オフショアとオンショアの違い【サーフィンに風向きが大事な理由】

サーフィンをするのに理想的な風向きは『オフショア』です。 僕がサーフィンを始めたばかりの頃、オンショアでぐちゃ […]

最終更新日:2018年5月12日

サーフィンをするのに理想的な風向きは『オフショア』です。

僕がサーフィンを始めたばかりの頃、オンショアでぐちゃぐちゃの波で練習をしていました。ベストコンディションではないので、もちろん混雑していません。「空いてるな、ラッキー」と思っていたぐらいです。

サーフィンの基本で、一番大切なことは波について知ることです。

波のベストコンディションのために必要不可欠なこと、それはオフショアの風です。

オフショアの風とは、陸から海の方向に向かって吹く風のことです。

それぞれの違いは?

  • オンショア=海から陸に向かう風
  • オフショア=陸から海に向かう風

こちらのサーフィンの写真をご覧ください。波しぶきが、波の裏側へ向かって吹いているのがわかりますか?

これが『オフショアの風』です。

オフショアを知ればサーフィン初心者の上達が早くなる

オンショアとオフショアの違い

厳密に言えば、スウェルディレクション(波の方角)や海溝の構造にも左右されますが、オンショアの波の写真はこちらになります。

サーフィンのコンディション、オンショアの写真

波がぐちゃぐちゃで、サーフィンをするのにいいコンディションとは言えません。チョッピーな波です。この波を見て、いい波だというサーファーはゼロでしょう。

【関連記事】サーフトリップを百倍楽しめる!サーフィン用語をマスター!

オフショアの風が与える波への影響

オフショアが波のコンディションを良くしてくれる理由を説明します。下図をご覧ください。

サーフィン初心者が知りたいオフショアのこと

オフショアの風が波を綺麗に整えてくれます。波の進行方向から吹いてくる風が、波を押さえつけるイメージです。

風に対して波の力が弱すぎると、サイズが上がってこないこともあります。

風向きがちょうどいいとどうなる?

波と風の強さが、ちょうどよくバランスが取れた時に『面ツル(Glassy)』になります。

オフショアは、波のくずれ方も綺麗にしてくれます。オンショアの風が吹いている時に、下の写真のような波には、絶対になりません。

サーフィンのオフショアコンディション

オンショアの風が与える波への影響

オンショアの風は、波にとっての「追い風」になります。波のコンディションを上げてくれるようにも聞こえますが、そうではありません。

オンショアの風は、波の形を崩してしまいます。

オフショアの風が、『綺麗に割れていく波』を作り出してくれるのです。

サーフィン初心者が知りたいオンショアの詳細

まとめ

サーフィンの上達の近道は、『いい波を知ること』です。 そして、もちろんサーフィンを楽しむことです。

サーフィンを始めたばかりの頃は、恥ずかしさがあったり、嫌な思いをするかもしれません。混雑するサーフスポットに、うんざりする人もいるでしょう。

でも、あともう少しだけ続けてみてください。その先に『サーフィンの魅力』が待っています。

それでは明日もいい波が来ますように。

【関連記事】サーフィン用ウェットスーツ完全ガイド【保存版】

イン・ゴッズ・ハンズ (字幕版)

  • TriStar Pictures (11/26/2013)
  • Running time: 97 minutes
  • Patrick Shane Dorian, Matt George, Matty Liu, Shaun Tomson, Maylin Pultar
  • 英語




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。