レール形状の違いであなたのサーフィンが変わる【サーフボードシェイプの基礎知識】

サーフィンをする上で『レール形状』の話は避けては通れません。 今回の記事は、直線的なレール形状と丸みを帯びたレ […]

最終更新日:2018年5月12日

サーフィンをする上で『レール形状』の話は避けては通れません。

今回の記事は、直線的なレール形状と丸みを帯びたレールの違いについて説明します。

レールの形状は、『加速性能』と『操作性』に大きな関わりがあります。

丸みがあるシェイプのサーフボードは『操作性と回転性』、直線に近いレールを持つボードは『直進性と推進力』に優れています。

簡単に説明すると?

二つのサーフボードをイメージしてください。一つ目は、『完全な円盤型のサーフボード』、もう一方は、『細長い長方形型のサーフボード』。

二つのサーフボードの性能の違いは、すでに頭に浮かんでいるはずです。

どちらのサーフボードが、動かしやすいですか?

どちらのサーフボードが、直進性能が高いでしょうか?

その答えはとても簡単です。

円盤型は回転性能が高く、長方形のサーフボードは直進性が高くなります。サーフボードの

サーフボードのシェイプについて。レール形状の違い

直線なレール形状のサーフボードの特徴

直線的なレールシェイプを持つサーフボードは『直進性と推進力』が優れています。スピードが上がる理由の一つは『波と接する表面積が多い』からです。

直線に近いレール形状のサーフボードの欠点は?

直線に近いレールを持つサーフボードは、ターン性能がどうしても下がってしまいます。

レール形状を理解するとサーフィンが上手くなる

丸みを帯びたレール形状のサーフボードの特徴

丸みを帯びたシェイプのサーフボードは、『ターン性能重視』です。

丸みを帯びたサーフボードシェイプは『レールを水中深くまで沈めること』ができます。それにより、サーフボードをさらに傾けられ、『角度のあるターン』がしやすくなります。

そのほかの利点は?

レールを切り替える際やピポットターン時、水中から受ける水の抵抗(摩擦)が少なく、方向転換が容易になるのも利点の一つです。

【関連記事】サーフボードの選び方ガイド【完全版】

まとめ

サーフボードの形状は、様々な要素で構成されています。悩みだすときりがないのですが、よく考えてみると単純なアイディアで決められることが多いです。

最初に紹介した円盤のサーフボードのように、極端に考えてみると面白い発見がたくさんあります。

それでもサーフボード選びが難しいのは、サーファーが完璧な形状の板を探し求めているからなのかもしれません。

納得のいかないパフォーマンスのサーフボードでも、長く付き合ってみると面白いフィードバックが必ずあります。

時には、『自分が絶対選ばないサーフボード』に乗ってみることも大事なことです。色々な種類のサーフボードを乗りこなすこと。

それだけで、あなたのサーフィンは劇的に変わるはずです。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。