波がない時は小波サーフィンを楽しもう

小波でもサーフィンはできます。 小波でサーフィンの練習をすると、上達が早くなります。 サーフィン上達の1番の秘 […]

最終更新日:2018年5月13日

小波でもサーフィンはできます。

小波でサーフィンの練習をすると、上達が早くなります。

サーフィン上達の1番の秘訣は『海に通うこと』だからです。海に通い続ければ、サーフィンは上達していきます。これは単純に、海に通うことが波に乗れる回数に比例するからです。

小波だとしても海に通うことが大事

初心者の時に、パワースポットを探しながらサーフィンをするのは至難の技ですが、適正浮力のサーフボードを選ぶことで波に乗ることができます

どうすれば小波に乗れるの?

小波に適したサーフボードを選択し、上達の近道をしましょう。

小波の場合、大抵のサーファーは『小さくて無理』と諦めてしまいます。

そこに上達のチャンスがあります。入れるか入れないかの微妙なラインであったら、海に入るべきです。そのチャンスをできるかぎり掴むことで、サーフィンが上達していきます。

小波サーフィンの利点

  • 小波は技術の落とし込みに最適
  • 波のパワースポットを探す技術が向上する
  • テイクオフの技術が高まる

波予報を鵜呑みにせずに海に通えば極上の波と出会える

小波でサーフィンするためのサーフボードとは

小波でのサーフィンの練習には、小さい波に適したサーフボードに乗ることが必要です。

小波用サーフボードとは、一般的に以下のようなサーフボードを指します。

  • 浮力がある
  • 幅が広い
  • ノーズ部にボリュームがある
  • レールが厚い

浮力のあるサーフボードで波に乗れる回数を増やせば、ショートボードでのサーフィンに必ず活かすことができます。

【関連記事】悩んでいる初心者にファンボードをオススメする理由【サーフボード選び方ガイド】

小波でテイクオフの技術が高まる

小波でサーフィンの練習をすると、テイクオフの技術が向上します。

小さい波でのテイクオフには、『波を見極める力』が必要不可欠です。

小波サーフィンで波を見極められるようになる?

小波での練習を繰り返すことで波を見極められるようになり、簡単にテイクオフできる場所を探せるようになります。

小波での練習で得た技術は、サイズが大きくなった時に必ず役に立ちます。

でかい波に挑戦することだけがサーフィンではない

小波でも大活躍するサーフボードの種類

小波サーフィンにオススメしたいサーフボードは以下のようになります。

ファンボード

ファンボードなら、サーフィンをするための十分な浮力を得ることができます。小波用に一枚は持っておきたいサーフボードの1つです。

ファンボードって初心者用じゃないの?

ファンボードは、上級者でも楽しむことができます。

また、初心者でも容易に波に乗ることができるのが、ファンボードの大きな利点です。小波で練習して、技術の向上を目指しましょう。

【関連記事】悩んでいる初心者にファンボードをオススメする理由【サーフボード選び方ガイド】

小波に適したサーフボードを選ぶことが大事

ロングボード

小波を乗るための究極の道具とも言えるのが、ロングボードです。

ロングボードなら、1フィートの波にも乗ることができます。ロングボードに乗れば、小波でも『波に乗る楽しさ』を最大限に感じることができます。

 

【関連記事】ロングボードでサーフィンを始める利点【初心者のためのサーフボード選びガイド】

ロングボードやファンボードを選択することで小波でもサーフィンを楽しむことが可能

フィッシュ、オルタナ系のサーフボード

フィッシュやオルタナ系のサーフボードの特徴は、短い長さであっても十分な浮力を得られることです。力のない小波でも、サーフィンができます。

オルタナ系と言われるサーフボードは、『幅が広くレールが厚い』のが基本で、小さい波でも十分なパフォーマンスを発揮できます。

フィッシュやオルタナ系のサーフボードを購入する場合は、浮力が高めのものを選択することをお勧めします。

【関連記事】フィッシュ系のサーフボードで得られる利点【初心者のためのサーフボードガイド】

小波にオススメのフィンセッティング

トライフィン(3枚のフィン)よりも、ツインフィンやクアッドフィンのセッティングが小波に適していると言えます。

ツインフィンやクアッドフィンセッティングは、容易にスピードを得ることができます。

どうしてスピードが出るの?

スピードが早くなる理由は、センターフィンがないことにあります。

センターフィンがなければ、サーフボード滑走面を走る水流の流れが良くなり、小波でもスピードをつけることが可能になります。

【関連記事】ツインフィンとは?【サーフィンのフィンセッティング入門】

まとめ

サーフィンがうまくなりたいのであれば、海に足を運ぶ必要があります。

海から遠くに住んでいる場合だと、何時間もかけて通い続けることは大変なことです。しかし、サーフィンは海に通わなければ上達しません。

波がたとえ小さくても、海に足を運ぶことをお勧めします。波が小さい時に基本的な動作の確認をしましょう。そうすれば、波が大きくなった時にも気持ちに余裕を持ちながらサーフィンができるはずです。

小波でのサーフィンは楽しいです。ワイプアウトも辛くないので、純粋にサーフィンを楽しむことができます。

その小さな積み重ねが、上達の第一歩です。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。