【肩の力を抜くための秘訣】緊張感のあるちょっとだけ怖さのある波でのサーフィンが大事だと思う理由

ある程度の波のサイズになると、『こわさ』が出てくるものです。

今回の記事は、『その怖さの先にある変化』の話です。

ほんの少しだけ怖い波に挑戦することで上達する理由

『行けるかいけないかギリギリのサイズの波』に挑戦することが、『上達の壁を壊して肩の力を抜くきっかけ』になることがあります。

そんなことしたら危ないんじゃないの?

もちろん、度を越したサイズの波に乗るのは『無謀』であり、命を落とす覚悟がないひとはやるべきではありません。明らかに自分のレベル以上の波を前にしたときは、無理だと感じたら入らないのが正しい選択です。

それでも、いつもよりほんとうに少しだけ『挑戦』することで、怖さの先にある見ることができると思うのです。

どうして?

少し怖い波のサイズでテイクオフができたり、単純にワイプアウトとするだけでも、それが『大きな糧と経験』になります。

今まで怖かったこともいざやってみると、『意外と思ってたよりも大丈夫だな』と感じることが、よくあるものだからです。単純にそう思えるようになっただけでも、サーフィンでは大きな収穫だと言えます。

それがなんの役に立つ?

次のセッションの時、サイズが下がれば怖さは少なくなりますし、新しい技術に挑戦する余裕が出てくるはずです。

結局のところ、『肩の力を抜いてリラックスするため』の答えは、『普段しないことをいかに経験するか』にあるのではないでしょうか。

【注意】ひとそれぞれ、怖さを感じる波のサイズは違います。また、自分のレベル以上の波に挑戦するのは危険が伴います。それらを踏まえた上で、冷静に判断するのを忘れないでください。

挑戦することで次のレベルに行ける

【肩の力が抜ける瞬間】緊張の先に新しい自分のサーフィンがある

肩に力が入ってしまうのは、サーフィンをしていると時々経験することです。

初めてのサーフスポットであったり。いつもより、少しサイズのある波のときかもしれません。

緊張したらなにもできない・・・

サーフィンをしながら、肩の力を抜くのは容易ではありません。波に乗ったら記憶がなくなったり、なにをしているのかわからなくなるものだからです。

肩にちからが入っているとうまくいかずに落ち込むことになるのですが、『次のサーフィン』で変化を感じることができます。

どうして変化を感じる?

単純にサイズが下がったりホームに戻ることで、肩の力が抜けるからです。

それだけでいつもよりリラックスして、今までできなかったライン取りができるようになることがあります。それこそが、『いつもより少しだけ挑戦するサーフィン』の先に見えるものなのではないでしょうか?

上達の壁を打ち壊したいなら、挑戦するのも一つのアイディアなのです。

無理のない範囲のでかい波に挑戦すれば自分の限界を超えられる

まとめ

自分自身はサイズが上がってくると、思っているようなサーフィンができなくなります。 単純にまだまだ下手くそなだけなのですが、そのたびに悔しくて落ち込みます。

それでも、『挑戦して心が折れた瞬間』をたくさん経験することで、『今まで見えなかったことやできないこと』がふっと近づいてくるように思えるのです。挑戦しつづけることは、絶対に無駄にならないと自分は信じています。

怖かったことが怖くなくなれば、『次のレベルのサーフィン』が見えてくるような気がしてきませんか?