もちろん、リーフや岩場でのサーフィンでなくても、様々な危険が潜んでいることを忘れないようにしましょう。

世界にはたくさんのサーフスポットがあります。

大きい波に挑戦したい人、バレルやチューブライドに夢中な人、ロングライドが好きな人全てに共通すること、それは『いい波に乗りたい』という強い気持ちです。

それぞれのサーファーに好きな波のタイプがあり、僕たちのサーフスポットに対する探究心は尽きることがありません。いまも世界のどこかでサーファー達が、『波という宝物』を探し続けています。それはお金でも名誉でもありません。

ただの『波』です。

シンプルです。

だからこそ、僕たちはサーフィンにこんなにも夢中なのかもしれません。僕はサーフィンと出会えたことに、本当に感謝しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。いつの日か世界のどこかのサーフスポットで会いましょう。

【関連記事】オススメの海外サーフトリップ先45選【海外でサーフィンを楽しむ方法】




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。