サーフィンで横に走る手順とコツ【ポップアップが重要】

スープ(ホワイトウォーター)でのテイクオフの練習を終えたら、次のステップは『横に走ること』です。 テイクオフを […]

スープ(ホワイトウォーター)でのテイクオフの練習を終えたら、次のステップは『横に走ること』です。

テイクオフをしたままスープに乗って岸方向に向かうのは、『典型的な初心者のサーフィン』になります。

どうしたら次のステップに進めるの?

その段階を卒業するためには、テイクオフ中に『右』にいくか『左』にいくかの決定をし、横に走れるようになる必要があります。

【注意】横に走るためには、『割れていく波』でサーフィンすることが絶対条件になります。割れていく波について理解を深めたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

割れていく波を横に走るのがサーフィン

横に走る手順

パドリングを岸方向に向かってしっかりと行う

まず一番最初にするべきなのは、【波にしっかりと乗ること】です。

しっかりとサーフボードのノーズを岸方向に向けて、パドリングを開始しましょう。波がどちら方向に切れていくのか、予測しながら移動してください。

横に走れるようになったら一人前のサーファー

目線を進行方向に向ける

目線のリードは、サーフィンにおいてとても大事です。

パドリングをしている間に左右方向の確認を行い、どちらに向かうか決定しましょう。向かうべき方向がわかったら、目線をしっかりと進行方向に向けます。

反対を見たらダメなの?

当然のことですが、逆方向を向いた状態では進行方向に向かっていきません。横に走るためには、目線をしっかりと進行方向に向ける必要があるのです。

その理由は簡単で、『目線』が体の軸を回転させる最初のステップだからです。目線のリードが首を回転させ、それが腰までしっかりとつながっていきます。

それを踏まえて、ポップアップ中にしっかりと進行方向に目線を向けるようにしましょう。

曲がりたい方向側のレールを軽く入れる

ポップアップする直前に目線を進行方向に向けたら、腕立ての状態になります。この時に、進行方向側のレールを腕の力で少し沈めます。

それが何の役に立つの?

そうすることで、ポップアップした時点でサーフボードのレールがしっかりと入っていることになります。このステップを踏めば、ポップアップした直後にワイプアウトしてしまう確率が一気に下がります。

いつもワイプアウトしてしまうのだけど・・・

【お勧めの練習法】ポップアップを行わずに、最初は腕だけでサーフボードのレールを入れて横に走ってみてください。サーフボードが自然と曲がっていくのを実感できるはずです(目線のリードも忘れずに)。

しっかりと目線のリードをすること

ポップアップする(サーフボードに立つ)

いよいよポップアップです。横に走っていくためには、ポップアップしながら曲がっていく必要があります。

初心者にありがちな失敗が、ボトムに降り切ってからポップアップするというものです。

それじゃあダメなの?

レールを全く入れていない状態でポップアップしようとすると、高い確率でバランスを崩します。先に述べたように、腕立ての姿勢の時点でレールがしっかりと入っていることを意識してみてください。

横に走るコツ

ポップアップしている最中も目線は進行方向に向ける

テイクオフしている時、ついついボトムの方を見てしまうことがあると思います。

怖くてすぐ目の前ばかり見てしまう・・・

ポップアップしている時も、しっかりと目線を進行方向に向けてみてください。これができずに、ボトムを見続けている状態でポップアップすると、横には走っていきません。

腕立ての状態を作った時点で、目線を進行方向にロックしてみてください。

バックハンド側へのテイクオフも失敗を恐れずに行う

始めの頃はテイクオフする時に、ついついフロントサイド側に走ってしまいがちです。

あきらかにバックハンドに切れていく波であれば、ワイプアウトするつもりで横に走る練習を続けましょう。

バックサイドは後からじゃダメなの?

最初にバックハンド側に苦手意識を持つと、中級者になってもその意識が取れず、苦労することがあります。失敗を恐れずにバックハンド側に走っていくことが、必ず上達につながります。

バックハンド側も恐れずに横に向かう

波の力が得られるラインどりをする

横方向へ走るためには、波の力があるポイントにいる必要があります。

初心者にありがちな失敗は、ハイラインをキープしようとせず、ボトムに降りきってしまうことです。

それじゃあダメなの?

ボトムに降りすぎてしまうと、せっかく横に走っても失速してしまいます。カットバックを習得するまでは、『いかに速く横に走るか』を意識するようにしてみてください。

波の力のあるポイントがどこか知りたい方は、こちらの記事も合わせて読んでみてください。

ボトムに降りきってしまうと一気に失速してしまう

まとめ

初めて横に走れた時の感動は、2度と忘れることはありません。

それはスープで練習していたときに感じることがなかった、『波に乗ること』の本当の意味を理解する瞬間でもあります。

『もう一度波に乗りたい』という感情は、そこから芽生え始めます。サーファーになるための第一歩こそが、『横に走ること』なのです。

最初のうちは失敗してしまい、ワイプアウトをするかもしれません。

それでも諦めずに続けた者だけが、『無限に広がり割れていく波』の魅力と感動を知ることができます。

その感動は他者によって作り出されたものではなく、あなた自身が作り出したものです。自分自身と波が作り出したその感動は、どんなものの前でも色あせることがないのです。

横に走れるようになるまで、海に通い続けてみてください。時間をかけてもいいのです。自分のペースで、ゆっくりとステップアップしていきましょう。

 

それではまた。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。