サーフィンをする理由【波乗りにハマる瞬間の話】

サーフィンをする理由は、簡単で単純明解です。 ただただ、『波に乗りたいから』です。 それだけの理由で、サーファ […]

サーフィンをする理由は、簡単で単純明解です。

ただただ、『波に乗りたいから』です。

それだけの理由で、サーファー達はいい波を探し続けているのです。

サーフィンをしたことがない人からすると、なにがそんなに面白いのかわからないはずです。

『なんでサーファー達はそんなにサーフィンが好きなのだろう』

という疑問を持つのは、当然のことなのです。

サーフィンを始めたばかりの人たちも、同じように感じていることでしょう。

『どうしてそんなにサーフィンに夢中になれるのだろう』

そんな風に思っているはずです。

サーフィンは狩猟。サーファーは波のハンター

そもそも、波に乗ることがどうしてこんなにも面白いのでしょうか?

多くのサーファー達はまるで中毒のように、生涯をかけて波を追いかけ続けています。

  • もっとでかい波に・・・
  • もっといい波に・・・

そのスパイラルにハマったサーファーは、いい波に乗るために時間をかけることを『苦』としません。

例え話で説明して・・・

サーファーは、生きるために獲物を探し続ける野生動物のように、波を求めるのです。僕たちサーファーは、『波を追いかけるハンター』なのです。

本能が波を求めているのだとしたら、サーファーたちの異常なまでの『欲求』に対して説明がつきます。

『お腹が空いたから食べたい欲求』にとても似た感覚を、サーファー達は波に対して持っているのです。

やめたいと思うことはないの?

サーフィンをやめたいと思うサーファーは、いません。

波乗りをやめることは、『生きるために食べること』をやめるのに等しい行為だからです。すくなくとも、僕自身にとってはそうです。

何回ワイプアウトを繰り返しても、再び立ち上がります。その苦しみの先にある、あの光景を知っているからです。

一体全体なんのために・・

無限に広がり切れ続けていくあの波の先へ、サーフボードに乗ってたどり着きたいのです。

サーフィンにのめり込む瞬間っていつだろう

それでは一体全体、どのタイミングでサーフィンにのめり込むのでしょうか?

どの瞬間から、『もっと波に乗りたい』という単純な欲求を持つようになるのでしょうか?

それはいつやってくるの?

その瞬間は、『はじめて崩れていない波に乗ったとき』だと思います。白いさざ波でもホワイトウォーターでもない、純粋な波に乗ったときです。

99%のサーファーが、一番最初に乗った波のことを覚えています。それぐらい、『切れていく波にはじめて乗る』ということは衝撃的な感覚なのです。

サーフィンにハマる瞬間

波に乗る感覚ってどんなだろう・・・

波に乗った瞬間はまるで、空を飛んでいるような感覚です。

重力から解放されて、足先から『今まで感じたことがない感覚』に支配されます。

信じられないかもしれませんが、波に乗っている瞬間がスローモーションのように感じることもあるのです。

波に乗っている瞬間はまさに、『最高の体験』だと断言しておきます。

初めて本当の波に乗ったその瞬間から、誰もが『もう一度波に乗りたい』とガムシャラに思うようになるのです。

波に乗る感覚ってどんなの

サーフィンにハマる方法。どうやったら本物の波に乗れるのか

岸の近くのホワイトウォーターで練習している間は、まだまだサーフィンの本来の感覚を知らない状態です。

そんな練習ばかりしていても、サーフィンにハマる状態にはなかなかなりません。

波が崩れているホワイトウォーターに何回乗ったって、『サーフィンの本来の魅力』は知らないのと同じことなのです。

ホワイトウォーターに乗っているだけでは意味がない

どうやったらサーフィンにハマれる?

少しだけ沖に出て、切れていく波に乗ること以外、サーフィンにハマる方法はありません。

ホワイトウォーターになる前の、ちゃんとした波に乗るしかないのです。

沖に出る前に確認

沖に出る前に確認するべきこととは

もちろん沖に出る前に知らなければならないこともあります。

1つめは、サーフィンのルール。

2つめは、波。

3つめは、サーフボードの取り回しの仕方。

4つめは、サーフスポットの特徴。

少なくともこの4つは、しっかりと理解して身に付けておく必要があります。

そんなのどうでもいい。

自動車の運転で例えてみましょう。

岸の近くでホワイトウォーターに乗って練習するのは、運転免許証がないドライバーのようなものです。

教習所に通っている段階の、まだまだ車の運転ができないひと、そんなイメージになります。

サーフィンで沖に出るというのは、車で言うと初めての公道運転。このときドライバーが、車の運転もルールも全く知らない状態だったら大変です。

大きな事故を起こすか、だれかに大怪我を負わせてしまうかもしれません。

サーフィンも同じように、沖に出る前に最低限身につけるべきことがあるのです。

沖に出られるようになったら、『ホワイトウォーターになっていない切れていく波』を捕まえるだけです。

切れていく波を捕まえてそれに見事に乗った瞬間、あなたはサーフィンの虜になり、確実に『波乗り』にハマります。

その瞬間にあなたはサーファーになり、『波乗りハンター』の仲間入りを果たすのです。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。