トム・カレンの切れ味のあるサーフィンはまだまだ健在!【伝説のサーファー】

トムカレン(Thomas Roland Curren)は、カリフォルニア出身のサーファーです。1964年に誕生 […]

最終更新日:2018年5月13日

トムカレン(Thomas Roland Curren)は、カリフォルニア出身のサーファーです。1964年に誕生、現在は53歳になります(2017年時点)。

3度『ワールドチャンピョン』に輝いているトムカレン

トムカレンは、計3回ワールドチャンピョンに輝いています(1985年・1986年・1990年)。チャンピョンシップのイベントで、33回も勝利しました。

すごい記録のそのあとは?

その後、トムカレンの記録を破ったのは、ケリースレーターだけです。

父親は伝説のビッグウェイブサーファー

トムカレンの父親(Pat Curren)は、伝説のビッグウェイブサーファーでした。

父親からサーフィンを教わったトムは、みるみる上達し『サーフメディア』から注目されるようになります。

【関連記事】70年代を代表するレジェンドサーファーの1人、リノ・アベリラ(Reno Avellira)

トムカレンの『サーフィン』

トムカレンのサーフィンは力強く、流れるようなレールワークが特徴です。現在のパフォーマンスサーフィンに多大な影響を与えました。

現在のパフォーマンス型サーフィンの原点?

トム・カレンが、現在サーフィンの主流を作ったと言っても過言ではありません。

トムカレンと『音楽』

トムカレンは15歳から、様々な楽器を演奏するようになりました。

サーフィンのイベント等でのライブ活動を基本として、アメリカツアーも過去に行っています。

現在も音楽活動を続けています。

まとめ

トムカレンはまさに、『伝説のサーファー』です。

コンペティターとしてだけではなく、『フィッシュ系のサーフボード』や『フィンレスサーフィン』も見事にこなすトムカレン。

いつか、世界のどこかのサーフスポットで、お会いしてみたいものです。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。