大人サーフィンのススメ【若者の波乗りを目指さなくていい理由】

『若さに対する羨望』は、誰もが持ちうるものです。 それは、サーフィンでも同じです。 若いエネルギッシュなサーフ […]

『若さに対する羨望』は、誰もが持ちうるものです。

それは、サーフィンでも同じです。

若いエネルギッシュなサーフィンには、『その時にしか放てない輝き』があります。

若者だけができるサーフィンの形も存在する

歳を重ねたら若いサーフィンは無理?

歳を重ねた人がそれを無理して真似しようとすると、どこか滑稽(こっけい)に写ってしまうことが多くなります。

もちろん、若さに対抗できる方もいます。年齢からは想像できない、若さに溢れるサーフィンができる人は存在するのです。

ただ、それはすべての人に当てはまることではありません。

できなかったらどうなるの?

若者のようにサーフィンができなくても、波乗りはできます。

歳を重ねた全てのサーファーが、『若者がしているサーフィン』をゴールにする必要は全くないのです。

サーフィンは若者だけのものではない

格好いいサーフィンは若くなくても必ずできる

格好いいサーフィンやスタイルは、決して『若さに対抗すること』や『若くみられたい』という気持ちから生まれるものではないと断言できます。

陸上でも、海の上でも同じです。

それは決して、『諦めている』のではありません。

どういうこと?

歳を重ねているのに『若い人たち』がしているサーフィン、格好や髪型、化粧に身を包んだら、その人自身の魅力が隠れてしまいます。

無理をする必要はありません。

自分の年齢に応じたサーフィンを、楽しむことが一番なのです。


あなたのサーフィンの形は必ず見つけられる

年齢に応じたサーフィンは必ず見つかる

歳を重ねた美しさや格好よさは、誰もが持っているものです。

それは、見た目だけの話ではありません。歳をうまく重ねたサーファーの、内面からにじみ出る格好よさのことです。

若いサーファーが目指すゴールと、歳を重ねたサーファーが目指すべきゴールは違っていいはずです。

努力は必要ないの?

もちろん、筋力をできるだけ保ち、サーフィンを続ける努力は必要です。

ただ、歳を重ねることに抵抗するのではなく、『今の自分』ができる最上級のパフォーマンス』を探すことこそが大事なのではないでしょうか?

若者に対抗しなくていいのがサーフィン

サーフィンの形は一つだけではない

わざわざ若くみられようとする必要はないのに、どこか無理をして、『若くみられたい』と自分のサーフィンのスタイルを模索しないことは、『挑戦』しているかのようにも見えますが、実際は『無理をしている』だけです。

自分の年齢と体力にあった楽しいサーフィンは、必ず見つけることができます。その理由は簡単で、サーフィンの形は一つではないからです。

サーフィンには色々な形がある・・・

  • 若者に負けないサーフィンが出来る人はできる
  • できない人は違う波乗りの形を探せる

それが波乗りなのです。

歳を取ってもサーフィンは必ず楽しめる

まとめ

カッコいい大人のサーフィンをする人は、沢山います。

若者から学べる部分は吸収して、その年に応じたカッコいいスタイルを貫いている人たちです。

自分の周りにいる歳を重ねたサーファーは、最高に格好いい人たちばかりです。自分もそんな風に、これから歳を重ねて行きたいと考えています。

古くなって、錆びついていくのかもしれません。

それでも、『輝き』を放つことはできます。

一年前に戻りたいと願うか、今この瞬間の波乗りに夢中になれるかは、自分たちで決められるのです。

来年の自分は、少し古くなった新しい自分です。

波乗りを全力で楽しめることに、何一つ変わりはありません。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。