ショートボードではなくロングボードを選ぶ理由【サーフボードを選びときに考えたいこと】

ロングボードを目の敵にするショートボーダーは、少なからず存在しています。 自分自身も短い板に乗ることが多いので […]

ロングボードを目の敵にするショートボーダーは、少なからず存在しています。

自分自身も短い板に乗ることが多いので、ロングボーダーに毎回波を取られてばかりだと、がっかりすることもあります。

でもロングボーダーがそこにいるのは、ロングボードに適した波がそこにあるからです。サイズが上がってくれば、ロングボーダーも短い板を使ってパドルアウトするのです。

小波でロングを楽しんでいる人に対して、『ショートボードしたいからどいて』と言うのは間違いです。

じゃあどうしたらいいの?

どうしてもロングボーダーが嫌いな人は、ためしにロングボードに乗ってみてください。ソフトトップのロングボードでもいいのです。

一度でもロングボードで波に乗ったら、その圧倒的なスピードと疾走感の虜に必ずなります。

ロングボードこそ本来のサーフィン

サーフィンはショートボードだけじゃない

サーフボードの選択肢は、ショートボードだけではありません。ロングボードを選んでもいいのです。

カリフォルニアから始まった『原点回帰』のムーブメントは、今もまだ続いています。そしてそれは、決してただの『流行り』ではありません。

本来あるべき姿を取り戻したロングボードの世界は、一層の盛り上がりを見せています。盛り上がる理由は簡単で、『楽しいサーフィン』がそこに確実に存在するからです。

誰もが楽しむことができる『純粋な波乗り』こそ、ロングボードなのです。

みんなどんなロングボードに乗っているの?

現在のロングボード界では、『シングルフィン』が基本になってきていると行っても過言ではありません。そのような形で原点に戻ることは退化では決してなく、新たなカルチャーが次々と生み出されています。

 

シングルフィンのムーブメントについては、こちらの記事がとても参考になります。

【とても参考になる記事】なぜ今シングルフィン?

ロングを選んで原点回帰

ロングボードには『純粋の楽しさ』が詰まっている

サーフィンの世界には、様々な種類のサーフボードが存在します。

そのなかで現在主流となっているのが、WSLを中心としたショートボードの競技サーフィンです。

鋭いターンやぶっ飛んだエアーを決めて得点を競い合い、アスリートとして頂点を目指すものです。誰もが一度は、そのハイレベルな戦いを見たことがあると思います。

今までのサーフィンの世界では、『右にならえの精神』でほとんどの一般サーファーが短いサーフボードを手にしてきました。

だれもが『競技サーフィンの形』を目指すストリームが存在していたため、『少数派』は端っこの方に追いやられていたのです。

でもよくよく考えてみると、『全ての人が同じ競技サーフィンの形を目指す』のは間違っていることは明らかです。

どうして?

その理由は簡単で、根本的に無理があるからです。

簡単に説明すると?

たとえを挙げるとすれば、山登りです。世界にはたくさんの登山愛好家がいますが、すべての人がエベレスト登頂を目標としているでしょうか?

決して、そんなことはありません。高い頂きに挑戦することは、すごいことですが『誰にでもできること』ではないのです。

それぞれが『自分の身の丈にあった山登り』を楽しんでいて、各々に『山登りが好きな理由』が存在しているはずです。

それはサーフィンでも同じです。

自分のできる範囲内で『波乗り』を楽しむことこそ、本来のサーフィンなのです。

サーフィンを純粋に楽しもう

なぜロングボードを選ぶのか?

例えば家の目の前がパイプラインだったら、ショートボードを選ぶのは自然の流れです。

でももしも家の前が、『ひざから胸ぐらいのロングボード向きの波』だったら、ロングボードを選ぶのが本来の流れであるはずです。

波がロング向きならロングボードに即決

それに従わなかったら?

その自然の流れに逆らって間違ったサーフボードを選んでしまうと、スタイルに無理が生じることになります。

小さいロング向きの小波で、ショートボードでサーフィンをするのはとても難しいのです。ほとんどの場合がふんふん小刻みにジャンプして、なんとかスピードをつけてセクションを抜けようとすることでしょう。

そうだとどうなるの?

その見た目は、決してスタイリッシュではありません。そこにスタイルがない理由は、その波に適したサーフボードを選んでいないからです。

僕の知っている上手いロガー達は、ショートボードも持っています。そしてサイズが上がった波では、ショートボードで最高にスタイリッシュなサーフィンを披露しています。

ロングボードではでかい波は無理なの?

もちろん、乗り手の技術が高ければ、ロングボードは波のサイズが上がっても乗りこなすことができます。小さい波でも大きい波でも圧倒的にスタイリッシュなのが、ロングボードなのです。

自分の乗りたい板がロングボードなら、迷わずにそれを選びましょう。

注意)初心者の段階でロングボードに挑戦するのは、危険が伴います。重量があり取り回しが難しいので、まずはソフトトップのロングボードで試し乗りすることをおすすめします。

ショートではなくロングボードを選ぶ理由

まとめ

ロングボードには、たくさんの魅力があります。思っているようにロングボードを操ることは、決して簡単ではありません。

自分はまだまだ、ロングボードを乗りこなせていません。それでもロングボードを持って海に出かけるのは、そこに確かな波乗りの魅力と楽しさがあるからです。

派閥同士の争いはやめて、純粋に目の前にある波でサーフィンを楽しみましょう。

もちろんルールを守って、譲り合いの気持ちを持ってです。サーフィンは海でする喧嘩でもないですし、海は喧嘩のための闘技場ではありません。

そのことだけは、どんな状況でも忘れないようにしたいものです。

ぜひ、ロングボードに挑戦してみてください。原点に一度帰ることは、決して遠回りにはならないないはずです。

そして純粋に、『波乗り』を楽しみましょう。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。