どっちが前足?サーフィンのスタンスを診断する方法【レギュラー・グーフィー判別】

サーフィンは、『横ノリ』のスポーツです。 サーフィンを始める前にどちらの足が前足になるか、判断する必要がありま […]

サーフィンは、『横ノリ』のスポーツです。

サーフィンを始める前にどちらの足が前足になるか、判断する必要があります。

サーフィンでは基本的に、『利き足』が後ろ側です。

利き足が後ろ側に来ていないと、『違和感』を感じることになります。あなたがサーフボードの上に立っているときに『乗りにくい』と感じるのであれば、スタンスを間違えている可能性があるのです、

今回の記事は、『サーフィンのスタンス』を判別する方法についてです。

サーフィンには利き足が存在し、スタンスを決める重要な要素になる

サーフィンで利き足が後ろに来る理由

人間には、『軸足』と『利き足』があります。違うスポーツで考えて見ましょう。サッカーでは、『軸足』で踏ん張り『利き足』でボールを蹴るのが一般的です。

サッカーボールを蹴る足が利き足になる

サーフィンの場合は?

サーフィンでも同様に、前足になる軸足が『踏ん張る動作』を行います。より器用な動作が可能な『利き足』は、後ろ側でサーフボードをコントロールする役割です。

利き足を後ろ側に置くことで、サーフボードを思った通りに動かすことができるようになります。

サーフィンのスタンスの名称

左足が前なのが、『レギュラースタンス』です。右足が前になるサーファーは、『グーフィースタンス』と呼ばれています。

下の写真で説明すると、一枚目の方が『レギュラースタンス』です。二枚目の写真が、右足が前になる『グーフィースタンス』になります。

左足が前になるレギュラースタンスの例 右足が前になるグーフィースタンスの例

サーフィンのスタンスを判断する方法

もしも自分のスタンスがわからない場合、判断する方法はいくつかあります。ここでは、自分のスタンスを判別する方法を紹介していきます。

利き足を知る

まずは、利き足を判断してスタンスを明確にする方法です。

どうやるの?

最初に両足を揃えて、直立姿勢で立ってください。その次に、後ろから誰かに押してもらいましょう。

後ろから押されて、最初に前に出る方があなたの『利き足』になります。

右足が最初に出た人は『レギュラースタンス』、左足が反射的に前に出た人は『グーフィースタンス』になります。

サーフィンは基本的に、『利き足』が後ろ側です。器用な足である『利き足』を後ろ側に置く事で、サーフボードを正確にコントロールできます。

スケートボードで試してみる

ここまでの判別方法を試しても違和感がある人は、スケートボードをして見ましょう。右足をスケートボードの上に乗せて、左足で地面をけって進んでください。

この時に違和感なくスムーズに行うことができれば、あなたの利き足は『左足』です。その逆に右足の方が地面を蹴りやすい場合は、『右足』が利き足だということになります。

スケートボードに乗ってみると利き足の判別が簡単にできる

利き足を調べるその他の方法

  • 階段で最初に出る足が利き足
  • サッカーボールを蹴る方が利き足
  • 陸上のクラウチングスタートで後ろ側にしたい方が利き足

まとめ

僕は、レギュラースタンスです。スノーボードでもスケートボードでも、左足が前側になります。

サッカーボールを蹴るのは、右足です。

みなさんの利き足はどちらだったでしょうか?

人によっては、ここで紹介したテストで利き足がわからない場合があります。その場合は単純に、『乗りやすいと感じる方』を前足にして見てください。

もしもあなたが、どちらの足でも違和感を感じないのだとしたら、スイッチスタンスの才能があるかもしれません。

気分や状況に応じてスタンスを変えられるのだとしたら、それに越したことはないと思います。野球選手でいえば、対戦相手によって立つ打席を変えていた松井稼頭央選手のようなものです。

僕自身も、少しずつスイッチスタンスができるようになれば・・と考えています。先は長そうですが、練習を続けてみようと思います。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。