サーフィンを気軽に始める方法【レンタルサーフボードのススメ】

初心者がサーフィンを簡単に始める方法は、たった1つです。 それは、サーフボードをレンタルしてサーフィンを始める […]

初心者がサーフィンを簡単に始める方法は、たった1つです。

それは、サーフボードをレンタルしてサーフィンを始めることです。

サーファーの年齢も、運動神経の良さも関係ありません。まず、一式の道具をレンタルしてサーフィンを始めて見てください。

道具一式をレンタルをしてサーフィンを始めるべき理由は、すごく明確でシンプルです。

その理由は、『サーフィンは万人向けのスポーツではない』からです。

サーフィンには向き不向きがある

サーフィンは続けていくのが難しい?

サーフィンには、向き不向きがあります。決して、『若くて運動神経がないと、サーフィンができない』と言っているのではありません。

それは、運動神経や年齢、性別には一切関わりのないものです。

たくさんのひとが、数回海に通っただけでサーフィンをやめていきます。10人でサーフィンを始めたら、一年後に続けているのは1人か2人ほどでしょう。

サーフィンを続ける自信がつくまでは、レンタルボードで波乗りを楽しんでみてください。

サーフボードを購入するのは、それからでも遅くありません。

レンタルボードでサーフィンを始めるべき理由

レンタルボードでサーフィンを始める利点を簡単にまとめると、以下のようになります。

やめたい時にやめられる

レンタルでサーフィンを始めたら、自分がやめたい時にやめることができます。サーフィンがどうしても自分にあっていないと感じたら、無理をする必要はありません。

どうして無理はしないほうがいいの?

サーフィンも他のスポーツや趣味と同じように、『無我夢中』にならなければ長続きしないものだからです。

サーフィンを続けていく確信を持てるようになったら、『自分のサーフボード』を購入しましょう。

サーフィンはやめたい時にやめていい

サーフィンにハマる素質があるか確認できる

先述したように、サーフィンは向き不向きがあるアクティビティです。

サーフボードをレンタルすることで、『サーフィンを楽しめるかどうか』を確かめることが出来ます。

楽しむためのコツはないの?

最初のうちは、とにかく空いている場所を探してサーフィンの練習をしましょう。

混み合っているサーフスポットでは、サーフィンを純粋に楽しむことが難しくなります。長い時間ドライブする必要があったとしても、空いている場所を見つけましょう。

空いているサーフスポットでなければ、サーフィンが嫌いになってしまう

色々な種類のサーフボードを試せる

ボードレンタルのいいところは、色々な種類のサーフボードを試せることです。

様々な長さのサーフボードを試してみるうちに、自分にぴったりの板を見つけることができるかもしれません。

自分にぴったりの板を見つけられる?

色々な形のサーフボードに乗ることができれば、『欲しいボード』を明確にイメージできるようにもなるでしょう。レンタルサーフボードでサーフィンを始めたら、『初めてのサーフボード購入』にとって大きな財産になります。

レンタルでサーフィンを始めたら理想のサーフボードと出会える確率が上がる

まずサーフボード一式をレンタルしよう

波にのるのに、最新のサーフボードは不必要です。まずはサーフィン用の道具一式を、レンタルしてみましょう。

ボードのレンタル料金はショップによって違いがありますが、1日で3000円前後が相場になります。

初めてのレンタルボードは、ソフトトップと呼ばれるスポンジでできたサーフボードがオススメです。

どうしてスポンジボードがオススメなの?

オススメする理由は、『とにかく安全だから』です。

ソフトトップであれば、自分自身の怪我も減らすことができますし、他人を怪我させる心配も大きく減ります。

ソフトトップでも、十分サーフィンができます。うまい人がソフトトップに乗ると、こちらの動画のようになります。自由にサーフィンを楽しんでいるのが、動画を見たらわかるはずです。

レンタルサーフボードショップ参考

【神奈川県の鶴沼海岸でレンタル】 コーストライン サーフボードレンタル

【千葉県の九十九里浜でレンタル】 レンタルサービス【リバティサーフ】

海に入る前に確認すること

サーフボードをレンタルできたら、いよいよ海に入水です。

海に入る前に、確認するべきことは3つあります。

まず1つ目は、サーフィンの安全面です。安全にサーフィンを楽しむためには、『サーフィンのルールをしっかりと理解する』必要があります。

ルールに関してはこちらでまとめてあるので、参考にしてください。

2つ目は、『海水温』です。長時間水の中にいるサーフィンは、『低体温症』になる恐れがあることを認識してください。

夏なら問題ないんじゃ?

夏場でも、低体温症になる可能性は十分あり得ます。最悪の場合、死に至ることも考えられるほどです。油断せずに、しっかりと対策を取りましょう。

海水温が冷たい場合は、ウェットスーツの着用が絶対に必要です。ショップの店員に確認して、海水温に適したウェットスーツをレンタルしましょう。

3つ目は、『カレント』です。カレントは別名『離岸流』と呼ばれています。

離岸流に乗ったらどうなるの?

サーフィンを練習していたら、知らないうちに数百メートル流されて、『漂流』することも考えられます。自分の位置が流されていないか、常に確認しながらサーフィンを楽しみましょう。

【参考になる記事】今年こそサーフィンを始めようとする人へ!安全のため守らなくてはいけないルールとは

サーフィンは気軽で安全に始められる

まとめ

何も知らない人がサーフィンを始めるのは、抵抗があるものです。サーフボードの値段も高価ですし、最初の一方踏み出すのは簡単ではありません。

道具を全て揃えようとすると、10万円を超えてしまうこともあるでしょう。

気合いを入れて道具を全て揃えたのに、海に通わなくなってしまうことはよくある話です。

サーフィンは、『想像と違った』と感じる人がとても多いアクティビティです。だからこそ、レンタルボードでサーフィンを始めるべきなのです。

焦って、サーフボードを買う必要はありません。レンタルサーフボードでも、サーファーへの大きな一歩はもう踏み出しています。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。