前ノリされた時にできるたったひとつの対処法

誰もが一度は、『前乗り』をされたことがあるはずです。 前乗りされた時にできる唯一の対処法は、『次の波を忍耐強く […]

誰もが一度は、『前乗り』をされたことがあるはずです。

前乗りされた時にできる唯一の対処法は、『次の波を忍耐強く待つこと』です。

どうして?

取られてしまった波を悔やんだり、他人に対してイライラしてしまうと、その日のサーフィン全体が台無しになります。それならいっそのこと、スパッと切り替えて、『次の波に集中する』のが一番なのです。

今回は、そんな『前乗り』に遭遇してしまった時の対処法についてです。

前乗りに遭遇した時の気持ちの切り替え方

前乗りってなに?

前乗りを簡単に説明すると、『誰かの波に割り込み横取りすること』です。

一つの波には、基本的に一人のサーファーしか乗ることができません。優先的なポジションにいるサーファーがその波に乗る権利を持っているのですが、『ルール無視』でその前に割り込んでくる人がいるのです。

どうして前乗りしてしまう?

『気がつかなかった』

『見えなかった』

ということもあり得ます。そういう場合は、前乗りをした方が謝るのが通常です。謝れた方も、1回や2回ぐらいでしたら怒るほどのものでもありません。

前乗りされても怒らないでいる方法

同じ人に何回も前乗りされたときの対処法

ただ中には、『意図的に前乗りをするルール違反サーファー』がいます。

どういうこと?

残念なことに、サーフィンの世界には『ルールを理解しているのに前乗りをしてくる人』が存在するのです。

どう対応したらいい?

明らかにルールを知っているレベルなのに、何回も前乗りを繰り返してくる人がいたら、『距離を置く』のが一番です。そういう人と争ったり口論するのは『時間の無駄』ですし、ラチがあきません。

前乗りをする人とは距離を置こう

怒鳴りたくなるけど・・・

ついついイライラしてしまうものですが、それを表に出してしまうと、その空気は他の人にも伝搬していきます。

そうするとサーフスポット自全体が、『ギスギスした空気』に包まれることになります。声を荒げて言い争っている人たちが近くにいる時の、『嫌な気持ち』は経験したことがあるはずです。

そんな中でするサーフィンは、決していいものではありません。

悪いのは前乗りをしたサーファーじゃないの?

もちろんもともとの原因は、『前乗りをした人』です。

ただそれに対してどのように対処するかで、その日のサーフィンの楽しさは大きく変わってきます。

何回も前乗りするサーファーはただの、『悲しい残念な人』です。そういう人は、少なからず存在するのです。関わるのはやめにしましょう。

『次の波をただ待つこと』が、『自分のサーフィンを楽しむこと』に必ず繋がっていきます。

前乗りを気にすると上達しなくなる理由

初心者に前乗りされた時の対処法

初心者でルールについて理解していなさそうな場合は、『教えること』も一つです。

初心者の無知は罪ですが、誰かが教えなければいけません。

なぜ初心者は前乗りをする?

ルールを知っていても、『周りを見ることができない初心者』は、『不本意に前乗りをしてしまうこと』があります。

『周りを見ること』も、一つの技術です。その習得には時間がかかるのです。サーファーなら誰もが一度は、『不本意に前乗りをしてしまったこと』はあるはずです。

どう対応したらいい?

初心者が謝ってきたら、潔く許しましょう。ルールについて知らなさそうであれば、『誰かが乗っている波には乗れない事実』を教えるのです。

そうすればその初心者が上級者になった時に、同じような場面で誰かのミスを許すことができるはずです。

それが何になる?

その繰り返しでサーフィンのカルチャーやサーフスポットが、もっと明るくなるのではないでしょうか。

サーフスポット全体が明るくなればサーファー同士の会話も増え、初心者がルールを学ぶスピードが速くなることが予想できます。そうすれば結果的に、『前乗り』も減っていくはずです。

どんな時でも、『次の波を忍耐強く待つ』ことが大前提です。前乗り返しもやめしょう。熱くならず、ただ冷静に次の波を待つのです。

忍耐強く次の波を待とう

まとめ

自分自身も、ひどい前乗りされて一度だけ怒ってしまったことがあります。波にサイズもあったので、自分自身がいっぱいいっぱいだったのかもしれません。その後、その日のサーフィンは散々たるものでした。

後味も悪く、『自分は怒るためにサーフィンをしているわけではないのに』と後悔しました。

前乗りをした人がきっかけにはなっていますが、その日のサーフィンが散々だったのは、結局は自分のせいです。潔く切り替えて、次の波を待っていれば、もっと楽しくいい波に乗れていたことでしょう。

1日分の波を、自分自身で台無しにしてしまったのです。

結局のところ、切り替えが早い人は上達も早くなります。その理由は単純で、『他の人が楽しめなかった波に対して精神を集中できるから』です。

簡単なことではありませんが、どんな時でも『次の波に集中する』を忘れないようにしたいものです。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。