現代のシングルフィンは最先端のサーフィンの世界だと思う理由【シングルフィンの乗り方考察】

サーフィンの世界では、クラシックなスタイルが注目されることがあります。 シングルフィンの重たいログに乗っている […]

サーフィンの世界では、クラシックなスタイルが注目されることがあります。

シングルフィンの重たいログに乗っている人を見ると、『クラシックだねー』と
いう人がいるのです。

厳密に言えば、それは『クラシック』ではありません。今や、シングルフィンは古びたスタイルでもなんでもなく、全く新しい最先端のサーフィンなのです。

ショートボードの世界では?

それは、短いサーフボードであっても同様です。

現代のシングルフィンサーフィンは、新しい波乗りの扉を開けようとしているのです。

シングルフィン・サーフボードに乗っただけではクラシックなスタイルにならない理由

確かに一見すると、古いとされてきたシングルフィンに乗っていることもあり、それを『昔のスタイル』だと思うのは当然だと言えます。

90年台のトライフィン・ショートボード黄金期を見てきた世代からすれば、尚更なはずです。

でも、冷静に考えてみてください。

乗り手であるサーファーは、『現代人』です。エアをメイクしたり、ショートボードが技術的に成熟しているのを知っている人たちなのです。

シングルフィンサーフィンこそが最新で最先端のサーフィンである理由

どうしてシングルフィンが最先端?

多くのロングボーダーは、波が大きいときは短いサーフボードを華麗に乗りこなします。

ライアンバーチや、ハリソンローチがその代表例でしょう。彼らのシングルフィンロングボードも見事ですが、ショートボードでの体の動かし方も熟知しているサーファー達なのです。

その知識と技術は、確実にシングルフィンサーフィンに活かすことができるものです。

それに加えて新しい世代は、ツインフィンやトライフィンの歴史の歩みも知っています。

  • シングルフィンしかなかった時代のサーファー
  • ツインフィンやトライフィンも選択肢にあるけど、シングルフィンを選ぶサーファー

この二人のサーフィンがまったく別のものになることは、想像がしやすいはずです。

シングルフィンに乗っている人たちは、『過去の波乗りの世界』に戻ろうとしているのではありません。

サーフィンの未来を、現在進行形で作り出しているのです。

シングルフィンの常識は覆され続けている

パフォーマンスサーフィンに精通している人が、シングルフィンに乗っている動画がこちらです。

この動画からもわかるように、サーフィンは常に進化をし続けています。

シングルフィンは欠点があるんじゃないの?

確かに欠点もありますが、多くの利点があることを忘れてはいけません。

シングルフィンのサーフボードには、多くの『迷信と常識』のようなものがありました。

この動画を見れば、シングルフィンの可能性を狭めてるのは、『一般常識と思い込み』であったことがわかるはずです。

しっかりとサーフィンさえできれば、シングルフィンでもこんなパフォーマンスができるのです。

昔のサーフィンに帰っているのではなく新しい波乗りの未来を作っている

70年台のサーフボードは、とても分厚いです。その当時には、その時代のサーファーの、素晴らしいスタイルや乗り方がありました。

マークリチャードや、ラリーバートルマンなどのスタイルもそうです。

このサーフボードにいま乗ったらどうなる?

サーフィンの歴史を見てきた今現在のサーファーが、70年台の分厚いサーフボードに乗れば、まったく新しい乗り方になります。

それこそが『波乗りの進化の瞬間』であり、次の歴史が開いていくときなのではないでしょうか?

こちらが、現代のサーファーが古い70年台のサーフボードに乗っている動画です。

この動画を見て、なにを思いますか?

未来の波乗りの形でしょうか?それとも、70年台のサーフィンを見ているように感じましたか?

未来のサーフィンを作るのは、新しいサーフボードでも最先端のフィンでもありません。

未来は、今を生きるサーファーの手の中にあると、僕は思うのです。

ビッグ・ウェンズデー(字幕版)
  • Warner Bros. Entertainment Inc. (11/26/2013)
  • Running time: 119 minutes
  • ジャン=マイケル・ヴィンセント, ウィリアム・カット, ゲイリー・ビジー
  • 英語, 日本語

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。