シングルフィンの魅力!シングルフィンサーフィンから学べること

シングルフィンとトライフィン(3つのフィンのセッティング)のサーフィンの感覚は、全くの別物です。 トライフィン […]

最終更新日:2018年6月4日

シングルフィンとトライフィン(3つのフィンのセッティング)のサーフィンの感覚は、全くの別物です。

トライフィンはがっちりと水面を捉え、ずれていく感覚がほとんどありません。

一方シングルフィンでは、少しでも油断するとずりずりとドラッグしてしまいます。シングルフィンの場合は、サーフボードのレールをしっかりと水中に食い込ませないとサーフィンができません。

シングルフィンで何を学べる?

シングルフィンでサーフィンを始めると、自然とレールワークを意識したターンが出来るようになります。

そんな風にレールワークを学べるのも『シングルフィンの魅力』の一つです。

【関連記事】シングルフィンでサーフィン・ラリーバートルマンに憧れて

シングルフィンの魅力を知ろう

フィンに頼らないサーフィンが出来るようになる

サーフィンをしている時、必ず左右どちらかのレール(サーフボードの側面)が水面に入っています。サーフボード左右両方のレールが同時に水面に入ると言うことはあり得ません。

サーフィンをしている時の『サーフボードと水面』を図で表すと以下のようになります。

シングルフィンのサーフィン、レールを使う トリフィンでのサーフィンは支点が多い

フィンはターンをするきっかけを与えてくれ、『支点』が多ければ多いほどターンは楽になります。

シングルフィンの場合は?

フィンが一つしかないシングルフィンの場合は、『ターンの支点』を作り出すために重心をより意識する必要があります。

『サーフィンの重心移動』をより早く学ぶことができるのも、『シングルフィンの魅力』です。

【関連記事】ショートボードのシングルフィンでサーフィン【動画あり】

波とリズムを合わせる大切さを学べる

シングルフィンでのサーフィンは、波に対して呼吸を合わせることが大事になってきます。

自らスピードをつけて、ターンを繰り返すサーフィンではありません。シングルフィンの場合、波の動きをよく観察し、自らを波に対して合わせていく必要があります。

シングルフィンの本質は?

シングルフィン・サーフィンで、『波とリズムを合わせること』を学ぶことができます。

まとめ

僕はシングルフィンのサーフボードが大好きです。直進している時の気持ち良さは、シングルフィンが一番ではないでしょうか。テイクオフをした後、大きなボトムターンで波のフェイスに戻ってくる瞬間も『シングルフィンの魅力』の一つです。

シングルフィンのサーフボードにまだ乗ったことがない方は、是非挑戦してみてください。きっとシングルフィンの虜になるはずです。

【関連記事】サーフボードの選び方ガイド【完全版】




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。