サーフィンの調子が悪い時にできること4選【原因を探そう】

サーファー誰もが、『調子が悪い時』を経験します。

  • いつもできていたターンができない
  • サーフボードが思ったように動いてくれない
  • 思ったように体が動かない
  • 変なところでワイプアウトしてしまう
  • サーフボードが引っかかる
  • レールが入らない
  • etc…..

調子が悪くてイライラしてしまう・・・

できたことが出来なくなると、悔しくて水面を叩きつけたくなるものです。自分が下手になっているような気がして、いてもたってもいられないはずです。

今回の記事は、『調子を戻す方法』のアイディアを書いていきます。

【参考になる外部記事】スポーツメンタルトレーニング方法!上達は「心」で決まる!

サーフィンの調子が悪いときにできる対処法

【読み進める前に】調子が悪いと決めつける前にできない理由を知ろう

  • できていたことができなくなった・・・・

そんなときに最初に疑うべきなのは、『自分が本当に調子が悪いのか』ということです。

どういうこと?

サーフィンは、たくさんの要素が複雑に混ざり合って形成されたものです。ターンを例にして考えてみましょう。

前回は、『すごく深くレールが入ってスムーズなターンができて、リエントリーも上手く行った』とします。

この時点で、このターンには大きく分けて二つの要素があります。

1つ目は、『自分』。

2つ目は、『波』です。

サーフィンで重要なのは、2つ目の要素である『波の状況』です。波自体が変わると、『自分の調子』がおなじでも得られる結果が全く変わってきてしまうのです。

簡単に説明すると?

例えば、自分が全く同じコンディションで完璧に同じ動作をしたとしても、波が違うと違う結果を得ることになります。

同じターンを繰り返しているように見えるプロサーファーも、状況に応じて臨機応変に対応しているのです。

ただ単純に様々な波に対応できないのであれば、『調子が悪い』のではなく、『単純にできない』に過ぎません。

そうすると、『調子が悪い』という状況への、アプローチの仕方が変わってくるはずです。

苦手な波があるのなら、それを克服できるように練習あるのみです。

自分の調子を戻す方法

今までと全く同じ状況と波なのにできていたことができなくなったのなら、『自分の調子が悪い』ということになります。

ここからは、そんなときにできる対処法とアイディアについて書いていきます。

いつもと違うサーフスポットに行く

調子が悪いということは、『今まで持っていた感覚に変化があったということ』です。

そういうときはいっそのこと、いつもとは違うサーフスポットに行ってみましょう。周りの環境が変化すると、自分のサーフィンも変わっていきます。

どこに行けばいいの?

海外サーフトリップに出かけるのも、オススメです。

旅行中は五感が刺激され、頭をしっかりとリフレッシュできます。

それに加えてサーフィン三昧ができれば、『調子の悪さ』なんてどこかに吹き飛んでしまうはずです。

調子が悪いときはサーフトリップに出かけよう

フィンを変えてみる

フィンは、サーフィンのパフォーマンスに大きく関係しています。少しのサイズの違いでも、『調子が悪いように感じる』ことが実際にあるのです。

簡単に説明すると?

体重の変化も、『フィンの反応』と密接に関係しています。

調子がわるいときは、いろいろなタイプのフィンを試してみましょう。大きめのフィン、小さめのもの、その時の自分のコンディションにあったものを探しだすのです。

調子を取り戻す、手掛かりを見つけることができるはずです。

フィンを変更してサーフィンの調子を取り戻す

サーフボードを変えてみる

サーフボードを変えるのも、気分転換に役立ちます。

大きめのサーフボードに乗れば、レールワークを確認するのにも使えます。丁寧な体重移動を心がければ、本来の動きが戻ってくるはずです。

サーフボードは一枚しかないし・・・

サーフボードを複数枚持っていないのなら、仲間に頼んで少しの間だけ交換してみましょう。そうすると、自分の持っているサーフボードのいいところがいくつか見えてきます。

仲間が自分のサーフボードに乗っている姿も、何かのヒントになるはずです。

サーフボードを変えてみれば調子が悪い理由がわかる

ボディサーフィンをしてみる

思い切った気分転換も、自分の調子を戻すのに大事なことです。一度、サーフボード以外で波に乗ってみてください。

例えばどんなふうに?

ボディサーフィンやボディボードなど、視点が変わるものがオススメです。

違う目線で波にアプローチしていると、今まで見えなかったものが見えるようになっていきます。

次に自分のサーフボードを手にしたときは、全く新しい発想でサーフィンができることでしょう。

ボディサーフィンで気持ちをリセットしよう

まとめ

試行錯誤を繰り返せば、調子は必ず戻ってきます。それまでは辛抱強く、海に通い続けるしかありません。

下手になっている気がしても、大きなステップアップの前兆だとポジティブに考えるようにしてみましょう。

もっと上手くなれる。

そう信じて、とにかくがむしゃらに続けていくのです。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。個人の写真はインスタグラムにて掲載しております。

 

  • サーファーゼンインチキュウノビジターTシャツ ローカリズムTシャツ ¥3,600

    『ローカリズム』に疑問を投げかける、オリジナルTシャツです。

    サイズ詳細

  • グリーンルーム ¥3,600

    フロント側全面に、空中から撮影されたバレルライド中のサーファーの写真を転写しています。

    100%コットンで、着心地が良く耐久性にも優れています。

    サイズ詳細

  • ロゴTシャツ・ブラック ¥3,600

    着心地がいい上質な生地を使用したオリジナルロゴTシャツです。

    このロゴには、『輸入されたものであるサーフィン』と『日本の文化』が、いい形で融合していくよう、願いが込められています。

    サイズ詳細