サーフィンが必ず上達する波のコンディションに対する考え方

サーフィンをする前に、多くの人が波のコンディションを気にします。 これは当たり前のことなのですが、過度に『波の […]

サーフィンをする前に、多くの人が波のコンディションを気にします。

これは当たり前のことなのですが、過度に『波の状態』を気にするのは良くありません。

どうして?

波の状態を気にし過ぎてしまうと、『思っている理想なコンディションと違うからやめよう』と考えるようになってしまうからです。

波のコンディションをシンプルに考えよう

波のコンディションはたったのふた通り

結局のところ、波のコンディションは二種類しかありません。

それは、『できるか』『できないか』の二種類です。

  • なんとかボトムターン一回できそう

これは『できる波』に当たります。

  • でかいセットなら、たるいけどなんとか横に走れそう

これも、『できる波』です。

  • オンショアでサイズが小さいけど、インサイドならもしかしたら

これも、『できる波』です。

波が微妙で入るか入らないか悩んでいるぐらいなら、パッと入ってしまった方が効率がいいのです。

どうしてその方がいいの?

ダメなら上がればいいですし、入水しておけば後から『入っておけばよかったな・・』と後悔することがなくなります。

そもそも微妙なコンディションの時は、『入ってみたら意外とできた』ということが多いものです。だからこそ、悩むコンディションでもパドルアウトするべきなのです。

悩むぐらいなら入水してしまおう

海に入る回数が増える考え方

できるかできないかの二択で考えられるようになると、『海に入る回数』は確実に増えていきます。

どうして回数が増えるの?

完璧な波を求めるあまり見過ごしてきた、『なんとかサーフィンができるけど微妙な波』を、『できる波』として見れるようになるからです。

少しでもできそうだと判断したら入水する

具体的にどのように考えていけばいいの?

『できる波』と『できない波』の間にあるコンディションも、できるかできないかで振り分けてみましょう。

  • 掘れてる早い波
  • ほとんどダンパーになる波
  • とろくてロングじゃないと厳しい波
  • オンショアで面が荒れている波
  • 波が綺麗に割れず安定していない波

どんな波であっても、結局答えはふた通りしかありません。できると少しでも感じるなら、悩む前に入ってしまうのです。それだけのことなのです。

サーフィンが上達する波のコンディションに対する考え方

まとめ

今日の波はどうでしょうか?

サーフィンが少しでもできそうなら、海に入ってしまいましょう。オンショアでも面が悪くても同じです。

他の人が『微妙だな』と悩んでいる間に、ウェットスーツに着替えてしまうのです。入水すればその人が帰路に着く間に、1本でも2本でも波に乗ることができるはずです。

最悪、たった一本のボトムターンでもいいのです。

それは数年後に『大きな実力差』となって、現れてきます。

とにかく、波に対して食わず嫌いになるべきではありません。全ての波に食らいつきましょう。

その繰り返しが、確実にサーフィンの上達を手助けしてくれます。それは紛れも無い事実なのです。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。個人の写真はインスタグラムにて掲載しております。

 

  • サーファーゼンインチキュウノビジターTシャツ ローカリズムTシャツ ¥3,600

    『ローカリズム』に疑問を投げかける、オリジナルTシャツです。

    サイズ詳細

  • グリーンルーム ¥3,600

    フロント側全面に、空中から撮影されたバレルライド中のサーファーの写真を転写しています。

    100%コットンで、着心地が良く耐久性にも優れています。

    サイズ詳細

  • ロゴTシャツ・ブラック ¥3,600

    着心地がいい上質な生地を使用したオリジナルロゴTシャツです。

    このロゴには、『輸入されたものであるサーフィン』と『日本の文化』が、いい形で融合していくよう、願いが込められています。

    サイズ詳細

【スポンサードサイト】