【波乗りの危険を知る】サーフィンで起こり得るケガ・事故の種類とそれぞれの対策

今回の記事では、サーフィンで起こり得る怪我について書いていきます。 人によっては、文章から恐怖を感じるひともい […]

今回の記事では、サーフィンで起こり得る怪我について書いていきます。

人によっては、文章から恐怖を感じるひともいるかもしれないので、注意して読み進めてみてください。

サーフィンに、『怪我』はつきものです。

どんなに避けようとしたって、大怪我をすることもありますし、運が悪ければ死んでしまうことだってあり得ます。

自分は小さい波しかやらないし・・・

ひざぐらいの小さい波でも、同じです。

初心者の方からしたら、『へいわ』に見えるのかもしれません。

でも実はサーフィンは、『死』と隣り合わせなのです。

脳震とう

想像してみてください。サーフボードが波に弾かれて、自分の頭に直撃したときのことを。

もしも、その衝撃が強くて意識を失ったらどうなるでしょうか?

すぐに溺れてしまう・・・

僕たち人間は、魚のように水中で息を吸うことができません。

例え意識を失っていたのが、30秒だったとしても、そこに待っているのは『死』なのです。

安全にサーフィンを楽しむために知るべきこと

自分は大丈夫。

それは、小さな波でも十分に起こり得ることです。小さい波だから、と油断をしていると、『自然から強烈なしっぺ返し』を受けることになります。

だからこそ、絶対に油断をしないでください。

だれもいない場所で、ひとりでサーフィンをするのはやめましょう。

周りに誰か仲間がいれば、溺れる前に助けてくれるかもしれません。

そして、もう一つ忘れてはいけないことがあります。それは、あなた自身が、『ひとごろし』になってしまう可能性があるということです。

むやみに、サーフボードを放り投げないでください。

なんでそれがいけないの?

あなたが投げ出したサーフボードが、小さい子供の頭に直撃したらどうなりますか?相手が大人でも同じです。

必死にサーフボードにしがみついて他人を守る、その義務があなたにもあるのです。

サーフボードを放り出すには非常に危険である

フィンによる切り傷

フィンは、海の上のナイフです。尖った先端は、簡単に体に傷をつけます。

ちょっとくらいの切り傷なら平気。

ほっぺたにフィンが刺さり、口の中まで貫通した仲間を知っています。フィンで頭を切り、意識を失ったひとも知っています。

波には、ものすごい力があります。

もしかしたら誰かが言うように、海には人を癒す力もあるのかもしれません。ただその反対に、命を奪う力も持っていることを忘れないようにしましょう。

もしもあなたがワイプアウトしたら、頭を腕で覆うようにして守ってください。

フィンは、凶器です。サーフボードも同じです。

サーフボード用のフィンは海の上のナイフ

溺れる

サーフボードのリーシュが切れてしまったら、どうなりますか?

リーシュが切れるなんてあり得るの?

リーシュや、それを結ぶための紐がきれるのは、日常茶飯事です。

そのサーフボードが波にさらわれたら、泳いで取りに行かなければいけません。岸まで一気に板が流されてしまうことも、十分にありえます。

あなたは泳げますか?

もしも泳げないのなら、おぼれてしまいます。そのまま沈んで、死んでしまうかもしれないのです。

泳げないけどサーフィンを始めたい。

もしも泳ぎが苦手なら、サーフィンを始める前に水泳教室に通いましょう。泳げるということは、サーファーにとって一番大切なスキルです。

それができないのであれば、サーフィンはするべきではありません。

泳げないサーファーはサーフィンをするべきではない

失明

他人のサーフボードの先端が、目に刺さるという事故は実際に過去に起こっています。

たまたま運が悪かっただけでしょ・・・

その次は、あなたに起こるかもしれません。

混雑しているサーフスポットであればあるほど、常に周りの状況を確認するようにしましょう。

ワイプアウト後に水面に上がるとき、手を最初に出すのも一つの方法です。どんな瞬間も、油断は禁物なのです。

ワイプアウトしたら手を先に出して水面に上がる

まとめ

死と隣り合わせ

それはサーフィンだけに限らず、どのアクティビティでも同じです。山登りだって、スノーボードだって、危険はいつもどこかに潜んでいます。

1番危ないのは、『自分は安全だ』と思いこんでしまうことです。

サーフィンをしている以上、100パーセントの安全は存在しません。それが嫌なら、やめる以外に道はないのです。

もちろん大怪我をしても、海に戻ることはできます。

もしかしたら、戻ったその日にまた大怪我をしてしまうかもしれません。

それが起きたとしても、何回でも海に戻りたくなる魅力が、サーフィンにはあります。

もしもそう思えないのなら、無理はしないでください。

それ自体も、決して悪いことではないのですから。


記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。