【おすすめサーフィン映画】フィッシュ:サーフボード・ドキュメンタリー

このドキュメンタリー映画を観たら、なぜか温かい気持ちになります。『サーフィンのスタイルは一つじゃない』というこ […]

最終更新日:2018年5月13日

このドキュメンタリー映画を観たら、なぜか温かい気持ちになります。『サーフィンのスタイルは一つじゃない』ということを再認識できました。

サーフィンは自由で、誰かのルールに縛られるものでもありません。

『Fish:Surfboard documentary』は、誰にでもお勧めできる素晴らしいサーフィン映画です。

【関連記事】代表的なサーファー6人から学ぶ【格好いいサーフィンのスタイルを身につける秘訣】

『フィッシュ:サーフボード・ドキュメンタリー』が初心者にもおすすめな理由

『フィッシュ:サーフボード・ドキュメンタリー』は、サーフィン初心者の方にも観てほしい映画です。サーフィンを始めたばかりの頃は、サーフボード選びに悩む方が多いと思います。

  • 初心者にフィッシュ系のサーフボードは向かない
  • 初心者はトライフィン
  • 初心者はショートボードに乗るな

など、様々な情報がネット上にあるからです。そう言った情報はすべて無視して、『自分が乗りたいサーフボード』を選ぶ選択肢もあります。

自分の乗りたいボードに乗っていいの?

もちろん、『初心者におすすめなサーフボード』は存在します。でも、『絶対』ではありません。

『サーフィンは自由』です。サーフボード選びも同じです。そんな大切なことを気がつかせてくれた、とてもいい映画でした。

【関連記事】サーフィン初心者がサーフボードを選ぶ前に知っておきたい7つのこと

初心者にオススメの『サーフィン映画』

『フィッシュ系のサーフボード』とは?

諸説ある『フィッシュ:サーフボード』の生まれ故郷や、発明者。映画内で、『フィッシュ:サーフボード』の歴史を知ることができます。

『サーフィンをもっと楽しみたい』という純粋な気持ちで生み出されたサーフボード。乗ってみたいと思いませんか? 

【関連記事】フィッシュ系のサーフボードで得られる利点【初心者のためのサーフボードガイド】

『ツインフィン』とは?

『ツインフィン』とは、二枚のフィンで構成されているセッティングです。詳しくは過去記事をご覧ください。

【関連記事】ツインフィンとは?【サーフィンのフィンセッティング入門】

まとめ《フィッシュ:サーフボードドキュメンタリー》

映画内に、様々な著名サーファーが登場します。サーフボードを語る時の目が、キラキラ輝いているのが印象的でした。みんなサーフィンが大好きだということが、伝わってきます。

サーフィンのドキュメンタリー映画として、絶対に残しておきたい作品です。まだ観ていない方は、ぜひご覧ください。

注意点)僕はこの映画を観た後、新たに『フィッシュ系のサーフボード』を購入しました。新しいフィンも買ってしまいました。それだけは伝えておきます。

Sale

フィッシュ:サーフボード・ドキュメンタリー [DVD]

  • ポニーキャニオン (05/17/2017)
  • Running time: 88 minutes
  • スキップ・フライ, ロブ・マチャド, デイブ・ラストヴィッチ, マーク・リチャーズ, ダン・マロイ
  • 日本語, 英語




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。