サーフィンに最適な陸上トレーニングがサーフスケートである理由【練習方法と効果】

今回の記事は、サーフスケート特集です。僕も一台持っていて、波がないときに遊んでいます。 まずはこちらの動画をご […]

最終更新日:2018年7月30日

今回の記事は、サーフスケート特集です。僕も一台持っていて、波がないときに遊んでいます。

まずはこちらの動画をご覧ください。サーフスケートがどんなものかわかると思います。

スケートがサーフィンに活かせるの?

サーフスケートは、サーフィンの陸上トレーニングとして最適だと言えます。

陸上練習は効果がないと言う方もいますが、サーフスケートはアメリカのナショナルサーフィンチームの練習に用いられているほどです。

サーフスケートを用いて正しい練習すると、サーフィン上達に確実に効果があります。

サーフスケートと通常のスケボーの違い

サーフスケートとスケボーの大きな違いは、『トラックのシステム』です。トラックとは板とウィール(車輪)の間にある金属でできた部品のことです。

サーフスケートの場合は何が違うの?

サーフスケートは、ベアリングを利用した特殊なトラックを使用しています。

 

サーフスケートの最も大きな特徴は、ベアリングの反発力が推進力に変わることです。

サーフスケートは通常のスケボーと比べると『不安定』です。

どうやったら安定するの?

安定してスケートをするためには、スピードがついていることが重要です。その点は、サーフィンに似ていると思います。

サーフスケートとサーフィンの違い

サーフスケートがサーフィンのトレーニングに適している理由

サーフィンとスケートボードは全くの別物です。スノボーができてもサーフィンができないのと同じことです。

コンクリートは波とは全く別物ですし、動くこともありません。

それなのにどうして陸上トレーニングとして適しているの?

サーフスケーどがサーフィンのトレーニングとして適している理由は、『イメージ練習を反復して行えるから』です。

サーフィンでは難しい、『同じ体の動作を繰り返すこと』がサーフスケートであれば可能になります。

スポーツの世界において、イメージトレーニングが高い効果を発揮することはすでに証明されています。

【参考になる記事】【運動と同じ効果!?】スポーツ選手が覚えておきたい「正しいイメージトレーニングのやり方」

それは、サーフィンでも同じです。サーフスケートを用いて、サーフィンのイメージトレーニングを繰り返すことができれば、確実に上達に直結して行きます。

サーフスケートの利点とは

サーフスケートなら反復練習ができる

サーフスケートの一番の利点は、何回も反復して練習できることです。

サーフィンは、波に乗らなければ動作の練習ができません。自分のしたい動作に適した波がこなければ、練習すらままならないのです。

スケートがあれば反復練習が可能。

サーフスケートであれば、自分のやりたい動作を反復して練習することができます。体の動かし方を学んだら、あとはサーフィンに落とし込むだけです。

サーフスケートの欠点

サーフスケートでは、変化する波に対して合わせていくタイミングが学べません。

サーフィンにおいて重要な要素である『波に合わせるタイミング』を学べないことは、サーフスケートの欠点です。

また、サーフスケートでは『レールを入れる動作』を学ぶことができません。

サーフスケートの体重移動は、サーフィンと似て非なるものです。華麗なターンがサーフスケートでできる人でも、サーフィンではできません。

どうしてできないの?

その理由は、レールを波に入れると言う動作が欠如しているからです。これは、サーフスケートとサーフィンの大きな違いだと言えます。

サーフスケートでは、『正しいレールワーク』が学べません。

しかし、腕の動きや目線の向きなどを、反復して『サーフィンの動作』を体に覚え込ませることができます。

サーフスケートで重要なのは、『サーフィンとは違うけど、活かせる事を探す』と言う気持ちです。そうすれば、必ずサーフィンの技術向上に落とし込んでいけます。

サーフスケートではレールが入れられない

サーフスケート練習方法論【サーフィンに活かすコツ】

サーフスケートの練習で最も重要なのは、『イメージをふくらませること』です。

腕の動かし方や目線など、実際にサーフィンしているときの気持ちになって練習することが大事です。イメージ練習は、スポーツ上達に大きく貢献します。

サーフスケートの陸トレをサーフィンに活かすコツは?

サーフィンと違う事を探すのではなく、サーフスケートから学べる事を探してみてください。自分のなりたいサーファーのスタイルをイメージして、サーフスケートしましょう。

ただ単純にスケボーをするのではなく、『波に乗っているつもり』になってサーフスケートを楽しんでください。

イメージを膨らませながらサーフスケートしよう

オススメのサーフスケートブランドはカーバー(Carver)

オススメのブランドはCarver(カーバー)です。値段は高めですが、ブランドコンセプトがしっかりしていて期待を裏切りません。

カーバーは、『サーフィンのためのスケートボード』と言うコンセプトを明確に打ち出しており、サーファー達も動画内で登場しています。

個人的に尊敬しているサーファー、ジェアド・メル(Jared Mell)も華麗にサーフスケートを乗りこなしています。

どれを選んだらいいのかわからない・・・

どのブランドか悩んでいるのであれば、『カーバー』にしてみてはどうでしょうか。きっと後悔しないはずです。

価格的に一歩踏み出せないのであれば、こちらのサーフスケートもおすすめです。

まとめ

サーフスケートができても、サーフィンはできません。

それでも、サーフスケートでイメージ練習を繰り返せば、何かしらのフィードバックを得ることができます。

その感覚をサーフィンに活かせるかどうかは、乗り手の心の持ち方ひとつです。イメージトレーニングは、効果絶大です。

頭の中で波を想像しながらサーフスケートをすると、波がないストレス解消にもなります。 波がないときは、サーフスケートを楽しんでみてください。

きっとサーフィン上達に貢献してくれるはずです。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。