ロングボード・クロスバックステップのコツ!【カニ歩きにならないように歩くための心得】

最終更新日:2019年5月7日ロングボードで後ろ側に歩くのは、簡単ではありません。特に、足を交差させながら歩く […]

最終更新日:2019年5月7日

ロングボードで後ろ側に歩くのは、簡単ではありません。特に、足を交差させながら歩く場合です。

中には無意識のうちに『すり足カニ歩き』になってしまう人がいます。

カニ歩きだと何が良くないの?

カニ歩きでもボード上は移動できますが、そうなると見た目がよくないのです。

カニ歩きロングボーダーは格好悪いスタイルの一つ


しっかりとした格好いいバックステップは、どのようにしたらできるようになるのでしょうか。

簡潔に結論を教えて。

結論から先に言えば、体を前側に開いてあげることで『カニ歩き』になるのを防ぐことが可能です。

今回の記事ではロングボードバックステップのコツについて、研究していきます。

カニ歩きにならないようにするコツ

カニ歩きになってしまうのは、体が完全に横を向いているからです。

どういう意味?

簡単に言えば、通常の生活で歩くような姿勢になることで、後ろ側へのステップは容易になるのです。

自分自身も後ろ側にステップする際、足を綺麗に交差出来ないことがあります。その時は決まって、『横向きになりすぎている』ことが多いのです。

体を前側に開けば、ロングボード上で前側にも後ろ側に行くのも容易になります。

クロスステップの真髄は『ただ歩くだけ』

横を向いた状態でステップをする方法

サーファーの技術が高まってくれば、横向きでもクロスステップをしながら後ろへ歩くことができます。

何かコツがあるの?

横を向いた状態でも、『つま先をできる限り進行方向に向ける』ことで後ろ側にステップするのが容易になります。

そうすることで体を開いた状態ではなくても、『すり足カニ歩き』にならないで済むのです。

すり足カニ歩きにならないようにするためのコツ

まずは体を開く癖をつける

横向きの姿勢にこだわりすぎてしまうと、ステップを習得する以前の段階で『カニ歩き』の癖がついてしまう危険性があります。

そのような癖をあとから直すのは、容易ではありません。

それじゃあどうしたらいいの?

まずは『体を開く癖』をつけてあげたほうが、ロングボードの上達を助けます。

板の上を移動することだけを目標にするのではなく、『いかに美しく歩くか』に神経を研ぎ澄ましましょう。

体を進行方向側に開いて練習を積み重ねることで、ロングボードの世界がどんどん拓けていくはずです。

体を開くことでクロスステップが容易になる


まとめ

  • できる限り美しいステップで、ロングボードの上を歩くこと

それは決して、簡単なことではありません。

それでも、1歩ずつ神経を研ぎ澄まし、指先までに美しさが宿るサーファーは確かに存在しています。

ロングボードを突き詰めようとすると、それは『芸術の域』に達します。指先にまで精神が宿る『能の演者』のように、美しく波の上を舞っているのです。

自分はまだまだそのように出来ませんが、一歩ずつその先へ歩んでいけるよう、日々精進していきます。


記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。