波乗りとしてブレずに楽しく生きるための三か条

今回の記事は、波乗りから学べる『ブレずに自分の人生を楽しんで生きていくため』の三か条についてです。

三か条は、こちらです。

  • 妬まない
  • 見返りを求めない
  • 許すこと

この3つを人生における指針にするだけで、生きていく上でのストレスを半減できるはずです。

波乗りから人生を学ぼう

他人を妬まない精神を持つこと

妬みは、イラつきを生みます。

『あいつだけ波に乗りやがって』

と思ったところで、何も変わらないのです。結局のところ、自分のところに波が来るまで忍耐強く待つしかありません。

どんなことがあっても次の波を忍耐強く待つしかない

言っている意味がわからない。

波を、『人生においての成功』だと考えてみてください。

もちろん、動きながら波を待つこともできます。もしかしたらそのせいで、『自分がもともといた場所』に、いい波が来るかもしれません。

そこに別の人がいて、その波にのることも考えられます。だからと言って、その人を妬むのは間違いなのです。

どうして?

誰かを妬んだところで、なんの意味もありません。その妬んでる気持ちを誰かに伝えても、ネガティブな気持ちが連鎖していくだけです。

自分は自分で、他人は他人です。

  • あいつだけいいとこ取りしてる
  • 自分は他人の成功のための踏み台にされている

と思ったところで、時間の無駄なのです。

どういう心構えでいたらいいの?

それだったらいっそのこと、誰かの階段になるぐらいのつもりでいた方が、人生は楽しくなります。その方が気持ちとして、世の中に開いてるからです。

あなたの仲間が登ろうとしているハシゴを、全力で支えるのです。そうしたらハシゴを登りきった人は、遠くを見ることができるはずです。

仲間が成功したら嬉しい。

そこに見返りがなくたって、あなたは後悔や嫉妬をすることはないでしょう。それこそが、『友人や仲間である定義』なのです。

そうやって誰かのプラスになることを与え続けていれば、巡り巡って自分に必ず帰ってきます。

愚痴るなら誰かの踏み台になる覚悟を持つ

見返りを求めない親切心を持つこと

与え続けている状態だったとしても、『見返りを求めない』のがとても大事です。

『自分はこんなに一生懸命尽くしているのに』

と考えるのはその人の自由ですが、それではただ単に、自分の行動に酔ってるだけとも言えます。

波乗りとして見返りを求めず生きよう

簡単に説明すると?

誰かを助けたり、親切心を働かせるのは、『見返りを求めない気持ち』が根底にあることが大前提です。自分に見返りがないとわかった瞬間に、『掌を返すような人間』は、根本的な部分で、『自分を満たすためだけに人助けをしている人』だと言えるからです。

例えば、

  • 満員電車で誰かに席を譲ってあげた時
  • 渋滞している道で、他の車に道を譲ってあげた時

そんな時、相手から何の感謝の言葉や反応もなかったらどう思いますか?

『譲ってあげたのに、なんだこいつ』

と思っていませんか?

他のもので例えたら?

例えば、恋愛の片思いもそれに似ています。自分が一方的に誰かを好きな状態にも関わらず、どこかで見返りを求めているのです。当たり前のことですが、相手から反応がなかったとしても、恨んではいけません。

自分の両親は、自分勝手な生き方をしていた自分に、『見返りを一切求めない優しさと愛』を注いでくれていました。自分がどんなにひどい態度を取っても、間違った行動をしても、それは変わることがありませんでした。

それこそが、本当の意味での『親切心』なのです。

本当の愛や友情に見返りなど存在しない

人を許す気持ちを忘れないこと

人を許すことは、とても大事なことです。

サーフィンで前乗りをされた時もそうです。前乗りをされたからと言ってその人を恨んでも、自分の状況は何も変わらないからです。

向こうに非があるのだけど・・・

もちろん、何回も前乗りをされたら腹が立ちます。そのような場合は、100パーセント前乗りをしている方に『原因』があります。

それでも相手を許すことを大前提にして生きていた方が、『切り替え』が早くなります。いつまでも恨みつらみを口にしても、『進展』はありません。

それじゃあどうしたらいいの?

誰かが原因で自分にとってマイナスになることが起きたとしても、パッと切り替えるのです。他人の一挙一動に左右されず、自分の次の波に精神を集中させるのです。

そうすれば、道は拓けます。次の一歩を踏み出す時には、『許したことも相手の顔』も、もうすでに頭にないはずです。

許したら必ず道は開ける

まとめ

今回の記事を書いた理由は、自分自身がそうでありたいと考えているからです。なかなか難しいことではありますが、この三つは常に心に留めるようにしています。

『相手を許し、妬まず恨まず、見返りを求めない』

それができるようになったら、次のステップです。

  • 他人を意識せずに、自分のしていることに集中する

そこから、全てが始まります。他人の行動に、一喜一憂している暇などありません。自分の踏み出す一歩に、その次にくる波に、100パーセント全力でぶつかっていくのです。

『恨まず憎まず誰も妬まない、海のように心が広い人間』だらけの世の中になったら、それはそれで、悪くはないはずです。

どうでしょうか?

少なくとも、自分はそう信じています。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。個人の写真はインスタグラムにて掲載しております。

 

ナミノリザンマイ限定アイテム

  • ロゴTシャツ・ブラック ¥3,600

    着心地がいい上質な生地を使用したオリジナルロゴTシャツです。

    このロゴには、『輸入されたものであるサーフィン』と『日本の文化』が、いい形で融合していくよう、願いが込められています。

    サイズ詳細

  •  ナミノリザンマイオフィシャルTシャツ ロゴTシャツ ¥3,000

    上質な生地を使用した、着心地がいいオリジナルロゴTシャツです。シンプルなデザインですが、強いメッセージが込められています。

    サイズ詳細