【水温と時期別】サーフィン用ウェットスーツの選び方

適切なウェットスーツを選んでサーフィンを楽しもう 正しいウェットスーツの選び方を知るのは、サーフィンを楽しむた […]

最終更新日:2018年5月13日

適切なウェットスーツを選んでサーフィンを楽しもう

正しいウェットスーツの選び方を知るのは、サーフィンを楽しむためにとても重要です。水温が25度以下になると、『低体温症』になる可能性が出てくるからです。

『時期別に適したウェットスーツ』を探すのではなく、『サーフスポットの水温に適したウェットスーツ』を着用しましょう。

ウェットスーツの管理の仕方については、湘南ぺぺさんがわかりやすくまとめています。
ウェットスーツは洗い方とメンテナンスが大事!長く着るためのコツ

こちらが水温別のウェットスーツ着用目安です。

海水温(℃) 備考 適切なウェットスーツの厚み ブーツとフード
25℃以上  水着でもOK  不要 不要
22℃ー25℃  外気温が低い場合、スプリングのウェットスーツの着用が必要  2/2mm 不要
18℃ー22℃  スプリングのウェットスーツでも可、3/2mmが理想  3/2mm 不要
15℃ー18℃  4/3mmが理想的。3/2mmでも可だが外気温によっては寒い  4/3mm 不要
12℃ー15℃  ブーツが必要になる水温。5/3mmが理想  5/3mmか4/3mm ブーツ要
8℃ー12℃  ブーツとフードの着用が必要、ハンドグローブもあれば理想  5/3mmか5/4/3mm 両方
8℃以下  ブーツやフードも厚み5mm以上が必要。  6/5/4mm 両方

各地域、サーフスポット別の水温データはこちらのサイトで確認できます。

サーフィン波情報&動画BCMサーフ

なぜウェットスーツがサーフィンに必要?

サーフィンは、波待ちをしている時間が最も長いです。防寒対策を取らなければ、体はどんどん冷えていきます。

低体温症になるとどうなるの?

カレント(離岸流)に乗って沖に流されてしまったら、水温が20度でも体力を容赦なく奪い、最悪の場合は命にも関わってきます。

低体温症に関するデータを記載しておきます。

【関連記事】寒い海でレベルがあがる!冬サーフィンをするべきたったひとつの理由

注)インターネット上のデータを厳選していますが、体格や年齢、性別など個人差があるものです。あくまでも参考として御覧ください。以下のデータはウェットスーツの着用なしで、防寒対策を取っていない場合のデータになります。

海水温(℃) 意識不明までの時間 生存可能時間
0℃ 15分以下 45分
0ー5℃ 15ー30分 30ー90分
5ー10℃ 30ー60分 1ー3時間
10ー15℃ 1ー2時間 1ー6時間
15ー21℃ 2ー7時間 2ー40時間
21−27℃ 3ー12時間 3ー不定

 

サーフィンにウェットスーツは絶対に必要です

海水温と外気温の違いに気をつけよう

外気温の上昇に応じて海水温も上昇しますが、『時間差』があります。海水温の上昇には遅れがあり、実際の海水温に応じたウェットスーツ選びが重要です。

サーフィン前に海水温の確認をしましょう。

波を待っている間の風が体を冷やす

波を待っている間の風が、体を冷やします。冬季や春先など、風が強く吹いている場合は、厚めのウェットスーツを選んだ方が無難です。

波に関する基本知識はこちらの記事を御覧ください。

【関連記事】読んだだけでサーフィン初心者卒業!『波』の基本をマスターしよう

まとめ

サーフィンは自然と向き合うものです。どんな環境であれ、『海は怖い』という意識でいるべきだと思います。

正しい知識を身につけ、時期に適したウェットスーツを選んでサーフィンを楽しみましょう!

【関連記事】ウェットスーツ完全ガイド




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。