【マイノリティになるために】サーファーが追い求める個性とは

サーフィンの世界には、様々な価値観があります。 簡単に言えば、競技サーフィンと『その他』、で分けることができま […]

サーフィンの世界には、様々な価値観があります。

簡単に言えば、競技サーフィンと『その他』、で分けることができます。

『その他』という言葉を使ったのは、それ以外の表現を見つけることができなかったからです。

自分自身は、『その他』に属しています。

どうして『その他』に属しているの?

自分が『その他に属している理由』は、『自分がしたいサーフィンがその他に属しているから』です。

そしてそれと同時に、自分がどう努力してあがいても、トッププロサーファーがしているサーフィンができないと考えているからでもあります。

サーファーが探している個性とは

簡単に説明すると?

無理して誰かのサーフィンを真似るぐらいなら、自分の肉体ができる『勝手気ままな波乗り』に、明け暮れたいのです。

サーフィンの素晴らしいところは、『自分のできる波乗りの形や価値観』を自由に持てるところです。

例えそれが誰かにとって奇妙なサーフィンだったとしても、好きにすればいいのです。

マイノリティになることとは

競技サーフィンの形を目指すサーファーがマジョリティだとすれば、『その他』はマイノリティです。

それが、一般的な感覚です。

ただ実際のところ、『その他』もマイノリティではありません。

簡単に言えば、『ひとと同じであることが嫌いなひとというグループ』に属しているからです。

どのように自分のサーフィンを見つけ出しマイノリティになるのか

何かに例えて説明すると?

それはどこか、『生き方』に似ています。

例えば、『自由気ままにいきたい』というのもそうです。自由に生きる人に憧れて、それを目指している人たちがいます。

それを目指している間は、まだマイノリティではありません。なにかに憧れて生きるというグループである以上、本当のマイノリティでは決してないからです。

オルタナ系の板を買っただけでは、『マイノリティ』になれないと同じことです。

自由に生きたいと願うのは?

自由に生きたいと語る人は、自由ではありません。

その言葉が出る以上、『いまは自由ではないのだ』と言っているのと同じことだからです(自分自身のサーフィンもまだこの段階です)。

集団のトップはマイノリティ

忘れてはいけないのが、『マジョリティのトップもマイノリティ』だということです。例えばパフォーマンスサーフィンを開拓した偉人達は、まさに『マイノリティ』だったのです。

そして現在のトッププロサーファーそれぞれにも、『個性』があります。

じゃあ誰が個性がないの?

個性がないのは、それに追随してしまう他のサーファーのことです。

商業的な意味合いも含め、結果としてそれに憧れる人の数が爆発的に増え、『パフォーマンス型競技サーフィン』が、大多数を占めるようになりました。

だからこそ、それ自体に『個性』がないように映ることがあるのです。

何が言いたいの?

どんなジャンルを選ぼうとも、『自分自身のサーフィンの形』を見つけることができれば、『マイノリティ』なのです。

それこそが個性なのです。

自分のできるサーフィンの形を見つけ出そう

真似をすることと個性を探すこと

最初の段階では、『真似をする』ことも大事です。

どんなプロ選手だって、最初は『模倣』から入ったはずですし、誰かに対しての憧れがあったはずだからです。

例えばそれは有名なトッププロサーファーであったり、もしかしたら自分の父親や母親のサーフィンを目指したかもしれません。

真似し続けていいの?

誰かの真似をして背中を追うのは、どこかでやめる必要があります。ある一定のレベルに到達したら、自分自身のサーフィンの形を探し出すのです。

そうすることで、先人たちが築きたげたものの更に先へ、進むことができるのです。

あなたが本当にしたいサーフィンとは

自分のサーフィンを見つけ出そう

サーファーそれぞれ、骨格も筋肉のつき方も、波の見え方も違います。

それぞれの肉体は、完璧なまでに『個性的』なのです。

波に乗るという目的を達成するための『制約』は、存在しません。自由気ままに波に乗ればいいのです。

一定のレベルまで達したら、自分の形を追い求めてみるのです。

競技サーフィンはどうなの?

競技サーフィンの場合、評価する人間がいる以上、その人の『価値観とルール』によって、評価されてしまいます。

それでも、あなた自身の個性を押し殺す必要はありません。決めたれたルールの中だって、『自分のサーフィン』は見つけられるはずです。

それができたとき、そのサーファーは本当の意味での『マイノリティ』になるのです。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。