サーフィンを始めるのに最低限必要な泳力とは?【泳げない人にサーフィンはできない理由】

サーフィンを始めるのに、絶対に必要な条件は、『泳げること』です。 泳げないのにサーフィンを始めたら、最悪の場合 […]

サーフィンを始めるのに、絶対に必要な条件は、『泳げること』です。

泳げないのにサーフィンを始めたら、最悪の場合大きな事故に繋がります。

あなたが泳げないのであれば、絶対にサーフィンを始めないでください。

インターネットで検索すると、『泳げなくてもできる』とか『サーフィンを続けているうちに泳げるようになる』など、安易で無責任な回答がたくさんあります。

中には、『泳げない水への恐怖心がサーフィンの成長を早める』と言っている人もいます。

この人は自分の子供や恋人にも、同じことを言うのでしょうか?そもそも、書いている人が本当にサーフィンをした事があるのかも不明です。

サーフィンってそんなに危険なの?

海を舐めてかかると、命を落とします。

自然は甘くないです。

『サーフィンはおしゃれで格好いいし、水にぷかぷか浮いてて気持ち良さそう』

自然に対しての恐れや敬意が欠如している人は、ひどい返り討ちにあいます。インターネット上の間違った情報を、鵜呑みにしないでください。

あなたが泳げないなら、サーフィンは無理です。泳げるようになってからサーフィンを始めてください。

泳げないのにサーフィンを始めると命の危険がある

どうして泳げないとサーフィンができないの?

パドルして沖に出たり波に乗るだけであれば、泳げなくても可能です。泳げなくても、波に乗ってサーフィンはできます。

問題なのは、アクシデントに遭遇した時なのです。沖に出られるようになると、様々なアクシデントに合う事があります。

どんなアクシデントに合う危険性があるの?

波のサイズが大きくなると、リーシュが切れることもあります。リーシュが切れると、サーフボードは自分からはるか彼方へ流されてしまいます。

100m近い沖合でリーシュが切れて、波にサーフボードが持って行かれた時、あなたは冷静に対応できますか?サーフボードまで泳いで取りに行くか、誰かに助けを求められますか?

他のサーファーが助けにくるまで立ち泳ぎできますか?

もしもあなたが少しでも無理と感じたら、サーフィンを始めるべきではありません。必要な泳力をつけることに、まずは専念してください。

泳げるようになったらサーフィンを始めよう

プールでどのくらい泳げればサーフィンができる?

最低でも、プールで50メートルは泳げるべきでしょう。サーフィンでは短距離での泳力より、持久力を保ちながら泳ぎ続けられることが重要です。

立ち泳ぎに関しても、最低でも5分以上は継続して可能であるべきです。

それだけでいいの?

淡水のプールでそれだけできれば、海ではさらに長い時間の立ち泳ぎができるはずです。

ただし、どんな状況でも自身の泳力を過信するのは危険です。カレントや波の大きさ次第では、泳いでも全く進まない状況になることがあるからです。

泳力と同じくらい大事なのは、『どんな状況でもパニックにならずに冷静でいられること』です。

プールで50m泳げればサーフィンを始めても安心

まとめ

サーファー誰もが、一度は海で怖い体験をしています。

『泳げないんですけどサーフィンできますか?』と、それなりに経験のあるサーファーに聞いてみてください。

100パーセントの確率で、『泳げないとサーフィンは無理』と答えるはずです。

泳げない人は、サーフィンの前に水泳を学びましょう。サーフィンを始めるのはそれからでも、遅くありません。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。