『サーフマット』は楽しい!【安全で初めての波乗り体験に最適】

最終更新日:2018年5月13日

サーフマットとは、その名の通りマットの形状をした波乗りの道具です。風船のように空気を入れて浮力を得ます。

『サーフマット』の体感速度は、サーフィンよりも上です。その理由は、目線がより波の水面に近づくことにあります。

疾走感あふれる波乗りを、気軽に体験できるのがサーフマットです。

どんな人におすすめなの?

『サーフィンをやって見たいけど、お金がかかるし・・』

『波乗りってそもそも楽しいのかな』

そんな意見をお持ちの方に、ぜひオススメしたいのがサーフマットです。波に乗る楽しさを体感できれば、『サーフィン』にも挑戦したくなるはずです。

サーフマットで波乗り

サーフマットの乗り方

見た目は簡単そうですが、波に乗るのは意外と難しくコツがいりそうです。ボディーボードや、ボディーサーフィンに近い感覚でのテイクオフが要求されます。

始めるのに必要なものは?

『サーフマット』は、ボディーボードと同様に、足ヒレをつけて行います。サーフィンと同様、乗れる波(テイクオフできる波)を見極める必要があります。

【関連記事】読んだだけでサーフィン初心者卒業!『波』の基本をマスターしよう

注意点

リーシュが付いていないため、サーフマットが流されないように注意しなければいけません。

流されたら、泳いで取りに行かなければなりません。泳ぎに自信がない方は、岸に近い場所で遊ぶことをオススメします。

どんなことに気をつければいいの?

気軽に遊べるサーフマットですが、ルールをしっかり守りましょう。波を共有する相手がいるのであれば、『波乗りのルール』を把握することが大事です。

ルールを守らなければ、怪我をする可能性があります。

【関連記事】サーフィンにもマナーがあるの?始める前に覚えておきたい基本ルール

まとめ

価格も安く、手に入れやすいサーフマット。サーフィンを始めたいと考えている人にぜひオススメしたいアイテムです。

波がないときに、ショアブレイクなどで遊ぶのにも楽しそうです。

『サーフマット』で『波乗り』を体験したら、きっと、サーフィンを始めたくなるはずです。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。個人の写真はインスタグラムにて掲載しております。

 

ナミノリザンマイ限定アイテム

  • サーファーゼンインチキュウノビジターTシャツ ローカリズムTシャツ ¥3,600

    『ローカリズム』に疑問を投げかける、オリジナルTシャツです。

    サイズ詳細

  • グリーンルーム ¥3,600

    フロント側全面に、空中から撮影されたバレルライド中のサーファーの写真を転写しています。

    100%コットンで、着心地が良く耐久性にも優れています。

    サイズ詳細

  • ロゴTシャツ・ブラック ¥3,600

    着心地がいい上質な生地を使用したオリジナルロゴTシャツです。

    このロゴには、『輸入されたものであるサーフィン』と『日本の文化』が、いい形で融合していくよう、願いが込められています。

    サイズ詳細