イギリスのサーフィン事情【有名サーフスポットと詳細】

イギリスと言われて、サーフィンを思い浮かべるのは難しいことです。サーフトリップ先に、あえてロンドンを選ぶ人も少 […]

最終更新日:2018年8月19日

イギリスと言われて、サーフィンを思い浮かべるのは難しいことです。サーフトリップ先に、あえてロンドンを選ぶ人も少ないはずです。

実際には、イギリスでもサーフィンはできます。周囲を海に囲まれているイギリスにはいくつかのサーフスポットが点在しています。

今回の記事は、イギリスのサーフィン文化についてです。

【関連記事】スリランカのサーフトリップ情報【各サーフスポット詳細と旅行前に知っておきたいこと】

イギリスの有名なサーフスポットは?

コーンウォール・ニューキー

有名なサーフスポットが点在しているのは、コーンウォール(Cornwall)です。イギリスの最南に位置する大きな半島は、南西からのスウェルを中心にピックアップします。

特に有名なのはどこ?

その中でもニューキー(Newquay)と呼ばれる場所は、イギリスサーフィンの中心と呼ばれています。西側を向いた海岸線は、年間を通じてスウェルをキャッチします。

ニューキーの『The Cribbar』と呼ばれるポイントは、ビッグウェーブになっても波をホールドできることで有名です。

コーンウォール・ポースレーヴェン

こちらの動画は、コーンウォール(Conwal)にあるポースレーヴェン(Porthleven)というサーフスポットで撮影されたものです。

ポースレーヴェンは、南西からのスウェルをダイレクトにキャッチします。風が合えば、非常にいいコンディションでサーフィンを楽しむことが可能です。

イギリスに、バレルやチューブもできるの?

動画内でのコンディションは、素晴らしいライトハンドです。バレルが形成されていて、とても楽しそうなセッションです。

コーンウォール・ポルツェス

ポルツェス(Polzeath)は、イングランドの西海岸に位置するサーフスポットです。イギリスの西海岸側(コーンウォール地区)はサイズが上がることもあり、コンディションがいいと混雑します。

デボン・クロイドベイ

クロイドベイは、ショートボーダーが集まるポイントとして有名です。

コンディションがいいと、干潮時にはバレルも出現します。

ヨークシャー・ケイトンベイ

ケイトンベイ『Cayton Bay)は、イギリスの東海岸に位置するサーフスポットです。

初心者でもサーフィンができる場所はないの?

ケイトンベイから車で、北へ1時間弱走るとサルトバーン(Saltburn)と呼ばれるメローなポイントがあります。

フレンドリーなポイントとして知られており、初心者もサーフィンを楽しむことができます。

【参考元URL】Britain’s six best beaches for surfing

イギリスのサーフィン、ベストシーズンは?

10月から3月

イングランドのベストサーフシーズンは主に秋から冬です。冬にかけてサイズが大きくなる傾向なため、クオリティの高い波も楽しむことができます。

イギリスの夏はどうなの?

春から夏は波のサイズが小さくなる傾向にありますが、サーフィンは可能です。同時期は、サーフィンを学ぶのに最適だと言えます。

イギリスは四方が海で囲まれており無数のサーフスポットが点在している

寒さは?イギリスの海水温は何度?

イギリスでサーフィンをする場合、ウェットスーツは必須です。

イギリス・コーンウォールの水温は、真夏でも18度ほど。冬になると10度以下に下がることもあります。真夏でも最低2/3mm、できれば3/4mmのウェットスーツ着用が必要だと言えます。

イギリスの冬の水温はどれくらいなの?

冬の海水温は非常に低く(3月の平均水温は9度)、5mmのウェットスーツ着用が絶対に必要です。ブーツ、グローブ、フードも着用するべきです。海水温に対して正しいウェットスーツを着用することは、低体温症を避けるために非常に重要です。

注意点)間違った防寒対策でサーフィンをすると、命の危険があることも認識しましょう。サーフィンの前に必ず海水温の確認を行い、正しいウェットスーツを着用してください。

まとめ

イギリスに旅行に来た際、サーフィンができないかといろいろ調べました。

水温が低いためウェットスーツは必須ですが、運が良ければいい波に当たることもありそうです。

ロンドンをあえてサーフトリップ先に選ぶ人は、少ないと思います。ただ、イギリスに波があることは、仕事やワーホリなどの予定があるサーファーにとっては素晴らしいことです。

ロンドンからコーンウォールにあるサーフスポットまで、5時間あれば余裕で辿り着けます。

ロンドンに住んでいても、長時間ドライブを覚悟すれば日帰りでサーフィンに行くことは十分可能です。

防寒対策を怠らず、イギリスでのサーフィンを思う存分楽しんでください。

【関連記事】オススメの海外サーフトリップ先45選【一生に一度は行きたい旅先】




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。