サーフィン用ウェットスーツの寿命を延ばす4つの方法

ウェットスーツは『陰干し』します。必ず日陰を見つけて干しましょう。直射日光は、ウェットスーツの素材や接着面など […]

最終更新日:2018年5月13日

ウェットスーツは『陰干し』します。必ず日陰を見つけて干しましょう。直射日光は、ウェットスーツの素材や接着面などにダメージを与えます。

サーフィンの後に水洗いして陰干しするだけで、ウェットスーツの寿命は大きく伸びます。

水洗いする

海水の塩分はウェットスーツの寿命を短くします。しっかりと塩抜きして、『陰干し』しましょう。

洗うのが面倒だな・・・

午後にもう一回入る予定でも洗うべきです。日頃からきちんと洗うだけで、寿命は大きく伸びます。

ウェットスーツは日陰で干しましょう

しっかりと吊るして乾かす

直射日光は厳禁です。ハンガーにかけて、しっかり乾かしましょう。車のボンネットや、サイドミラーにかけて乾かすのは良くないです。

急いで乾かしたいときはどうしたらいい?

早く乾かしたいときは、袖を優しく絞ってあげるだけで乾燥時間を短縮できます。

裏表をひっくり返して、乾燥させましょう。半日ほど時間が経過したら元に戻し、再度乾燥させます。

ウェットスーツ用のシャンプーを使う

毎回は必要ありませんが、長期間使用する予定がないときには、『シャンプー』の使用をお勧めします。

水洗いだけだとダメなの?

毎回、丁寧に水洗いをしているつもりでも、必ず『洗い残し』があります。『塩』をきちんと洗い流すだけで、『寿命』が長くなります。

【アマゾンで調べる】McNETT ウェットスーツ&ドライスーツシャンプー Wetsuit&DrySuit Shampoo ウエットスーツ専用洗浄剤

ウェットスーツは優しく洗おう

ウェットスーツは優しく脱ぐ

僕の場合がそうなんですが、ウェットスーツを脱ぐ際に乱雑になってしまうことがあります。

やさしい気持ちでウェットスーツを脱ぎましょう。

どこでウェットスーツを脱げばいい?

アスファルトの上で脱ぐのも厳禁です。脱いでいる最中に踏みつけてしまったら、ダメージを与えます。

僕の場合は、車のフロアマットの上でウェットスーツの着脱を行うようにしています。

【関連記事】【水温と時期別】サーフィン用ウェットスーツの選び方

まとめ

当たり前のことをきちんとするかしないかで、『ウェットスーツの寿命』に大きな違いが出てきます。

ついつい忘れてしまいがちなウェットスーツのケアですが、サーフィンあとにもしっかりと行うようにしたいところです。

海水を洗い流すだけでも大きな違いが出ることを、忘れないようにしましょう。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。