ボンザー・サーフボードの勧め【利点や特徴】

サーフトリップ用の貯金を崩し、ボンザーサーフボードをオーダーしました。 今回の記事は、『ボンザー』についてです […]

最終更新日:2018年5月13日

サーフトリップ用の貯金を崩し、ボンザーサーフボードをオーダーしました。

今回の記事は、『ボンザー』についてです。ボンザーの凄さや詳細について書いていきます。

ボンザーの役割と仕組み

ボンザーとは、『シングルフィン+2』のサイドフィンのことです。

ボンザーの役割は、『水流を整えて加速させる』ことです。

他のフィンだとどう違うの?

トライフィンとボンザーフィンはまったくの別物です。その違いは、ボンザー(サイドフィン)の役割にあります。

シングルフィンだけでは、とらえきれなかった水流のエネルギーを、小さいサイドフィンで後ろ方向に流していきます(下図参照)。そのエネルギーが、サーフボードの推進力になるのです。

ボンザーは、表面積が小さいので摩擦により抵抗が少ない。

ボンザーは、シングルフィンから進化した形です

シングルフィンが主流だった時代に、さらなるスピードを追い求めて、完成したのがボンザーです。

ボンザーが速い理由は?

ボンザー(サイドフィン)は表面積が少ないため、トライフィンのようなドラッグ(抵抗)を発生させません。

整えられた水流の力を利用して、サーフボードをどんどん加速させていきます。

ボンザーとは、非常にスピードが出るサーフボード

ボンザーの歴史

ボンザーは、1970年にキャンベル兄弟が開発しました。

フィンの歴史には諸説あり、『ボンザーはトライフィンの原型』であるという認識が多いです。確かにフィンが3枚あるボンザーは、トライフィンの原型とも言えます。

トライフィンの本当の原型は、『ツインフィン+1』の形だと思います。

シングルフィンからツインフィンに移行し、さらにセンターフィンを加えることによって生まれたのが『トリフィン』。

トライフィンは、ツインのパフォーマンス性を高めるために生まれた改良版です。

ボンザーのシステムはどうなの?

ツインフィンに移行する前に、シングルフィンを進化させたのがボンザー。ボンザーのシステムはあくまでも『シングルフィン+2』です。

【関連記事】シングルフィンの魅力!シングルフィンサーフィンから学べること

ボンザーの利点

  • シングルフィンよりも速い
  • ツインフィンより安定性が高い
  • トライフィンよりもターンの伸びがある
  • トライフィンやツインフィンよりもレールが入れやすい

ボンザーの欠点

ボンザーは、グラスオン(取り外し不可能なフィン)が一般的。サーフボードのデザインと非常に密接な関係にあるため、汎用性にかける。

ボンザーをお勧めしたいサーファーのタイプ

トライフィンの『ターン後の減速』が気になる方は、『ボンザー』をおすすめします。

ボンザーやツインフィンは、『ターン後の減速』がトリフィンより少ないです。しかし、ツインフィンを選ぶと『ルーズさ』が大きくなります。

ボンザーなら『サーフボードの操作性』を失うことなく、ターン後の加速を得ることができます。

【関連記事】サーフィン初心者がターンを最速で上達させるための5つの方法

まとめ《ボンザーの勧め》

ボンザーは、非常に優秀なシステムです。現在再び注目を集めているのも理解できます。開発当時は、サーフボード業界の歴史の波に乗れませんでした。その理由の一つに、『真似て作ることの難しさ』があったからです。

ただのフィンとしての役割ではなく、『水流を利用して推進力を生み出す』のがボンザーです。正しくボンザーサーフボードを作り出すためには、ボトムコンケーブのデザインを含め、シェイパーの技量や知識が必要でした。

1970年代の短くなっていくサーフボードの歴史にフィットしたのは、よりシンプルなデザインである『ツインフィン』でした。

トライフィンへと移り変わっていく時代も同様です。『サーフボードの操作性』が最も優れていたのが、ボンザーよりも『トライフィン』だったのです。当時の競技サーフィンはスピードではなく、トリフィンで得られる『操作性』を必要としていました。

現在はどうでしょうか?

ツインフィンや、シングルフィン、ミドルレングスなど、本来のサーフィンの楽しさを追求しようとしている人たちが、確実に増えて来ています。

トライフィンを中心とした『競技サーフィン』だけではなく、『自分のサーフィンスタイル』を模索できるようになったのは素晴らしいことです。

だからこそ、『ボンザー』の良さに再び注目が集まっているのかもしれません。

一家に一枚、『ボンザー・サーフボード』の購入をおすすめします。

【関連記事】フィン無しでサーフィン?フィンレスサーフィンの説明と動画




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。