サーフィンでよくあること14選【サーファーあるある】

今回は、サーフィンをしていたらよくあることを記事にしました。全部で14の『サーフィンあるある話』です。 サーフ […]

今回は、サーフィンをしていたらよくあることを記事にしました。全部で14の『サーフィンあるある話』です。

サーフィンとサーファーのあるある14選

スキンヘッドの外人サーファーと遭遇すると2割り増しで上手く見える

サーフトリップ先でスキンヘッドの外人と遭遇すると、『この人サーフィンがうまそうだな・・・』と思ってしまいませんか?

美しくパドリングをするその姿は、サーフィンの神様と呼ばれているケリー・スレーターのようです。そうすると、ついつい自分の波を譲ってしまいそうになるはずです。

波を譲ってあげた子供サーファーの方が自分よりサーフィンがうまい

サーフィンを純粋に楽しんでいる子供達には、波を譲ってあげたくなります。多少の前乗りがあったとしても、『子供だからしゃあないか・・』と仏のようになれるあなたがいるはずです。

でもその直後に、その子供がとんでもないスプレーを飛ばしていることに気がつくことでしょう。自分よりもサーフィンがうまい子供サーファーは、『波のもらい方』も超一流です。

子供サーファーが自分よりサーフィンがうまいのはよくあることの1つ

新しいサーフボードを友達に見せた時にもらえる感想は『速そう』か『楽しそう』

新しいサーフボードを友達に見せたときの感想は、『速そう』か『楽しそう』かのどちらかの類です。

『速そうな板ですね!』

『これは楽しそうだな』

『これは速いでしょ』

『これは遊べるね、楽しそう』

たくさんの友達に見せても、出て来る言葉は同じになります。

ローカルの先輩サーファーに『このあたりは昔の方がもっといい砂がついてた』と言われる

ローカルの先輩や年配の方と波が悪いときに海に入ると、『この辺りは昔はもっといい波があったんだけどな・・』と言うお話をしていただけるはずです。『砂のつき方が変わったな・・・』と遠い目で水平線を眺める先輩には、哀愁すら漂っています。

最高にいい波がきたときには、その先輩から『昔よりもこの辺は波が良くなったな・・・波が掘れあがってくる』といった感想をいただけるはずです。

サーフィンあるある

シングルフィンのロングボーダーは旧車が好き

シングルフィンのロングボードをスタイリッシュに乗りこなすサーファーは、旧車や古いものが大好きなはずです。

アレックス・ノストのインスタグラムに投稿されたコンセントやアートの写真を見て、刺激されている方も多いことでしょう。

ロングボーダーは旧車好きが多い

最後の波で見せた最高のパフォーマンスは、誰にも見られていない

最高のライディングが決まった時は、誰かに見ていてほしいものです。大抵の場合は、見て欲しかった波に限って誰にも見られていません。

最高のトップターンを決めた後、友達の方にちらりと目をやると、遠い沖の方を見ているはずです。

サーフィンあるある・最高のパフォーマンスは誰にも見られていない

何時間もかけてサーフスポットをチェックしたのに、結局一番最初の場所で入水する

友達同士でサーフスポットのチェックをすると、どこで入るか決めるのが難しくなります。

何個もポイントのチェックを終えた後に、最初の場所に戻って来るのは良くある話です。サーフスポットを選ぶときは、強い決断力が必要です。

サーフィンあるある・何時間もチェックしたのに最初のサーフポイントに戻って来る

前回のサーフトリップでワックスを忘れた友達は、次も持ってくるのを忘れる

『ワックスを貸してくれ』と頼んで来るその友達は、次のサーフトリップの時もワックスを忘れて来ることでしょう。ワセリンでも同様です。貸すよりも、持っているワックスを半分に折ってプレゼントしてあげましょう。

小学校の頃に、毎日のように隣の席の子に『消しゴムを貸して』と頼んだことがあります。その子は僕に、半分に折った消しゴムをプレゼントしてくれました。

ワックスをプレゼントしたら、その友達にとって忘れられない思い出になるはずです。

一時間だけ早く入水していた友達に『サイズがもう下がってきてるな』と言われる

やっとの思いで海に駆けつけると、一時間だけ早く入水していた友人に、『入った頃の方が波がよかったな。風が変わってきた』と言われるはずです。

あなたは『もう少しだけ早く入ればよかった・・・』と後悔することでしょう。

そしてその後入水してきた友達に、『風が変わってきた、朝の方がよかったよ』とあなたは言うはずです。

サーフィンあるある・サーファー編

みんなの前でワイプアウトした人が、ラインナップに戻った後にフィンのチェックを始める

予想外のワイプアウトをしてしまったサーファーは、おもむろにサーフボードをひっくり返しフィンのチェックを始めます。

フィンを見ながら首を傾げているそのサーファーを、あなたもどこかで見たことがあるはずです。

サーファーあるある・ワイプアウトの後にフィンのチェックを始める

友達が一人でサーフィンに行った場合、『波のサイズが2割り増し』になる

仕事でサーフィンに行けなかったときに、友達に波はどうだったか聞いて見てください。

『いやーセットで頭はあったよ』

『たまにオーバーヘッドもあったかな』

その波は、そんなにでかくなかったはずです。おそらくセットで肩ぐらいでしょう。

サーファー仲間は波の大きさを2割り増しに伝える

サーフボードのディングのほとんどは海以外で起こる

サーフボードのディングや傷のほとんどは、海以外で起こります。家の柱にぶつけてしまったり・・・。車から出すときに、ぶつけてしまうこともあるでしょう。

『最後にもう一本だけ』に30分以上かかる

最後の一本と決めてから、かれこれ30分ぐらい経ってしまうことはよくあることです。

たとえ最後の一本に乗れたとしても、納得がいかなければまた同じことを言い出します。『あともう一回だけ・・』と延長を続けると、日が暮れてしまいます。

次の『最後の一本』が来るまで30分以上かかる

足に小さい魚が当たるとパニックになりかける

小さい魚が足をつついて来た時、サーファーはパニックになりかけます。波待ち中に足に何かが当たるだけでも、ドキッとするはずです。

遠くで魚が跳ねたら、『あれ?今あそこに何かなかった?』と言い出します。

それは、サメではありません。小魚です。

まとめ

あるある話を聞くと、ついつい頷いてしまうものです。今回紹介した『サーフィンのあるある』はいかがだったでしょうか?1つぐらいは頷けるものがありましたか?

きっとみなさんも、それぞれの『あるある話』をお持ちなはずです。波を待ちながら、考えてみるのも楽しいかもしれません。

全てのサーファーに共通する『あるある』は、『サーフィンで人生が変わったこと』なのではないでしょうか。

  • 波に乗るために仕事を変えたり、住む場所を決める。
  • サーフィンをする時間を作るために、努力する。
  • サーフィンのために旅行先を選ぶ

サーフィンのためにしている行動1つ1つが、僕たちの人生を作り出して行きます。

サーフィンには、人の運命を変える力があります。そんなに夢中になれることがある僕たちサーファーは、最高に幸せだと思います。

【参考元URL】記事の作成にあたり参考にしたのは、『Rinsed Magazine』というインスタグラムのアカウントです。非常に面白いアカウントなので、興味のある方はチェックしてみてください。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。