ワル文化とサーフィンの関係性【不良であることとサーファーでいることの共通点】

サーフィンには、『ワル』の要素が少なからずあります。どこか反社会的で、他の人とは違う方向へ連れっててくれる、そんな魅力があるのです。

どういうこと?

それは、学生時代にバイクを乗り回す感覚に似ています。まるでオリの中にいる感覚だった、学生時代を思い出してみてください。

自由や、希望を求めて、みなぎるエネルギーを発散する場所を探していたはずです。

僕自身が手にしたのは、バイクでした。たいした『ワル』でもないのにいきがって、格好つけて、16歳からバイクに乗っていたのです。

それとサーフィンにどういう関係が?

それと同じように、サーフィンには『自由』や『反抗』を表現できる魅力があります。

サーフボードを手にして自由を求めるのは、まさに『ワルのロマン』そのものだったのです。

サーフィンと不良の関係性について【ワルの生きがい】

サーフィンは爆発寸前の反抗心をぶつけられる場所

  • 社会に対する反骨心

そこに、『サーフィンのカルチャー』があるのではないでしょうか?

簡単に説明して

スケートボードのカルチャーも、それに似ています。ティーンネイジャーの爆発するような社会に対する反抗心が、『スケートボードのカルチャー』を作り出しているのです。

自由への渇望がサーフィンという出口へ向かわせる

他には?

人によってはそれがファッションであったり、ダンスのひともいるかもしれません。10代の頃は誰もが、無我夢中でなにかを探し、爆発寸前のエネルギーをぶつけるものです。

サーフィンも、まさにそうです。サーファーたちは、自分自身を爆発させる場所が『波の上』だったのです。

企業によって変えられるサーフィンのイメージ

  • 海に癒される
  • サーフィンはスポーツ
  • ビーチライフ満喫
  • ポジティブなイメージ

このようなサーフィンのイメージができたのは、最近のことなはずです。

どうしてそうなったの?

結局のところ、アンダーグランドなイメージのサーフィンを、複数の企業が利益のために、『日の当たる場所』へ引っ張り出してきただけなのではないでしょうか?

サーフィンのカルチャーが生まれる場所とは

それは良くないことなの?

もちろん、それ自体悪いことではありません。どんな形であっても、サーフィンを楽しむ権利は誰もが持っているからです。

ただ、それにどこか違和感を感じる人もいるはずです。

オリンピック競技化に反対したり、強烈なローカル色があるサーファーたちは、その流れに反抗しているのではないでしょうか。

どうしてそうなってしまうの?

自分と住む世界がまったく別の異質な人たちが、自分たちの縄張りを荒らしていく。

自分たちでは太刀打ちできない強烈な力が、他の人たちを動かしている。

そうやって誰かに、サーフィンのカルチャーが変えられてしまうのが怖いのかもしれません。

企業がサーフィンの文化を変えようとしている

フリーサーフィンは反抗心が生み出したカルチャー

想像してみてください。

スケートボードやサーフィンが、『学校の授業』になったときのことを。あるのは、サーフィンの授業だけで、英語も国語の授業もありません。

波乗りが当たり前になってしまう。

全員がサーフボードを持ち、どのようにしたらいい点数が取れるか、授業で教えられる世界です。ウェーブプールで、毎日同じ練習を繰り返しさせられ、サーフィンをやるように強制されるのです。

そんなサーフィンやスケートには、『反抗』や『自由』を表現する場所はもうありません。

アンダーグラウンドだからこそ生まれるカルチャーがある

誰かに採点されて、評価されてしまう世界になってしまう

そんなふうに自由が奪われてしまった世界では、もう夢を見ることができないのです。

そうなったら、サーフィンを止めることが、『唯一の反抗』になってしまうことでしょう。

学校に対する反骨心に満ち溢れる生徒たちは、下らないサーフィンやスケートの授業を抜け出すようになります。授業をさぼって、『科学の本や英語の勉強』に明け暮れることでしょう。

それが、僕たちサーファーの持つ、『反骨心』です。ただた だ単純に、『あまのじゃく』なのです。

まとめ

みんなと違う形のサーフボードを探したり、競技サーフィンから遠ざかるのは、『あまのじゃくな不良』でいるための手段なのかもしれません。

僕自身は、それが当てはまります。きっと、そういうことなのです。

誰もが一度は、『不良』であることに憧れたことがあるはずです。髪の毛を染めたり、バイクに乗ったり、ケンカをしたり、学生時代の思い出が蘇ってくるのではないでしょうか?

あなたにとっての、サーフィンの魅力とはなんでしょうか?

社会に対する反抗ですか?

それとも、『みんなと同じこと』がしたいからですか?


記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。個人の写真はインスタグラムにて掲載しております。

 

  • サーファーゼンインチキュウノビジターTシャツ ローカリズムTシャツ ¥3,600

    『ローカリズム』に疑問を投げかける、オリジナルTシャツです。

    サイズ詳細

  • グリーンルーム ¥3,600

    フロント側全面に、空中から撮影されたバレルライド中のサーファーの写真を転写しています。

    100%コットンで、着心地が良く耐久性にも優れています。

    サイズ詳細

  • ロゴTシャツ・ブラック ¥3,600

    着心地がいい上質な生地を使用したオリジナルロゴTシャツです。

    このロゴには、『輸入されたものであるサーフィン』と『日本の文化』が、いい形で融合していくよう、願いが込められています。

    サイズ詳細