サーフィンでバレルをメイクするコツ5選

今回は、自分自身の勉強も兼ねて、どうしたらバレルやチューブライドをゲットできるのか考察してみました。 バレルや […]

最終更新日:2018年10月31日

今回は、自分自身の勉強も兼ねて、どうしたらバレルやチューブライドをゲットできるのか考察してみました。

バレルやチューブライドを成功させることは、簡単ではありません。プロは簡単にバレルを抜けてきますが、一般のサーファーであれば大抵ワイプアウトしてしまいます。

ワイプアウトするのにどうしてチューブに入りたいの?

バレルやチューブライドは何回失敗しても、再度挑戦したくなるほどの魅力があるからです。

【関連記事】5分でわかるサーフィン16の魅力【サーフィンをこれから始める人へ】

バレルやチューブ内でサーフィンをするための基本的な流れは、以下のようになります。

  1. バレル(チューブ)に入る
  2. バレル(チューブ)の中でスピードをコントロールする
  3. バレル(チューブ)から出る

どれが一番難しいの?

この中で最も難しいのが、『バレル(チューブ)から出る』ことです。

ラインどりを間違えると、一気に波にもっていかれます。大抵の人は、バレルに入ってもワイプアウトしてしまいます。

プロは、ハイラインをキープしながら波に合わせた最適なライン取りをしています。

バレルの中でサーフィンすることはみんなが目標にしていることの1つ

バレルとチューブの違いはなに?

バレルとチューブは、基本的には同じです。ただし、海外ではバレルと呼ぶ事が多いです。チューブというと、サイズが非常に大きなものだと思われる事が多いです。

別名はあるの?

そのほかに別名として、『グリーンルーム』とも呼ばれます。

【関連記事】サーフィン用語リスト【英語・スラング・日本語訳】

バレルメイクする方法とコツ

度胸

バレルに入るためには、度胸が必要です。特に、バックドアからバレルにエントリーする場合、遅めのテイクオフが必要になります。

崩れてかかっているよく掘れた波に飛び込んで行くのは、勇気がいります。

また、バレルの中で、ライディングを途中でやめない事が大事です。

ほかにコツはないの?

崩れてくると思ったら、ついついプルアウトしてしまうのがほとんどだと思います。さらにその先へ向かうためには、ライディングをやめず出口に向かって加速して行く必要があります。

波が崩れてくると波の裏側に逃げてしまいますが、あと一歩踏み込んで行く勇気が必要です。

的確にスピードをコントロールする

バレルを抜けるためには、スピードが必要です。バレルの中でスピードをつけて行くのは、非常に難しい技術が要求されます。狭いスペースでアップスンを行うのはプロでも難しい事です。

また、スピードを出すためには前足荷重のライディングが重要です。

バレルやチューブの深く、奥側にいる場合は、スピードをできる限り出して出口に向かってライディングします。

チューブに入る前に抜けてしまう場合は?

その逆に、スピードが出すぎてしまった場合は、手を波に入れるなどして減速する必要があります。

大事なのは、波のスピードと合わせたライディングを行う事です。

前足でサーフィン?それとも後ろ足?【足への重心のかけ方を考察】

バレルやチューブの中ではスピードをコントロールしなければならない

最適なラインを描いて出口へ、高いコントロール技術が必要

バレルやチューブの出口に向かうためには、高い『コントロール技術』が要求されます。

ボトムにおりすぎたら、波をもろに食らってワイプアウトしてしまいます。その逆も同じで、高い位置でラインどりしすぎると波にサーフボードごともっていかれます。

ラインどりはどうやって決めるの?

出口に向かって行く過程で、ハイラインをキープしてバレルを抜けて行くか、ボトムに降りて行くかを判断する必要があります。

ハイラインをキープしてバレルから抜ける方法

バレルのバックドア(裏側)からエントリーする

バレルのバックドア側から、波の中にエントリーする方法です。下の写真をみると、サーファーの向かう方向の波が、バレルになろうとしているのがわかります。

崩れかかっているチューブやバレルに入る方法

ビーチブレイクでバレルをゲットするためには、この方法が最適だと思います。

この方法は、非常に掘れた(急斜面の)波でのテイクオフが要求されます。テイクオフしたら、ボトムに降りきらずにそのままバレルに入って行く必要があります。

ボトムに降りきる前にチューブ内へ

この時にレールがしっかりと波に入っていないと、ワイプアウトしてしまいます。

サーフボードのレールを掴んで、無理やり波に食らいつかせる方法もあります。動画内のジェイミー・オブライアンのようなにテイクオフができればいいのですが、見た目ほど簡単ではありません。

バレルが崩れる前にボトムに降りる

波が崩れて行くと判断した場合、ボトムに降りてワイプアウトするのを避ける必要があります。

どうやってチューブから出るの?

下の写真では、中央部の隙間からバレルの外に出ます。そのままライディングを続けても、波がクローズアウトすると判断をしたからです。

バレルやチューブ内をサーフィンする際は、一瞬の判断力が要求されます。経験が物を言いますが、常にイメージトレーニングをしておくことで実戦に生かす事ができます。

バレルライドしながら出口を探す

まとめ

頭ではわかっていても、なかなか成功させるのが難しい『バレルライド』。

だからこそ、成功した時の達成感は最高です。うまくいった時は思わずガッツポーズをしたり、声をあげたくなるほど嬉しい気持ちになりますよね。

僕のサーフィン人生では、バレルライドが成功したのは数えられるほどしかありません。波のサイズは小さかったですが、それでも最高の経験でした。

秒数で言ったら、本当に短い時間だったと思います。それでもまだ、鮮明にその瞬間のことを思い出す事ができます。

失敗例としては、過去に一度だけ、スタンディングバレルに入った事があります(0.1秒)。

でも、波の中に入った瞬間、一瞬で叩き潰されました。非常に強い衝撃とともに、海底に叩きつけられたのを覚えています。海底が砂だったので幸いでしたが、リーフブレイクだったら怪我をしていたと思います。

無謀な挑戦だったと反省しました。

自分の持つ技量以上が要求されるサーフィンは、危険が伴います。

許容範囲を超える波のサイズであれば、サーフィンを諦めることも大事です。大きな怪我は、今後のサーフィンライフにも影響を与えていきます。

とは言っても目の前でいい波が割れていたら、ついつい挑戦したくなるのが心情ですよね・・。

何はともあれ、サーフィンは最高です。

安全第一で、楽しめたらいいですね。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。