初心者時代のサーフィンのきつさを越えるたった一つの方法【根性論という魔法】

サーフィンはきついです。サイズが上がれば上がるほど苦しくて、パドルアウトを諦めてしまいそうになることだってあります。

それでも、『サーフィンのキツさ』は誰にだって乗り越えることができます。

具体的にどうやって・・・

根性と気合で、サーフィンを継続していけばいいだけです。

『サーフィンのキツさ』は、サーフィンをやめさえしなければ必ず乗り越えられます。やめなければ嫌でも筋肉がつき、体力だって増えてくるからです。

時代に逆行するようなことを言いますが、『最初のサーフィンのキツさを乗り越えるために必要』なのは、『根性論』です。

波に乗れなくたって沖に出れなくたって、とにかく毎回パドルしつづけるのです。

そんなことずっと続けられるわけない・・・

中級者以上のサーファーがずっと、『根性で続けなきゃ』と思ってサーフィンをしているわけではありません。ある一線を越えれば、『サーフィンの楽しさ』が『きつさ』を遥かに上回るようになるからです。

根性と気合で続けていれば必ずサーフィンが楽しくなってくる

パドルアウトをしていたら、大きなセットを喰らってまた振り出しに戻った

それは、どんなサーファーだって経験します。上級者だってそうです。

乗り越えるためにできる方法はただひとつだけ、『諦めずにひたすらパドリングする』ことなのです。

どうしても越えられなかったら?

もしかしたら、キツすぎてパドルアウトできない日だってあるかもしれません。疲れてしまって、やめてたくなることもあるでしょう。

それはそれで、その日はやめてしまっても全く問題ありません。恥ずかしいことでもありません。

そのあとどうしたらいいの?

大事なのは、『次のサーフィン』です。

こないだきつかったから多分今日も無理だろう、そう考えてしまったら『サーフィンのキツさ』から抜けられません。そのあとは自然とサーフボードにホコリがかぶって、海に行くのが遠のいてしまうことでしょう。

重要なのは、『何回も挑戦する』という単純明快な気持ちです。その気持ちさえ持てれば、どんな人だって必ずサーフィンのキツさを乗り越えることができます。

根性と気合で、海に通ってみましょう。

初心者サーフィンに根性は絶対に必要

サーフィンのキツさから抜け出る具体的な方法

とにかく海に通って体を鍛える

サーフィンのキツさから解放されたいのであれば、海に通いつづけるのが一番です。性別も年齢も、筋肉量も関係ありません。筋肉と体力がなければ、付ければいいだけです。

どんなひとでも、100日海に通い毎日2時間パドルをしつづけたら、嫌でも筋肉は付いてきます。

持久力をつける

持久力は、海に通わなくたってつけることができます。走ったり、山に登れば、知らず知らずのうちに体力がついてくるはずです。

もちろん、海でパドルをしたっていいでしょう。

波がないのに海に入るのはちょっと恥ずかしくて・・・

ほとんどのひとは、思っている以上に自分のことを見ていません。フラットでも練習できます。サーフィンの9割はパドリングです。だからとにかく、漕ぎまくるのです。

あきらめずに挑戦しつづける

『きつさ』を越える秘訣は、『継続力』です。

30分間パドルし続ければ、だいたいどんな波だって乗り越えられます。

漕いでも漕いでも進まない・・・

進まない時は、パドリングをしながら周りも見渡してみましょう。

もしも自分だけが『一ヶ所にはまって、動けなくなってしまった』のなら、真正面から挑戦せず、斜めにパドリングしてみるのもひとつです。

そうすると、視界がパッと開けていくことがあります。

サーフィンも人生とおなじなのです。

あきらめずに漕ぎ続ければ必ず視界は広がる

苦しさに慣れるための経験を積む

苦しさに慣れるのも、『サーフィンのキツさ』を越えていくには必要不可欠です。

経験があれば、『前にもあった苦しさ』を楽に越えることができるようになります。

自分だけが苦しんでいるように感じてしまって・・・

スイスイ沖に出て行くひとだって、今までたくさん海水を飲み、波に弾き飛ばされていた人たちなのです。そうやって考えたら、少し気持ちも楽になってきませんか?

まとめ

押し戻されても、同じことを繰り返すだけ。それだけでサーフィンのキツさは必ず乗り越えられます。あきらめずにパドリングを1年間続けてください。

必ずできます。

それまでは負けてたまるか根性で、波に弾き飛ばされ続けましょう。