どれを選べばいい?サーフィン用ウェットスーツの種類と違い

ウェットスーツは、季節を問わずウォータースポーツを楽しむための必需品です。 購入を検討している方のために、『サ […]

最終更新日:2018年5月13日

ウェットスーツは、季節を問わずウォータースポーツを楽しむための必需品です。

購入を検討している方のために、『サーフィン用ウェットスーツの基礎知識』をまとめました。

今回の記事は、『サーフィン』『カイトサーフィン』『ウェイクボード』『ラフティング』『カヤック』等のウォータースポーツが対象です。

ウェットスーツの選び方

ウェットスーツの素材はネオプレン

ウェットスーツの素材は、『ネオプレン(合成ゴム)』です。伸縮性のある合成ゴム素材のことです。

どうしてウェットスーツは暖かいの?

ゴム内部にある、数え切れないほどの小さな気泡が、『断熱材』の役割を果たします。

環境に優しい天然ゴム素材のウェットスーツ

ネオプレン(合成ゴム)は、原材料が『原油』のため、環境に優しいとは言えません。

解決策は?

そこで開発されたのが、『天然ゴム素材のウェットスーツ』です。石油から作られたものではなく、植物ベースの天然ゴムで作られています。

サーフィン用のウェットスーツでは、『パタゴニア』が2008年から開発に取り組んでいました。

【Amazon】(パタゴニア)patagonoa ・ユーレックスウェットスーツ

【参考元URL】パタゴニア公式サイト

ウェットスーツの種類別ガイド

タッパー(トップ)

上半身のみをカバーするウェットスーツです。海パンや、水着だけでは肌寒く感じる際に使用します。

スプリングスーツ

上半身、下半身共にカバーされるウェットスーツです。

2mmの厚みのウェットスーツを総称して、『スプリングスーツ』と呼ぶことができます。半袖になっているものなど、組み合わせは様々です。

夏場でも、風が冷たい時などに使用できます。季節の変わり目にも、使用することが多いウェットスーツです。

下半身が全てカバーされているウェットスーツであれば、比較的高い保温性があります。

フルスーツ

全身がカバーされたウェットスーツです。年中、使うことも可能です。保温性が高く、使用率も非常に高いです。

どんな利点があるの?

体全体がウェットスーツで包まれるため、長時間サーフィンをしていても冷えてきません。海水温が低いサーフスポットなどでは、夏場でも活躍するウェットスーツです。

また、全身が保護されているため、『日焼け』や『クラゲ対策』にも適したウェットスーツだと言えます。

【関連記事】サーフィン中に青い色の電気クラゲに刺された!応急処置のやり方とクラゲ対策

ウェットスーツと水温

間違ったウェットスーツを選んでしまうと、『低体温症』に陥る危険があります。水温を基準として、ウェットスーツを選ぶことが重要です。

【関連記事】【水温と時期別】サーフィン用ウェットスーツの選び方

ウェットスーツはどうして暖かい?

ネオプレン内の気泡が、『断熱材』の役割を果たすため、ウェットスーツが体温を維持します。また、ウェットスーツと皮膚の間に侵入した微量の海水が、『保温の効果』を果たします。

注)ウェットスーツの種類にもよりますが、基本的には『海水を完全に遮断すること』が重要になります。

ウェットスーツを着ると動きにくい?

ウェットスーツを着ると、若干動きにくくなります。厚みがあると保温性が高くなりますが、動きにくさが増します。

『非常に薄いが保温性が損なわれず、伸縮性が高いウェットスーツ』が理想です。

各メーカーは、工夫をこらして日々改善に取り組んでいます。

ウェットスーツの厚さ表記の意味と暖かさの関係

基本的に、ウェットスーツは厚みが増せば増すほど、暖かくなります。

厚みが変わるのはどうして?

ダイビング用のウェットスーツは、一律の厚さのものが基本ですが、激しい動きが要求されるサーフィン用ウェットスーツは、『3mm2mm』というような厚さの表記がされます。

『3mm2mm』と言う表記の場合は、可動域の厚みを2mmにすることにより、『動きやすさ』を損なわないようにしています。

各パーツごとにウェットスーツの厚みを変えることで、動きやすく軽量で暖かい機能性が生まれます。

ウェットスーツの厚さについて

サイズ選びが非常に重要

ウェットスーツは、正しいサイズを選ぶことが大事です。間違ったサイズを選ぶと、ウェットスーツの機能が発揮されません。

大きすぎるサイズを選んでしまうと、ウェットスーツ内に海水が浸入します。

どのサイズがおすすめ?

必ずジャストフィットのものを購入してください。

僕は一度だけ、少しだけ大きめのウェットスーツを購入したことがあります(そのサイズだけセール中だった)。

そのウェットスーツを着て、波のサイズが頭以上の日にサーフィンに行きました。ひどいワイプアウトをした際に、海水がウェットスーツ内に大量に浸入し、浮かんでこれなくなったことがあります。

密閉型ウェットスーツの場合は、少し小さめのものを選んだ方がいいと思います。小さめのウェットスーツでも、何回かサーフセッションを行うことで馴染んできます。

肩幅がある方など、メーカーサイズ内で探すのが難しい方はオーダーメードのウェットスーツを検討してみてください。

ステッチがテープで保護されているウェットスーツ

ウェットスーツの内側の縫い目が、特殊テープで保護されているタイプです。

これらのウェットスーツは値段が張りますが、耐久性が非常に高いです。また『断水性』も上がります。

どんな種類があるの?

テープには、メーカーごとに様々な種類があります。

大事なことは、テープが剥がれてきたらなるべく早く補修することです。放っておくと破損部が広がり、せっかくのウェットスーツが台無しになってしまいます。

ウェットスーツの破損を見つけたら、できるだけすぐに修理に出しましょう。

ウェットスーツ内側のテープ

ウェットスーツの管理の仕方

ウェットスーツは、管理の仕方次第で寿命が大きく変わります。特にマリンスポーツの場合は、『海水』をしっかり洗い流すことが重要です。

海水を洗い流すことで、メインの素材である『ゴム』の寿命が伸びます。ゴムにとって、日光は大敵です。海水を洗い流した後は、ウェットスーツは陰干ししてください。

正しい知識を身につけて、できる限り長く使用しましょう。

【関連記事】ウェットスーツは陰干し?【長く使うための秘訣】

ウェットスーツ・ジッパー位置の種類

ジッパーの位置は数種類あります。

バックジップタイプのウェットスーツ

利点

一昔前まで主流だったタイプです。背中にジップがあり、利点としては着脱のしやすさが挙げられます。

欠点

チャックから海水が侵入することが多くなります。若干、動きずらいことが欠点です。着脱が難しく、肩の関節が柔らかくないとジッパーに手が届かない人もいます。

 

バックジップは着脱がしやすいウェットスーツ

チェストジップタイプ

現在主流のウェットスーツです。胸にジップがついているタイプです。着脱も楽で、人の手を借リル必要はありません。

よくない部分はないの?

欠点としては、首回りの縫い目がほつれてきやすいことです。何度も頭を通すたびに、縫い目の部分が少しずつほつれてきます。

チェストジップの場合、ウェットスーツを無理に伸ばすのは厳禁です。慎重にウェットスーツの着脱を行うようにしましょう。

ダメージを見つけたら、早めに補修するのも重要です。

チェストジップは非常におすすめ

ジッパーがないウェットスーツ『ZIp Free』

ジッパーがないタイプのウェットスーツです。

着脱が少ししにくいですが、チャックからの海水の侵入がなくなります。素材の進化や、ウェットスーツメーカーの努力により、着脱のしやすさは年々向上しています。

ジップフリーには、どんな利点があるの?

肩が動かしやすくなり、パドリングも楽になります。

『チャック部の破損』を避けることができるのが、最大の利点です。

【amazonで調べる】 RIP CURL e-bomb Pro Zip Free 4 / 3 mmウェットスーツ




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。