乗れる波を見極める方法【サーフィンの基礎知識】

「きれいに割れてる波」って、どう言う波を指すのかわかりますか?サーファーがどんな波を狙ってテイクオフをするのか […]

最終更新日:2018年5月12日

きれいに割れてる波」って、どう言う波を指すのかわかりますか?サーファーがどんな波を狙ってテイクオフをするのか、知っていますか?

僕がサーフィンを始めたばかりの頃は、「われている波」がどういう意味なのか、全くわかっていませんでした。

サーフィンは、波に乗るものだとは知っていましたが、どのような波に乗るのかを知らなかったのです。それでは、上達するはずがありません。

サーフィンはどの波でするもの?

サーフィンは、割れていく波の上でするものです。今回の記事では、乗るべき波について書いています。サーフィンができる波についての理解を深めて行きましょう。

サーフィンをするのに理想的な波ってどんな波?

サーフィンができるのは割れていく波

サーフィンができるのは、割れていく波です。割れていく波とは、徐々に崩れていくもののことです。

ホワイトウォーターは、本来サーフィンができる波ではありません。できるだけ早い段階で、「割れていく波」に乗る練習に移りましょう。

ホワイトウォーターでも、サーフィンの練習はできます。

トリミングターンや、体重のかけ方を覚えたりと、学べることはたくさんあります。

でも、本来のサーフィンの波とは違うものであることを理解した上で、練習しなければなりません。

もう少しわかりやすく説明すると?

スノーボードで例えます。

リフト乗り場の前で、スノーボードの練習をしている二人の少年がいました。お互いに引っ張りあって「スノーボードの練習」をしています。

A君は、その練習を2時間ほどした後に、リフトで山頂に向かうことにしました。『斜面』を滑ってみたいと思ったからです。一方、B君は、平らな場所を利用して練習を続けることにしました。

波の斜面で練習をしなければ、サーフィンは上手くならない

二人は毎日、同じことを繰り返しました。一年後に上達しているのは、どちらでしょうか。

答えは、明らかです。上達しているのは、間違いなくA君です。なぜなら「スノーボードは斜面を滑り降りるもの」だからです。それと同じことがサーフィンにも言えるはずです。

サーフィンは、割れていく波の上でするものです。

ダンパー(一気に崩れる波)や、ホワイトウォーターでのサーフィンは、『割れている波の上で行うサーフィン』とは異なります。

それではさっそく、「割れてる波」について説明していきたいと思います。

『割れてる波』を見極めよう

最初に二枚の『波の写真』をみてください。

どちらがサーフィンに適した波かわかりますか? どちらが『割れてる波』でしょうか?サーフィンができる波はどちらでしょうか。

サーフィンができる波を生み出す

正解は1枚目の写真です。きれいに「割れてる」波です。この2つを見比べた時に、感覚的にわかるはずです。

ぐちゃぐちゃな波ではサーフィンができない?

2枚目の写真の波では、サーフィンができませんその理由は、同時に波が崩れてしまうからです。これでは、横に進む前にワイプアウトしてしまうことでしょう。

乗れる波を選んで横に走る

それではもう一度、1枚目の波の写真に戻ります。この写真の波を見た時、サーファーがどちらに向かって進んでいくのかイメージできますか?

サーフィンができる波を生み出す

この写真の場合は、サーファーは写真右側から左側へ移動していきます。

この波のことを、「ライトハンドの波」と言います。

サーフィンの基本の動き方

サーフィンは、崩れていない波の部分に向かって進んでいくのが基本です。その中で、ターンをしたり、自由にラインを描いていくのです。

割れていない波でサーフィンをするとどうなるの?

割れていない波で行うサーフィンは、下のイラストのようになります。この状況では右にも左にも行けないので、ライディングを終えなければいけません。

『割れていく波』がどう言う波を指すのか、わかってもらえたでしょうか。

『初心者必見』サーフィンの基本を学ぼう 

まとめ

今度サーフィンをしに行った時、まずは波をよく観察してみましょう。波の違いがわかるようになっていたら、それは成長の証です。

割れている波を見つけたら、「サーフィンの練習」を始めましょう。もちろん『サーフィンのルール』を守ることを忘れずに。

大事なのは、『乗れる波』が来るまで我慢することです。いい波が来たら全力でテイクオフに挑みましょう。

その繰り返しで、サーフィンは必ず上達して行きます。

サーフトリップジャーナル Vol.89[雑誌]

  • エイ出版社
  • Kindle版
  • Edition no. 0 (04/24/2017)
  • 日本語




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。