サーフィンのカルチャーは変化し続けている。新しい時代を受け入れる覚悟の話

サーフカルチャーは、変化をし続けています。サーフスポットもそうですし、サーファーもです。

  • だれもいないサーフスポットだったのに、今はたくさんのビジターサーファーがいる
  • 昔は厳しい世界だったのに今は生優しい
  • いいバンクがついていたのに消えて無くなってしまった
  • ロングボーダーが増えたせいで波に全然乗れなくなった

簡単に周りを見渡すだけでも、サーフカルチャーは『変化』だらけです。でも結局のところ、そんな変化に対してできることはひとつだけです。

ただただ、現実に直面する変化を受け入れることしかできないのです。

変化に対応する以外、道はない

カルチャーが変わり続けるサーフィンの世界

変化に逆行しようとすると、怒りや苦しみが生まれてしまいます。

  • 昔はこうだったのに、全く最近のサーファー達はなってない
  • 秘密のサーフスポットだったのに、ビジターだらけになって腹が立つ
  • ロングボーダーが増えてるせいで、自分がのれる波が減ってしまった
  • だれかがsnsで投稿したせいで、まったく状況が変わってしまった

などなど、数え上げればキリがありません。

どういうこと?

昔にはなかったことが起こるのが、今この瞬間です。それを跳ね返そうとすればするほど、疲れてきてしまいます。

変わらなければよかったこともたくさんあるし、そのままの方が良かったこともあるのかもしれません。

でもすべてが、昔の方が良かったというわけでもないはずです。

いっそのこと、

『昔はこうだったけど今は変わった。それなら自分も変わって、一緒に楽しもう』

と受け入れたほうが、よっぽど健康的なように思えるのです。

そうすると、いままで自分を苦しめてきた『変化』は、追い風に変わってくるのではないでしょうか?

自分自身はそう信じて、変化を受け入れていきたいと思っています。

変化は悪いことではない

カルチャーの変化に対応するための方法

もちろん、僕は完璧な人間ではないので、ときどき腹が立つこともあります。

前乗りをされて放り出してきたサーフボードが、愛用する板にぶつかったらカチンとしてしまいます。

静かだったサーフスポットに、初心者集団で入ってこられるような『変化』に、嫌な気分になる時もあります。

それでも、嫌な変化にすったもんだするよりも、前向きに受け入れてすべてを許す姿勢でいたほうが、笑顔でいられるように思いませんか?

変化は悪いことではありません。悪いと思っている人がいるということは、その反面、救われている人だっているはずです。

そんなのどうでもいい。

自分本位で物事すべてを思うままにしたいのであれば、行く先にあるものは争いだけです。

変化を受け入れなければ戦争になる

たとえば、相手に脅迫じみたことをして、ローカルオンリーのサーフスポットから追い出すことはできるでしょう。

でもそれが結果として、他のサーファーの不満や新しい怒りを生み出すのです。

その先に何がある?

『自分達だけが良ければそれでいい』という単純な発想は、次の争いを必ず作り出します。

悪いのは、悪いことをしたひと、ひとりだけです。罰せられるべきなのは本来、その人だけであるべきではないのでしょうか?

悪い人が1人いるから、そのグループ全体を罰するという発想は、狂っているようにも思えてしまうのです。

グループに責任を負わせるべきではない

自分を正当化せずに他人を想う大切さ

ゴミを捨てたビジターがひとりいた

ビジターのせいだ

来週からビジターは全員禁止

駐車違反をしたビジターがひとりいた

ローカルを守らなきゃ

来週からビジターは全員立ち入り禁止

これも1つの例なのかもしれません。

考えてみればそれは、どこかの国が戦争を始めた理由と、まったく同じです。

核を保有しているテロリストがいるから、悪い国だ。国民全員が関わっているに違いない。さあその国と戦争を始めよう。

そんなふうに、自分が国全体を攻撃する理由を正当化するのです。悪いことをしたのが、もともと誰だったかなんてどうでもいいのでしょう。

その戦争の先にあった結末を、僕たちは知っているはずです。

カルチャーは、変わり続けています。それに伴ってサーファーの人数も、増え続けていくことでしょう。

それと一緒に、サーフィンの世界全体が変わるべきなのです。

その変化を受け入れるのか拒むか、どちらかを選択するかで、サーフィンの未来は大きく変わってくるはずです。

少なくとも僕は、そう思います。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。個人の写真はインスタグラムにて掲載しております。

 

ナミノリザンマイ限定アイテム

  • ロゴTシャツ・ブラック ¥3,600

    着心地がいい上質な生地を使用したオリジナルロゴTシャツです。

    このロゴには、『輸入されたものであるサーフィン』と『日本の文化』が、いい形で融合していくよう、願いが込められています。

    サイズ詳細

  •  ナミノリザンマイオフィシャルTシャツ ロゴTシャツ ¥3,000

    上質な生地を使用した、着心地がいいオリジナルロゴTシャツです。シンプルなデザインですが、強いメッセージが込められています。

    サイズ詳細